1
/
5

【チーム紹介 – 製品技術事業部】Vol.2 PTCのテクニカルコンサルタントの仕事ってどんな仕事?その魅力とやりがいについて

こんにちは。PTCジャパン人事部の佐藤です。

弊社では引き続き様々なポジションを絶賛採用中ですが、今回は「テクニカルコンサルタント」ポジションについて2回に渡りご紹介していきたいと思います。

弊社のテクニカルコンサルタントは、世の中で言う「ポストセールス」に該当します。技術営業という点ではプリセールスとほぼ変わりないのですが、ポストセールスは「以降/あと」などを意味する「ポスト(Post)」という言葉の通り、契約後にお客様と接点を持つ職種です。

テクニカルコンサルタントは主にITの専門知識を活かした導入支援や運用サポートなどを担っており、具体的には、お客様のデジタルトランスフォーメーションを支えるシステムの構築、アプリケーションの開発を行います。また、システム定着化に向けたトレーニングやトラブル対応でトラブルシューティングや復旧などを行ったり、新製品や新機能がリリースされた時の提案、クロスセル・アップセルを行ったりします。

せっかく弊社製品を導入いただいても、お客様自身が活用しきれないと継続する価値を見出してもらうことができず、契約のキャンセルにつながる可能性があるため、テクニカルコンサルタントが契約維持のためのサポートをしていきます。

前回、プリセールスポジションのご紹介の際、弊社製品技術事業部 DX技術部部長の坂本さんにお話を伺いましたが、実はプリセールス、テクニカルコンサルタント両方の部門を統括されています。そんな坂本さんにテクニカルコンサルタントの仕事内容や魅力についてお話を伺ってみたいと思います。

▶前回の坂本さんインタビュー内容及び経歴はこちら↓


ーPTCのIoT/ARコンサルタントの業務概要について教えてください。

現在、私の部署におけるシステム・デリバリーの役割はIoT/AR製品群(ThingWorxKepwareVuforia)を中心とし、その他PTC製品群のシステム基盤の実装を行っています。IoT/AR製品群では、データベースやアプリケーションサーバーのセットアップ、それらミドルウェア上への製品のデプロイはもとより、エッジデバイス上やPC/サーバーなどでのアプリケーション開発、それら製品の定着化に向けたトレーニングの提供、運用サポート、チューニングなど、幅広い業務を経験することができます。

通常他社では特定の製品や一定の領域だけしか経験ができないのですが、弊社では非常に広い範囲の技術領域を経験することができるという、技術者としては大変やりがいもあり、業界をリードする立場で仕事が行える非常に恵まれた環境だと思います。

また、その他PTC製品としてはPLMやALMなど、製造業では製品開発に欠かせないアプリケーション群のシステム基盤を実装するという重要な役割も担っています。

ーテクニカルコンサルタントが担当するプロジェクトの規模感や期間は大体どのくらいでしょうか?

プロジェクトによって様々な規模や期間がありますが、特にIoT/AR製品群ではPoCと呼ばれる3か月程度の短期間のプロジェクトから、グローバル展開に向けた大規模プロジェクトなど幅広くあります。但し、契約期間などの切れ目もありますので、必要に応じてアサイメントのローテーションなども行っていますし、時にはそれらのプロジェクトを複数担当する事もあります。

私も過去に10年程システム・デリバリーの部隊で業務を行っていた経験がありますが、プロジェクトの状況により過酷な期間というのも正直ありました。ただ、システムを構築し、カットオーバーした時の達成感は格別なものがあります。また、先程話したようにアサイメントのローテーションもありますし、意外に思われるかもしれませんが、外資系企業はテクニカルコンサルタントを非常に大切にしてくれます。

ー他社のテクニカルコンサルタントと違い、PTCのテクニカルコンサルタントだからこそできる仕事のやりがいや魅力ってどんなところだと思いますか?

先ほども軽く触れましたが、非常に幅広い製品や技術領域を経験できるところが他社と比べて圧倒的に違います。私は長年IT業界に身を置いてきましたが、これ程幅広い技術領域をカバーする企業は大手企業が比較的多く、そうするとご自身が担当する製品や業務領域が非常に狭められてしまうという事が多々見受けられました。

また私自身、過去に大手企業で長い期間をかけながら少しづつ担当する製品や業務を変え、ほぼ20年の歳月を費やして経験してきた事を、弊社のテクニカルコンサルタントとしてご入社頂ける方は短期間で全て経験頂く事ができるので、ある意味やりがいのある幸せなポジションだと思います。

ーPTCで活躍、成功しているテクニカルコンサルタントってどんなタイプが多いと思いますか?

PTCのテクニカルコンサルタントは、お客様の業務分析をするというよりも、アプリケーションコンサル、技術、基盤製品等を使ったシステムの構築がメインになってきます。どちらかと言えば技術にどっぷりと浸かり、それに対して喜びや楽しみを見出して仕事ができる人が比較的多いのではないかと思います。

ーどんなチームメンバーと一緒に働きたいですか?

前回のインタビューの際にも申し上げましたが、“楽しい技術者”と働きたいと思っています。

弊社のテクニカルコンサルタントは、お客様にソリューションをデリバリーするところまで持っていく必要があるので、きちんとした技術的なバックグラウンドがある方。また、丁寧に仕事ができて、お客様、チームメンバーと技術者としてのコミュニケーションができる方と一緒に仕事ができたら嬉しいですね。

ーこれからコンサルタントポジションへの応募を検討されている方へのメッセージをお願いします!

弊社のテクニカルコンサルタントはお客様のご要望を具現化し、それをデリバリーしていく必要がある仕事なので、常に新しい技術に触れながら、製造業のデジタルトランスフォーメーションを一緒に構築、デリバリーしていきましょう!

坂本さん、ありがとうございました!

次回は、実際にテクニカルコンサルタントして働くチームメンバーに、具体的な仕事内容についてもっと深堀りして聞いていきたいと思います。

PTCジャパン株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう