1
/
5

社員インタビューVol.2 自分に合ったプロジェクトを任せてもらい、なりたい自分に近づいています

プロフィール

エンジニア 新家遼士
高専で制御情報工学を専攻。
卒業後大手エレクトロニクスメーカーに入社、品質保証部でカスタマーサポートに従事。
2019年7月クアンドに入社、鉄板加工工場のオートメーション化システム開発に従事。


QUANDOに入るきっかけは?

新卒で就職後、配属先は栃木でした。僕は地元に戻って転職したいという思いがあったので、北九州市へのUIターン歓迎求人の中からQUANDOの求人を見つけました。「地元の産業をアップデートする」というスローガンにもとても共感できたし、ソフトウェア開発に関わりたいという希望も叶えられ、かつこれまでの自分のスキルが活かせる職場だと思いました。


ベンチャーに入ることに抵抗はなかったですか?

全くなかったです。高専卒の同級生で起業した人やベンチャーで働いている友人たちがとても楽しそうに働いているのを知っていたので、むしろ僕もその世界で働いてみたいと思っていましたね。


今の仕事は自分に合っている?

転職するにあたって自分が働く上で大切なものはなんだろうと深く考えました。その結果、自分は裁量の大きさに比例して満足度が上がるのだと気づいたんですね。今すごく納得のいく裁量権を与えてもらっています。

面接のときに、開発に集中するというよりは顧客折衝を含めたプロジェクト全体を見渡せる人材になりたいという希望を聞いてもらえて、そういう自分に合ったプロジェクトを任せてもらっています。開発もして、お客様に説明するための資料も自分で作って、お客様との定例ミーティングに出てという流れです。徐々になりたい自分に近づけてるなと感じています。


クアンドのメンバーはどんな人が多いですか?

いろんな意味でとがってる人が多いですね。そんなメンバーを僕はいつも一歩引いて眺めています。笑 更にとがっている人も、そんなメンバーを潤滑に回せるバランサーのような人もメンバーに加わってくれると嬉しいですね。笑


楽しそうなQUANDOのムードメーカー。みんなから「しんしん」の愛称で親しまれている。

株式会社クアンドでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう