1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

ユーザーファーストを追求するQuicker Vol.23 Geek 松尾亜莉沙~データを通して、ユーザーファーストなサービスを支えたい!データプランナーの想いとは?~

Mission:データマネジメントチームにて、データドリブンな組織を目指すために、リアルタイムでデータを可視化できる仕組み作りの推進を担当。具体的には、BIツールを使ったデータ分析や活用を行っている。また、課題発見や解決のためにデータ抽出等も担当し、組織を活性化することに貢献。


入社する前の経歴を教えてください。

クイックは3社目です。

1社目は、与信審査等の顧客データの分析やデータを抽出する業務を経験し、2社目では、データ抽出に加え新規開拓等多岐にわたる業務を担当しました。社内の業務効率をアップさせるために、データを扱いやすい環境を整えたり、新しい施策の検討に向けたデータ分析等を行っていました。データ活用によってできることが増えていくのが楽しく、人の役に立っている実感があったので、とてもやりがいを感じていましたね。ただ、前職では依頼があったものに対して応えることがミッションだったため、もっと自分の意見を発信しながら主体的に働けるような環境で仕事がしたいという思いがあったんです。自分で考える事が少なく、ルーチンワークが多かった為、自分のスキルをもっと向上させたいと思い、転職を決意しました。


そうだったんですね。そんな中なぜクイックに入社を決めたんですか?

面接を通して「私」と本気で向き合おうとしている姿勢を感じたからです。

データ周りの仕事を引き続きやっていきたいという気持ちはあったものの、具体的にこの先どうしていくか決めきれず、漠然とした不安がありました。でも室長の小原や部長の中平が話をしっかりと聞いてくれ、自分の素を出して話ができたため、そういった不安が解消された気がしたんです。これにより、入社前後のギャップを埋めることができました。また、私自身競技ダンスをやっているのもあり、両立をしながら仕事がしたいという思いを尊重してくれたのも、入社を決めた理由の一つです。



仕事のやりがいは何ですか? 

ノウハウが十分にない中で、どうしたら求められているデータが出せるのか、そのデータを元にどんなアクションを起こすのがベストなのかを、試行錯誤しながら考えることがやりがいです。

ノウハウがないからこそ1からロジックを考え、データを出すのに必要な条件を作り上げていくことが求められます。正解が決まっていないからこその難しさはありますが、自分の意見を反映させながら主体的にデータを作っていけることは楽しいですし、それが社員の業務効率化や改善に繋がったときの喜びはひとしおです。


仕事をする上で大切にしている事はありますか?

ユーザーが、このデータをどんな目的で使いたいのかを考えることを常に心がけています。

私にとってのユーザーは主に営業部になるのですが、コンサルタントが顧客と向き合う時間を増やすべく、顧客に使う時間以外の業務効率化を意識してデータを作成しています。データ活用によって問題や要因を見つけ、その顧客にとってより適切なアクションをスピード感持って起こしていくことが、データ活用のあるべき姿だと思っています。私自身が顧客と直接接点を持つわけではないので、そういった方法でコンサルタントの業務をサポートし、より良いサービス提供に貢献していきたいですね。



入社して変わったことは何ですか?

業務に対する責任感が強くなったと思います。

前職は与えられた業務をやることがミッションでしたが、クイックは自分で考え意見を持って仕事をすることが求められます。自分の仕事が業務に与える影響も大きく、その分責任感が強くなりましたね。また、クイックの社員は各々の業務に自信や意見、課題感をしっかり持って仕事をしている為、私も中途半端な気持ちではだめだという意識が自然と持てるようになりました。


今後の目標や実現したいことは何ですか?

コンサルタントが顧客と向き合う時間をデータ活用によって確保していきたいですね。

データ活用ができていないがために、顧客と接する以外に時間を使いすぎていると思います。コンサルタントのメインミッションは、顧客により良いサービスを提供することだと思うので、それ以外の部分をデータ活用で効率化していきたいですね。そのためにも、細かく且つ汎用的に使えるデータを提供していきたいです。



クイックで働く魅力は何ですか?

様々な角度からの意見を共有しながら働けることです。

中途社員が多いこともあり、仕事の進め方や価値観も人ぞれぞれです。でも相手の意見を否定せず、理解しようとする人が多い為、議論が活発になりやすく、勉強になる事も多いですね。クイックの社員は相手目線で物事を考えることができる為、バックグラウンドが違ってもコミュニケーションもスムーズに進みます。働く人との関係性がいい事も、ユーザーファーストに繋がっていると思います。仕事をする上で時には嫌なことや苦手なことももちろんありますが、嫌いに勝る好きの気持ちや、前向きな気持ちがそれ以上にあれば何でもできると思います。クイックにはそういった人が集まっているので、今後も今以上に良いものを作っていける気がします。

株式会社クイックでは一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう