Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

オフィス風景
MTGスペースの様子
【#どんな会社か】 弊社は知名度こそ高くないですが、東洋経済発表「新企業力ランキング」で日本の上位7%に入り、増収増益・最高益更新を続ける、業界では著名な東証一部上場の成長企業です。 10年で業界トップクラスまで急成長した人材紹介事業を軸に、創業事業の広告事業や、日本最大級の人事プラットフォームビジネス、NYやLA・UK・上海・メキシコ・ベトナムで展開している海外事業、地方を軸とした出版事業や、Web領域の新規事業、その他保育事業やM&Aまで、多方面に展開しています。 【#Web事業企画開発室とは】 そんな弊社ですが、この度創業社長から次世代へバトンが渡り「第二創業期」に突入しました。 この第二創業期を牽引する為に発足したのが、新社長直轄組織である「Web事業企画開発室」。 正式発足からまだ2年強ですが、既に100名弱に急拡大している、ベンチャー組織・スペシャリスト集団で、この度はこのWeb事業企画開発室で仲間を募集しています。 【#プロダクトについて】 同室はWebの力で第二創業期を牽引すべく、ここ数年でユーザーファーストに拘った、40近いプロダクトをロンチしています。 ■一例 ・Dybe!:度々Twitterなどで話題になる生き方メディア ・ナスカレ:ターゲットユーザー91%DLの圧倒的シェアを誇るアプリ ・看護roo!:業界トップクラス、月間ユーザー数千万人のコミュニティサイト ・Answers News:わずか2年で老舗業界専門誌のPV数を超えたニュースサイト ・CAT:完全自社開発の業務管理システム

なぜやるのか

豊富な情報を揃え、いい仕事ができる環境
落ち着いた作業スペース
【#ミッション】 1:既存サービスの成長を加速化させ業界No.1にする 2:2030年に1000億企業になる為に新規事業を創出する 3:海外など関連会社のボトムアップを図る この3つのミッションの為に、徹底的にユーザーファーストにこだわった、様々な領域のWebサービスやスマホアプリの企画・開発、Web広告やコンテンツマーケティング、基幹システムの開発やインフラ整備など、やるべき事が多々あります。 それを叶えるため、あらゆる職種のメンバーが連携し、企画・設計・開発から運用・プロモーション展開に至るまで、すべてインハウスで行っているのが特徴です。 【#大切にしている価値観】 合言葉は「本当のユーザーファースト」です。 今世の中には本当にユーザーファーストを追及したプロダクトがどれくらいあるでしょうか。 私たちの目には、多くのものが予算や社内事情といった「作り手の都合」優先で作られたものに映ります。 だからこそ、我々はこれをチャンスと捉えています。 作り手のあらゆる事情を克服し、ユーザーから必要とされるプロダクトを実現すれば、必ず多くの支持を得ることができるからです。 気にすべきは、上司の顔色でも、競合他社でもなく、ユーザーの気持ち。 ユーザーを知り、ユーザーの視点に立ち、いかなる事情よりもユーザーを優先し、ユーザーの欲しいモノを実現する。 これが我々の価値観です。

どうやっているのか

様々な職種のメンバーが揃い、意見交換をしている
社員の風通しがよく、アドバイスをし合える風土
【#内製化とプロジェクト制】 企画・開発・デザイン・編集からSEO・広告・データアナリシスなどのマーケティングまで全てを内製化することを目指しており、着々と実現に向かっています。 プランナー・ディレクター・エンジニア・デザイナー・マーケターなど、職種を横断したサービスごとのプロジェクト制をとっており、クオリティとスピードを両立した開発、そしてサービスの提供を実現しています。 職種を問わず誰もが企画提案から関わることができるため、全員が一体となって事業やサービスを作り上げ、成長させていく醍醐味があります。 【#最高の環境で、最高のパフォーマンスを】 東証一部上場ですので、社会的に見れば福利厚生は充実していますし、年間休日は127日、10連休前後の長期休暇は年3回、育休復帰率99%とベースが潤沢ではあります。 ただ、もっとメンバーのエンゲージメントを高められるのではないか? そう考え、自己研鑽のための書籍代/セミナー代は全額会社負担にし、デバイスやOS、周辺機器は基本的に希望を100%叶えるようにしました。今後も継続してメンバーの声を拾い、改善し続けたいと思っています。 ただ誤解してほしくないのは、甘やかしているわけではありません。全員がプロ意識をもち、環境のせいにせず、高いエンゲージメントで、成果にコミットすることを求めています。