1
/
5

建築学生が経営コンサルタントになって、今ではIT企業で人事をやっている理由

プロトソリューション東京支社の渡邉です。
今回は僕の自己紹介をしたいと思います。

▼渡邉裕之プロフィール

https://www.wantedly.com/id/hiroyuki_watanabe_ff

◆学生時代のこと

実家が家業で設計事務所を営んでいることもあって
特に悩むこともなく上京し、建築学科のある大学へ入学しました。

大学に入学した当初は「かっこいいデザインを極めるんだ」とか「建築で名を残すんだ」といった野望を持っていたものの学部から大学院へ進学する頃には建築史といった掘り起こさないと日の目を見ないような・・・重箱の隅をつつくような研究に没頭していました。

当時は戦後復興〜高度経済成長期の建築史をとにかく調べていたことを覚えています。
そんな大学院2年のとき、父親が倒れました。
家業が立ち行かなくなる恐れもあったため、休学して会社経営サポートという挑戦をすることになったのです。
今では父親も復活して元気ですが1年ちょっと会社経営というのを側でみて感じたことは「建設業界」というのは表に出ている人よりも裏方の方が圧倒的に多いということでした。

そんな光景を目の当たりにして「業界全体に関わる人がが明るくなるような、やりがいを感じられるようにサポートしたい」と感じたわけです。
そこから復学して色々調べた結果として「業界×テーマ」で経営コンサルタントになることを志したのでした。

◆経営コンサルタント時代のこと

僕のファーストキャリアになる会社です。
中小企業向けのコンサル大手の会社で、建設業界だけでも土木の会社、設備工事の会社、解体工事の会社など
華やかとは言いにくい業界をクライアントとしてテーマでコンサルティングすることができました。

コンサルティングするドメインが建設業界となったあとに
どのテーマに特化してやっていくかとなったときに当時の社内でも少数ではあるものの需要の高いテーマとして「人事評価・給与制度」というようなものがありました。

建設業界 × 人事評価・給与制度・・・これは面白いと思い、日々仕事に邁進していました。

今だから言えますが激務オブ激務、月の半月が地方へ日帰り出張、残業なにそれみたいな働き方をしながらも楽しく仕事をしていました。

しかし、だんだんと「自分のやってきたことを一つの企業で発揮して戦略人事を目指してみたい」という思いが大きくなっていることに気が付きました。

戦略人事として採用も評価も教育もっとやってみたい。
少ない範囲でも人事として関わる人が気軽に楽しく働ける会社を作ってみたい。
自分はその仕組みづくりをしたい。

そんな思いからから少しずつ転職をしてみようと活動を開始するわけですがプロトソリューションという会社を見つけ、どんな会社か調べている中で親会社を見てすぐここにしようと決めました。

親会社はプロトコーポレーションというグーネットを運営している会社ですが
本社の最寄り駅が僕の実家の最寄り駅であることからも昔から見ていた会社だったのです。
勝手に運命というか縁を感じながらプロトソリューションに入社させていただきました。

◆今やっていることとこれからのこと

面接段階から面白そうな社長と役員がいる会社だなと思っていました。(実際に面白い方々でしたが笑)

プロトソリューションに入社してからは人事業務、採用業務、事務的な業務、M&Aに関わる業務、分析業務・・・という形で自分が今までやってきたことを一気に発信できていると感じています。

主たる業務は東京拠点の人事ですがそれ以外に何でもやらせていただける、何でも挑戦させていただける、そんな社風なので入社してからずっと楽しい、成長を感じられる、もっと頑張りたいと思い続けられています。

やはり人事である以上、常に社員皆の様子に気を配るようにしています。そして自分自身が楽しそうと思われるような仕事をするようにしています。

無理に楽しんでいるわけでなく、実際に楽しめているのがありがたいです。また社員の皆さんが本当になんでも一生懸命で全力だと感じています。そりゃ成長できるよねってすぐ感じられました。

そして皆さんが優しいというか温かいという印象をすぐ持ったことを覚えています。
東京で採用され、沖縄へも仙台へも出張しましたが、どこに行っても大変歓迎されました。

どれだけ歓迎してくれるんだと、これはしっかり皆さんに貢献しなければと思ったことは今でも一つの指針になっていると感じます。

東京拠点では特に2020年にデータサイエンティスト組織を本格化し、採用をスタートするという年でしたがコロナ禍であっても東京から若手の採用を出すことができたということで達成感を感じられています。

KANDOU COMPANYを掲げている会社ですがお客様に感動していただくには
まず社員皆が感動できないとNGです。
社員皆が感動するためには自分自身が感動できないとNGです。

僕自身はポジティブ人間で感動体質だと思うので、社員の皆さんの為になる人事になり、皆で感動できる土壌を作ることが一つの使命だと思っています。

プロトソリューションは沖縄が本社で、500人以上いる社員の90%近くが沖縄にいます。
しかしながら圧倒的なマーケットポテンシャル、人材ポテンシャルを持つ東京から様々なことを人事側から発信できればと思っています。

最後になりますが僕は「経営戦略」と「人事戦略」は両輪でなければならないと考えています。
人事領域から経営に携われるようなポジションを確立し、戦略人事として活動していきたいです。

まだまだ日々学ぶことも多く、人事領域のトレンドも常に変わっていくので自分の強みだと思っている「何事にも興味を持つこと。それを達成すること。」を忘れずにいきたいと思います。

株式会社プロトソリューションでは一緒に働く仲間を募集しています
24 いいね!
24 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング