1
/
5

「個人も組織もWin-Winな関係を作りたい」藤木に聞いた組織開発の面白さと創業期の会社で働く魅力

これまで“問い”にフォーカスした組織開発プログラム「クエスチョンサークル」を通して、さまざまな企業の組織課題の解決、支援型リーダシップ開発をサポートしている弊社・クエスチョンサークル。

今回は、2020年入社後、ディレクター・ファシリテーターからコーポレート周りまで、多分野に渡って活躍している藤木にインタビュー。クエスチョンサークルにジョインした経緯や、会社の魅力について聞きました。

「個人も組織もWin-Winな関係を作りたい」組織開発のキャリアを選んだ理由

ーーさっそくですが、まずはクエスチョンサークルでの仕事内容について教えてください。

今の仕事は、大きく2つに分けられます。

まず1つは、メイン事業である組織開発プログラムの『クエスチョンサークル』のファシリテーター、ディレクターの仕事。ここは現状、他の人たちの仕事を見ながら学んでいるところです。

もう1つは、コーポレートまわりをはじめとする社内業務です。具体的には、採用担当としてwantedlyの更新やカジュアル面談などをおこないつつ、就業規則の整備などもおこなっています。

この分野は、まだ社内にノウハウが少ないので、色々と調べながら、私主導で進めさせていただいています。

ーー藤木さんはwantedlyからの応募を通して、2020年秋にクエスチョンサークルにジョインしていますよね。応募を決めたきっかけはありますか?

クエスチョンサークルの、相手を変化させるというより「あくまで変化の機会を作る」という組織開発アプローチに魅力を感じたのが、応募した大きな理由です。

当時、就職活動をするなかで「組織開発の仕事をしたい」という考えはあったものの、組織開発の募集要項を見ると、コンサルティングやセミナー講師など、相手に何かを教える・解決策を提供するといったアプローチが多かったんです。

その一方で、クエスチョンサークルは「あくまで相手の変化をサポートする(=主体は相手)」「変わるキッカケを提供する」というスタンス。

このような手法なら、自然と相手の行動変化に繋げられるし、いろいろな企業の変化と向き合えるので、楽しく、やりがいを持って働けそうだと感じました。

ーーこれまで何度か転職を経験されているかと思いますが、「組織開発」というキャリアを選んだのには、どんな経緯があったのでしょうか?

私は新卒入社したメーカーで6年ほど働き、その後、国際協力NPOやソーシャルベンチャーなどを経て、最近では、フリーランスとして創業支援の仕事をしていました。

色々な人・組織を見てきましたが、自分も含め、多くの人は「組織での人間関係」に悩みを抱えており、そういう組織だと、どんなに個人が頑張っても、実力を発揮しきれないと気づいたんです。それは、個人にとってだけでなく、組織にとってもマイナスですよね。

だからこそ、「組織内の関係性の質を上げていく」必要性を実感するようになりました。

ーーそういった自身の経験から、組織開発への関心が高まっていったと。

そうですね。

例えば、会社の人間関係によるストレスで体調を崩した人も見てきましたし、メーカー時代には、営業サイドと技術サイドが仲違いして、組織全体の生産性が上がらない状況も目の当たりにしました。

また、以前やっていた創業支援の仕事では、個人がいくら頑張っても、周りの人たちとの関係性が悪いことで、良い結果が出ない事例を見てきました。

そのため、組織における人間関係の質が変われば、個人も組織もWin-Winな関係を築けるはず、その土壌を作りたいと考え、今の仕事に至りました。

組織と一緒に自分も成長できる。創業期ならではの仕事の魅力とは?

ーー藤木さんが考える、クエスチョンサークルの魅力について教えてください。

これはジョインする前からなんですが、クエスチョンサークルが掲げる「健全な衝突」というキーワードには惹かれるものがありました。これは、私自身がこれまでの経歴で何度か(健全な)衝突を経験しているからかもしれませんが(笑)

「衝突」というと、どこか気まずさを感じるしれませんが、個人や組織の成長ためにも、言うべきところは言う健全な衝突は必要だと思っています。

実際に入社してみて、メンバーのみなさんが、盲目的にトップに従うのではなく、ときには自分の意見もしっかり伝え、納得感を持って物事を進めていっていることを感じます。

ーー今の仕事でやりがいを感じるのは、どんなときですか?

組織開発プログラムのディレクター・ファシリテーターの仕事を通して、お客さんに自身や自社の変化を実感してもらい、喜んでもらえるのはやっぱり嬉しいですね。

またコーポレート周りの仕事など、会社の基盤を作って整備していくことも、面白さを感じています。

というのも、私は個人的に未整備な部分、会社として行き届いていないスキマを整備していく業務が好きで(笑)こういったところに、自分が提供できるバリューがあるなとワクワクします。

ーー自分たちで作っていく楽しさがあるのは、創業期ならではですよね。

そうですね。もちろん業務内容に関わらす、メンバーと手探りで規範やカルチャーを確立させていく楽しさはあると思います。

また、多能工的に仕事ができるのもやりがいの1つです。実際に、ディレクターもファシリテーターもやるし、採用も総務もと、さまざまな仕事を任せてもらっています。

ーーなるほど。裁量権についてはいかがでしょうか。

自走する組織を目指すクエスチョンサークルでは個人の裁量は大きいですね。マイクロマネジメントされないので、フレキシブルに働けるのも嬉しいです。

組織の成長に合わせて、自分も成長していけるように思います。

オフのコミュニケーションも大切にする会社

ーー入社して感じたギャップはありますか?

決して悪い意味ではないのですが、入社してから、飲み会は比較的多い会社だなと感じました。

例えば、クエスチョンサークルには「語り飲み」という制度があります。これは、メンバー同士で飲みに行くことを推奨し、それに対して会社から補助が出るというもの。今はコロナ禍で行けていませんが、以前は、全体での飲み会と語り飲みで、月2~3回は社内メンバーと飲みに行っていました。

また、お客様と飲む機会もあり、最近ではオンライン飲みなども行っています。

私自身は、過去に飲み会や社外イベントといったコミュニケーションによって仕事がスムーズに進んだ経験があるので全く抵抗はありませんが、気になる人はいるかもしれません。

ーーお酒が苦手な人だと、クエスチョンサークルでやっていくのは厳しいのでしょうか?

あくまで自己開示の機会を増やし、仕事でのコミュニケーションをスムーズにするためのものなので、お酒が飲めないとダメなんてことは決してありません!

飲み会そのものを重視しているわけではなく、仕事以外で腹を割って話せる「オフのコミュニケーションを大切にしている」ということなんです。

ーーなるほど。チームビルディングの一貫として、業務以外でのコミュニケーションも重要視しているんですね。

そうですね。

それをふまえると、飲み会の好き嫌い以上に、「コミュニケーション」がネックになってくるかと思います。仕事のオンオフをきっちり分けたい人や、コミュニケーションに消極的な人には、あまり向かないかもしれません。

ーー逆に、クエスチョンサークルに向いているのはどんな人でしょう?

自分なりの考えをきちんと発信できる人でしょうか。

先ほどお話ししたように、視点の違いを楽しむ健全な衝突を歓迎する文化があるからこそ、「自分は年次が浅いから」「相手が年上だから」なんてモヤモヤを溜め込まず、相手に伝えられる人は向いていますね。

また、ただ言われたことに従うのではなく、自走できる人・自走したい人にも合うと思います。

株式会社クエスチョンサークルでは一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング