This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【組織での問題解決方法】ミスを憎んで人を憎まず

プレゼンター:森泉
聴衆:加藤、渡辺、木下、中山
写真:武

以下、森泉

ミスを憎んで人を憎まずというタイトルで始めたいと思います。

このタイトルを読んで、
一人のミスを責めて誰かのせいにしてもその先の結果には繋がらないので
個人のミスを責めて人のせいにしないことだと考えました。

スポーツとかでは一つのミスで負けるなどといったことはよくある話ですが、
小さい子供とかが何か競技をしている時に自分のミスで負けたりしても
「お前のせいでまけた」と人のせいにしているのを
見かけたり聞いたりすることがありますよね。

自分はそういうのを見たり聞いたりした時に誰かを責めてもこのタイトル通り結果には
繋がらないと考えました。

私は学生時代に野球部に所属していたり陸上部に所属していたりとしていたことがあります。
野球部に所属していた時に大事な試合でフライを打ち上げてしまい負けたという経験をしたことがあります。

先輩や見に来てくれていた人達からお前が変なタイミングでそんなミスをしたから
負けたんだと責められたことがあります。

誰かのミスを責めて人のせいにしたりして上手くいくなどといったことは絶対に
ありえないことだと思います。

結果として残していくためには誰かのミスを責めるのではなく自分がしたミスや誰かがしたミスでも
全体で共有して一人のせいにするなどといったことがないようにしていくべきなのではないかと思います。

また個人を責めずに次同じミスがないように全体で連携していけば上手くいくようになるのでは
ないかと考えました。これで終わります。
ありがとうございました。

2分15秒

森泉:何か質問などありますか?

中山:ミスを憎むには具体的になにをしたらいいと思いますか?
具体的に憎むってどんなことをすれば改善であったりいい方向に行くと思いますか?

森泉:ミスを憎むっていうより自分が同じ失敗をしないようにとか誰かがしたミスと同じことを
繰り返さないように自分がしないようにっていうように自分で考えたり何かメモとかに
まとめたりして次上手くいくようにして繋げていけばいいのかなと思います。

中山:ありがとうございます。

森泉:ほかにありますか?

鈴木:森泉君がミスをおかしてしまったっぽいことがあったエピソードだったんですけど
その逆みたいなこと、人を憎んでしまったなということはありますか?

森泉:小さい時とかに友達とかとゲームをしている時に団体でやるゲームでお前のせいで負けたとか
といったことは結構あります。

鈴木:ありがとうございます。

森泉:ほかにありますか?

渡邊:もしそうやって憎まれた時はどういった風に対処すればいいと思いますか?
言ってきた人に対してどう対処すれば穏便に済ませれると思いますか?

森泉:もし自分が責められる立場だったら他のとこで問題を大きくするより自分に所で受け止めて
自分が同じミスをしないようにしたり他の人が同じミスをしないためにそういうとこを共有したり
と自分の方で立ち回れたらいいなと思います。

渡邊:ありがとうございます。

森泉:ほかにありますか?
以上で終わります。ありがとうございました。

5分15秒

株式会社Polestar-IDでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう