1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

何者にもなれず、将来が不安でしたかなかった地方の大学生が長期インターンを始めて人生が変わった話。

自己紹介

初めまして。株式会社Radixで長期インターンをしている打木陵央と申します。
この漢字で『うちきりょう』と読み、珍しい名前なのでよく読み間違えられますが誰とも被らない名前なので結構気に入ってます。
簡単に自己紹介をしますと

・98年生まれの22歳。1年間浪人してます。駿台にはとてもお世話になりました。
・大学3年生。心理学を学びながらダンスサークルに所属してブレイクダンスをしてます。所謂b-boyってやつですね。
・メイクやネイルをします。ジェンダーレスではないですけど、美容が好きです。
・地元ということもあり、ガンバ大阪の熱狂的なサポーターです。セレッソサポーターの方はお手柔らかにお願いします。

ざっとこんな感じですかね。

Radixには2019年11月に入社したので、この記事を書いている時点で8ヶ月働いていることになります。
入社当時は偉大な先輩方が沢山いたのですが、気がつけば最古参メンバーになってしまいました。
この記事では自分が長期インターン先を探していたことを思い出しながら書きたいことを書いていこうかと思います。しばしお付き合いください。

Radixに入るまで

僕が初めてRadixの選考会を受けたのは大学1年生の2月7日でした。今でもしっかり日時を覚えています(笑)
当時の僕は劣等感に苛まれたコンプレックスの塊でした。浪人仲間たちは京阪神に受かる中、自分だけ大学受験失敗。バイトも楽しくなく、大学の授業も受けたくない(先生になりたくないのに教育学部に行ってしまいました)。将来の夢もなく、やりたいことが見つからない。そうしている間に同い年の友人達は未来に向かって突き進んでいく。よくtwitterやyoutubeで同年代の人たちが何者かになろうと必死で努力したり何かをやり遂げてる姿を見つけては

「どうして自分は落ちこぼれてるんだ。どうして自分は前に進めないんだ。このモヤモヤはどこにぶつければいいんだ。」
そんなことを思いながら毎晩泣いてました。メンヘラですね。

そんな日々を2,3ヶ月過ごした後に見つけたのがRadixのインターンシップでした。当時の募集に書かれていた、「成長に興味がない方は必要ありません」という文言を見てここしかないと思いました。そして初めてオフィスに訪れ、選考会を受けた結果、グループワークの発表で厳しいフィードバックをいただいてしまい、1次選考で落ちてしまいました。もうその時は大人に本気で指摘されることに衝撃を受けるあまり、他のことは覚えていませんが、帰り道にまたチャンスを逃してしまったと泣きながら帰宅しました。

ただRadixに入った今になって思いますが、採用側も本気で一緒に働きたい人を時間やお金をかけて見つけにいくので、たとえ大学1年生だからと言って特別扱いなんて絶対にしないです。

自分にとっては厳しい経験をしましたが、その1件があったからこそ自分は一気に変われました。本当にこのままだと何者にもなれない、今すぐに行動しなければならない。そう思って成長できる環境を探し続けました。

ただ、様々な会社様にお世話になってもバイトとあまり変わらず、モヤモヤした日々が続きました。そんな中で別のインターン先を探そうとしていた時に目に飛び込んできたのがRadixの新しい採用募集ページでした。その時は応募するか迷ったのですが、その時の勢いでもう一度再チャレンジしました。

「2回目の選考会には絶対に受かってやるぞ」という意気込みで挑んだのですが、結果はまたグループワークの発表で厳しいフィードバックをいただいてしました。もう悔し過ぎて、情けなさ過ぎて選考途中でほぼ泣いてましたね。(笑)ただ、その思いが伝わったのか、最終選考まで残ることができ無事に採用されることになりました。本当に嬉しかったし、これまた結構泣いてました。(笑)

でも1回目の経験ががなければ僕は受かってなかったと思うし、それがあったからこそ今頑張れている自分がいると信じています。それだけ本気で自分と向き合ってくれた当時の社員さんに感謝しています。

Radixに入ってからこれまでを振り返って

Radixに入って本当に多くのことを学んだのでここには書ききれないのですが、その中でも本当に良かったと思えることは、心から信頼できる多くの人に出会えたことです。親友でもなく、ビジネスパートナーでもなく、家族に近いような、でも良い距離感で少し離れているようなそんな存在です。また、これは今だけの関係ではありません。Radixは会社を離れた人間も社内行事に参加したり、誰かが困った時に助けあえたり、いつか新しくビジネスがしたいと思った時に集まることができるコミュニティなのです。いわば自分が一生孤独になることがない心の居場所でもあるのです。
そんなふうに考えられるようにしてくれた人がここには沢山いる、その人達に出会えたことこそが自分の財産でもあります。

長期インターン先を探している学生へ

今長期インターン先を探しているあなたはいろんな選択肢があると思います。Radix以外にも魅力的な会社はあるかもしれません。ただ、インターン先を探す上で大切にして欲しいのは給与やネームバリューよりも自分がその環境でどれだけ主体的に行動して挑戦できるのかということです。

Radixには圧倒的な裁量権があります。手を挙げて仕事を取り、行動すればするほど自分が求めている仕事がさらに舞い込んできます。どんどん欲しいスキルが身につきます。学生なんて関係ない。ここで働く上では誰もがプロとして行動し、結果を出し続けているのです。

学歴がないから。スキルがないから。何の経験もないから。

そんなことはどうだっていい。ただ自分を変えたい思いがあるのであれば、僕たちと一緒に本気で働いてみませんか。

株式会社Radixでは一緒に働く仲間を募集しています
9 いいね!
9 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう