1
/
5

Radixと出会えてよかった〜!

はじめまして!外山めぐみです!


2020年12月からRadixの長期インターン生として働いています。
たくさんある記事の中からご覧いただきありがとうございます✨


まずは簡単に自己紹介を!



大阪大学外国語学部の4年生。

専攻はアラビア語です!

性格は、飽き性でおおざっぱ。
大学時代だけでも、新しいことを10回くらい始めたり辞めたりしました。

「なるようになるさ〜」と思って、その時の気持ちのままに生きてきたんです。

昔からブレない唯一の夢は、結婚してママになって幸せな家庭を築くこと!



そんな私が「なんでゴリゴリのベンチャー企業 Radixで働くことになったのか」
「働いていて感じること・学んでいること」をお伝えできればいいなと思います。



Radixに入ったきっかけ


3年生の10月。


海外留学の最終選考について、不合格の通知が来た日。


どうしても行きたかった海外の大学にも行けなくなってしまったし、
就活をしていても自分がどこに向かっているのかよく分からなくて。


「なんかもう新しいこと始めたいな〜」「何かに熱中したいな〜」という気持ちでいっぱいでした。


その日になんとなく長期インターンを探し始め、たまたま出てきたRadixだけに応募しました。


理由は、Wantedlyに載っているインターン生のキラキラ楽しそうな笑顔を見て、
「わあここめっちゃ楽しそう」って直感で思ったから!


Radixで働いてみて

楽しかったこと

嬉しかったこと

悔しかったこと

苦しかったこと


思い出したらキリがないくらい数多くの経験をしました。


今までの人生で、1番たくさん学びたくさん考えた7ヶ月だった気がします。

全部を書くとものすごい文量になってしまうので、この記事ではそのうちの1つをお伝えします。



私が学んだのは、「まず理想状態を考えること」。



Radixでは「自分はどんな人間でありたいのか?(どんなキャリアを歩んでいきたいのか?など)」
について真剣に考える時間がめちゃくちゃ増えます。


私はこれまで「なるようになるさ〜」と思って、いつも直感に従って行動してきました。

例えば大学時代は、男バスのマネやフラダンスをやってみたり、
アナウンススクールに通ってみたり、テレビ局のバイトなどもしていました。


でも続かないことが多くて。


「なんで楽しそうなことにすぐに飛びついては、スパッと辞めてしまうんだろう。」

「なんで続ける努力ができないんだろう。」

と、頑張ることから逃げてる感じがしてイヤでした。


しかしRadixに入って、その理由がハッキリしました。


それは、理想状態(私はどうありたいのか)が明確でないからです!
理想状態を言語化できていない状態で、ずっと何かしらの理想を追い求めて行動してきたからです。


伝えていただいた言葉に、とても納得したものがあります。


「それだけ何回も始めたり辞めたりしてきたってことは、その数だけ意思決定をしてきたってこと。
ずっと潜在的にある理想の姿に向かって、手当たり次第動いてきたんだね。
意思決定っていうのは、何かを捨てて、何かを選ぶことだよ。
まずは自分がどうありたいのか(理想)について言語化しなきゃ。」


もしちゃんと理想状態を明確にできていれば、
たとえその時しんどくても続けられたことがあったかもしれないし、
もっと他に自分がしっくりくる何かを始められた可能性もあったなって。


みなさんは、「自分はどうありたいのか」について真剣に考えたことはありますか?


「長期インターンやってるってカッコいいから!」
「なんでもいいから新しいことしたい!」


そんな風に、自分のゴールが明確でない状態で
長期インターンを探している方もいるのではないでしょうか。


とにかく熱量はあるけど、自分は将来どうありたいのかよく分からない。
そんな方はぜひ応募してくださると嬉しいです。


Radixで働いていると「自分がどんな人間で、どうありたいのか」が少しずつ見えてきます。



Radixにいると自分のありたい姿について見えてくる理由

Radixでは、自分のありたい姿について考える時間がたくさんあります。


代表的なものとしては、月に1回、先輩との1on1面談があります。


将来どんな人になりたいか

1ヶ月後どんな自分でありたいか

それに対して現状の自分はどうか

それを踏まえて、じゃあどんなことを今やる必要があるか。

それを毎月考えます。


1on1面談以外でも、私は業務の相談をいろんな先輩にしてきました。


「これがしんどいです!」
「あの業務が終わりません、アドバイスお願いします!」
みたいな感じで!


その度に、「めぐみはどうしたいん?」「どういう状態だったら、幸せなの?」と、
理想状態を尋ねられ、一生懸命考えてきました。


今までは特に何も考えず、なんとなくやりたいと思ったことはすぐに始め、
もうしんどいと思ったら辞めて、を繰り返してきたけど、
最近は悩んだりしたとき当たり前のように「自分はどうありたいんだっけ?どんな状態が理想?」
と自分に問いかけ、考えるようになりました。


これからは何かを始めたり辞める時、自分の理想の状態に基づいて意思決定をできる気がしています。


余談ですがつい最近は、結婚式場でのアルバイトを始めました(笑)


「ずっと笑っていたい」

「デスクワークはイヤ動いていたい」

「いろんな家族の幸せな姿を見たい」

「フォーマルな立ち振る舞いを学びたい」

という明確な理想状態を持って。


Radixという環境

先ほどお伝えした1on1面談について、先輩は何時間も私の話に付き合ってくださいました。


それも何回も!


その他の相談や雑談についても、みんな真剣に話を聞いてくれます。
感謝してもしきれません。


そんな経験が何度もあったからこそ、同期や後輩が相談をしてくれたとき
「ぜったい力になりたい」「何時間でも話を一緒にしたい」っていつも心から思うんです。


Radixに入って、他の人との関わり方についても学びがたくさんあったなと改めて感じています。


少し他の長期インターン生についてもお話すると、
優しくて、いつも全力で、他のメンバーと本気で向き合う人ばかりです。

この人のこんな素敵なところマネしたいなって思う瞬間が、たくさんあります。

Radixに入って、みんなと出会えて本当によかったって心から思います。

同期は、特にめちゃくちゃ仲良しです。

これからもずっとずっと関わっていきたいって思う、大切な仲間ができました。



Radixに興味を持ってくれているあなたへ

この記事を読んでくださった皆様の中にも、

「いろいろ興味はあるけど、本当に自分がやりたいことが分からない!」

「そもそも将来どうしたいか真剣に考えてこなかった!」

という方はいらっしゃるのではないでしょうか?


Radixに入ったら、自分の本当にありたい姿について真剣に考える時間がたくさんあります。


それをサポートしてくれる素敵な仲間にもたくさん出会えます。

スキルはもちろん、1人の人間としてもっともっと豊かに成長できるインターンシップです。


あなたもここで、かけがえのない経験をしませんか?


Radixでは共に働く仲間を募集しています!

株式会社SAKIYOMIでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう