1
/
5

なにをやっているのか

「”問い”の力で可能性を拓く」 これが私たちのミッションです。 ”問い”は思考の枠を広げ行動の可能性を拓きます。私たちは"問い"による組織開発プログラム「クエスチョンサークル」を通じて、クライアント企業の組織開発とビジネスリーダーの支援型リーダーシップの開発を支援しています。 前身の株式会社メロスパートナーズ(代表者は同じく宮本寿)が12年間、現在のクライアントと取り組んできた組織開発の事業をベースに2019年10月に新会社を設立しました。 ■"問い"による組織開発プログラム「クエスチョンサークル」 クエスチョンサークルは、アクションラーニングという組織学習プログラムをベースに行動と学習のサイクルを繰り返し、職場における関係性を変化させる半年間のプログラムです。 相互理解や自己発見を促す様々な仕掛けを設け、その半年間を2期、3期…と継続することで組織文化を醸成する組織開発プログラムです。

なぜやるのか

社名やプログラム名の「クエスチョンサークル」には、「Question(問い)によってCircle(仲間)をつくる」という想いを込めています。 組織内で発生する、パワハラ、嫉妬、陰口、駆け引き、レッテル貼り、足の引っ張り合い、やらされ感。こういうことが横行している組織では、経営者も上司も部下も、みんながハッピーに仕事に取り組むことはできませんし、当然成果も出ません。 こういう組織の背景には、メンバーが互いに理解不足で、信頼し合えず、目的意識もバラバラ、という問題があるのではないでしょうか。 私たちは、問いの力を使ってこれを解決したい。指示命令が中心のコミュニケーションから、問いを活用するコミュニケーションに変えることによって、互いの強みや志向を理解し、信頼し合える関係性を作りたい。 Circle=仲間。私たちが定義するCircleとは、相互理解や信頼関係をベースに、健全なコンフリクト(衝突や葛藤)をも歓迎し、個人や組織が持つ可能性が最大限発揮される関係性のことです。 このようなチームや組織、つまり「Circle」が一つでも多く生まれることによって、世の中を元気にしたい。そういう想いでこの事業に取り組んでいます。

どうやっているのか

私たち自身が「Circle」であることを大切にしています。 相互理解や信頼関係をベースに、健全なコンフリクト(衝突や葛藤)をも歓迎し、個人や組織が持つ可能性が最大限発揮される仲間でありたいと思っています。お互いが支援型リーダーシップを発揮し、お互いが自走できる環境づくりに取り組んでいきます。 ■カルチャー・働く環境 —個人の裁量が大きく、自由な働き方 —テレワーク可能 (週1回のオフィス出社日あり) —発言しやすく、意見が求められる環境 —支援型リーダーシップを体現しているカルチャー —会社経営・組織運営・既存プログラムの改善・新プロダクト開発にも積極的に関われる