This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【社員紹介⑤】リアル賭ケグルイ!ソリューションSEの中で一番競馬が好きなのはだーれだ?遠藤君の話

アール・アンド・エー・シーじんじの下川です

更新が1か月に1本のペースになってきております。


(過去の社員紹介)

①クレイジーモンスター篠木:https://www.wantedly.com/companies/r-ac/post_articles/183054

②ベニテングダケ鈴木:https://www.wantedly.com/companies/r-ac/post_articles/184381

③爽やか証券マン大嶋:https://www.wantedly.com/companies/r-ac/post_articles/186126

④マスコットガール羽田:https://www.wantedly.com/companies/r-ac/post_articles/186313



最初の頃より更新のペースが遅い。

これはなぜかと言いますと、涙失くしては語れぬ事情があったのです(下記参照)


原因① 会話の内容をあまり覚えていない

今回のインタビューは、ソリューションSEの遠藤裕太君の回でした。

入社時期は2ヵ月先輩で、誕生日は1ヵ月年上の遠藤君。

時間の流れ的には確かに先輩ではあるのですが、1年以内は誤差範囲かなと思っている部分と、

直属で上の人という立場でもないので(直属だったら「さん」ぐらい付けたかもしれないね)

話した内容が右から左に流れていってしまいました。

一応メモを取ってたんですが、読み返すかぎりどうでもいい話しかしてませんでした。


(以下箇条書き)

・自由と適当がモットー
・1日36レースMAX  2会場 1~12レース 地方は3回 福島地方競馬
・京都 阪神 遠征 予想 6月 兵庫
・人生にしげきを求めている
・金があれば旅に行きたい
・スーパー品出 飲食 バイト 週4


もうちょっと身のある話無かったんか?

仕事に対する熱い話とか無かったんか。

高田馬場にいる夢追い人のオジさんと喋ってるような会話の内容でした。

ネクスト!

②事前インタビューが薄い

氏名:遠藤裕太
年齢:24歳
好きなもの:競馬、B'z
経歴:新卒でシステム運用・管理の業務を経験したあと、今の会社に
今は何の仕事を任されてる?:主に顧客要望に合わせた自社製品のカスタマイズ
昔はどんな学生だった?:普通の学生
今後どのようになっていきたい?:競馬だけで生活できるのが最も理想(笑)


もうちょっと膨らましようはなかったんか?

新卒の羽田さんは同じ部署なのに遠藤の5倍くらい書いてたよ。

こんな薄い話どうやって記事に起こそうかと思って、

「B'zが好きなんだね」って話を振ったらいつも着てるシャツがライブTシャツだって教えてくれた。

しまむらだとおもってたよ。

ごめんな。

あと絶対遠藤君は普通の学生じゃないよ~。

ネクスト!


③「完成したら投稿する前に見せろ」という検閲対応

困ったことにインタビューの過去回をわりと読まれているらしく、

「書いたやつを勝手に投稿したら許さない」と遠藤君から釘を刺されていたのでした。

検閲が入るならあんま悪口とか書けないなと思って、控えめに書いたよ。な?

悪口はいつもどおり直接言うよ。


という上記3点が原因で更新をしませんでした。

遠藤君には『記事が遅れたって、ちゃんとメモ取ってなかったお前が悪いんだろ(笑)」と言われるような気がしますが、聞いてください。会話ってキャッチボールなんですよ。

ピッチングマシーンを150km/hにセットしてお互いの顔面に向けてブチ当てる競技じゃないんです。

反省しましたよ。私、遠藤君とは今まで会話をしてこなかったんだなって。

インタビューの反省を踏まえて、今後は遠藤君ともっと話していこうと思いました。

だから遠藤君もちゃんと会話してほしいです。

このあいだ私が弟のズボンを間違えて穿いて出社してきてしまったときも、

「知らねえよ(笑)」じゃなくて、

それは災難だったね。ところで弟君と君のウエストは何センチの差があるんだい?」って返してほしかったんです。

そしたら私が「知らねえよ(笑)」って返すので。


なんて、今回はwantedlyを通じて個人にメッセージを向けた回でした。

こんな日もあるよね。アットホームな会社です。



(番外編)似顔絵を描くより顔写真を出した方が恥ずかしくない

「描いた絵をあまり見せたくない」ということで、代わりに貰った遠藤君の画像。

ヒルクライムって感じ。

すごい、気持ちが辛いときに見たくなる写真。おもろい。ヤバイ。



追記:検閲後のダメ出し

「お前の記事にひとつ文句がある」

「なんだ」

「ダメだろ(笑)」

※でも絶対に上げるなとは言われなかった。なんやかんや優しいやつである。


R&ACで一緒に働いてみませんか?

株式会社アール・アンド・エー・シーでは一緒に働く仲間を募集しています

株式会社アール・アンド・エー・シーでは一緒に働く仲間を募集しています
40 いいね!
40 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう