Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

ユーザーファーストを追求するQuicker Vol.18 Marketer 山田涼平~「仕事が楽しくできる世の中を作りたい!」と語る彼の、製販一体マーケターの働き方とは?~

Mission:

新卒入社8年目で現在マネージャー。人材紹介部の転職支援サービスにおいて、自動車業界・製造業界・製薬業界・化粧品業界など既存領域の集客戦略や、新規事業戦略立案を担当。営業部や広告担当、クリエイター、エンジニア等、様々な職種と連携しながら転職支援における新規領域の立ち上げも担う。


クイックへ入社するまでの経歴を教えて下さい。

「仕事を楽しいと思える世の中にしたい」という思いを持って人材業界を目指しました。

仕事って人生の半分以上の時間を注ぐものだと思うんですね。ただ、学生時代に社会人と話していると、つまらなさそうに仕事をしている方が多く、衝撃を受けました。こういった人たちにもっと仕事を楽しんで欲しいと思い、「働く」ということに直接影響を与えられる人材業界に進もうと決めました。


そんな中、クイックを選んだ理由は何だったんでしょうか?

チャレンジできる環境があるのと、マーケットに対して純粋にいい仕事ができると思ったからです。

クイックへは元々営業として入社しました。面接で、事業部立ち上げや新規領域進出を若手が中心となり自ら行った話を聞いて、年次関係なくチャレンジできる環境があると確信しました。また仕事をする上で、自分の為だけではなくチームや周りのために重きを置き頑張れる人が多く、自分本位で物事を考えないからこそマーケットにいい影響が与えられると思い、とても魅力に感じました。営業で入社後、1年目の秋にWeb事業企画開発室強化のためにマーケターとして部署異動になり、Web広告運用やサイト立ち上げ等を担当。その後は事業戦略の立案や新規領域の立ち上げ等を行っています。



クイックだからこそ感じる仕事のやりがいは何ですか?

想像以上のスピードで0から1を作れることです。

先日、求職者と企業のマッチングを格段に効率化する機能を考案し実装したのですが、考え始めてから実装まで10日もかかりませんでした。アイディアを形にする時、コンサルタントやエンジニア等、さまざまな職種のメンバーと連携して作り上げるのですが、忙しくてもユーザーの為だとわかれば、スピードよく対応してくれる。これはクイックの特徴だと思いますね。


すごいスピードですね。そんな中、山田さんが仕事をする上で意識していることはありますか?

「マーケター」という仕事の役割や幅をどう捉えるかを、意識して行動しています。

人材業界のマーケターというと「求職者の集客」が役割のように思われることが多いのですが、それは仕事の一部でしかないと思っています。

僕はマーケティングの仕事を「成果を最大化すること」と捉えていますので、いいサービスをして、売上・利益があがるようにするためであれば、集客以外の提案も行っています。

例えば、営業部の各プロセス数値分析をして、課題抽出・改善施策提案を営業部のマネージャーにしたり、営業アシスタントの求職者へのコンタクトポイントや内容について一緒に試行錯誤したり。営業部のMTGにも毎回参加し、その中で見えてきた事業にとって大きな課題について自分なりに検討し、提案し続けています。先ほどお伝えした求職者と企業のマッチングを格段に効率化する機能も、営業部のMTGに参加する中で考えついたものです。



新規領域の立ち上げを担当されていますが、どういった想いで立ち上げを行っているんですか?

仕事で悩みを持つ方・転職を考えている方みなさんをご支援できる状況にし、楽しく仕事ができる世の中を作りたいという想いを常に持っています。

まだまだご支援できている業界が狭いので、多くの方の転職支援をするために新規領域の立ち上げにはかなり力を入れていますね。立ち上げに際し、まずは徹底して市場調査を行いました。資料を読み漁るだけでなく、実際にその業界で働く方100名以上に話を聞いたり、自分で企業にアポをとり業界の状況や採用課題・経営課題をヒアリングしたり。「そこまでやるのか」と思うかもしれませんが、仕事が楽しくできる世の中を作るために、いいサービスをして、売上・利益があがるようにするために必要なことなら何でもやります。その結果新規領域の立ち上げに成功し、順調にご支援できる業界を広げることができています。


今後の目標や実現したいことは何ですか?

3つあります。

1つめは、今クイックが担当している領域を更に広げ、もっと多くの方に転職のご支援ができるようにしていきたいです。既にいくつか構想があり準備を進めています。

2つめは、転職支援以外の方法でもっと仕事が面白くなるビジネスをやりたいと思っています。

例えば、入社後長く活躍するために引き続きサポートしていく仕組みや、副業が一般的になっていく流れの中、副業紹介サービスみたいなものもいいんじゃないかなと。

3つめは、学生向けにキャリア教育の事業をやりたいなと思っています。

中学・高校時代に「数学の成績が悪いから文系」とか「英語が苦手だから理系」と何となく決めた文系・理系の選択が将来の職業選択の大きな分岐点になってしまっていると感じています。就活時にはもはや職業の選択肢が限られているので早いうちから将来のことを考える機会を作ることはできないかなと考えています。

まだビジネスとしてどう成り立たせるのかの案まで出せていませんが、まず自分でできることとして大学時代に講師をしていた塾に足を運び、小学生~高校生の子どもたちに向けて、将来について考えるきっかけになればと思い、世の中にどんな仕事があるのか、どのように決まっていくのかなど、キャリアについて伝えています。



クイックで働く魅力を教えて下さい。

自分次第で仕事の幅や深さを広げられることです。

理由は2つあるんですが、1つ目は自分の仕事の役割が会社から決められることがないからです。クイックのマーケターは僕のように新規事業含めて、いろいろな動きをする人もいればWeb広告に特化して働く人など、さまざまな人がいます。

どのような仕事を行いたいのかを会社と相談する機会もあり、自分の想いを叶えられる環境があります。

2つ目は、意見を真摯に受け止めてくれる風土があるからです。

室長の小原を筆頭に、マネージャーやメンバー全員が事業全体がよくなることを考えており、ユーザーの為である事をしっかりと伝えれば「じゃあやってみようか」とチャレンジさせてくれる。

この風土はコンサルタントも含めて会社全体にあり、そういった風土があるからこそ、事業部の垣根なくさまざまな施策を打つことができ、自分の仕事の幅を広げることができていると感じますね。

株式会社クイックでは一緒に働く仲間を募集しています
15 いいね!
15 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう