1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

毎月ひとりで約7名を研修している人材開発担当に、英語コンサルタントの研修制度について聞いてみた!

こんにちは!プログリット採用広報 Sakiです:)今週も元気に弊社の魅力を皆さんにお伝えします!

今回は株式会社プログリット人事部で人材開発を担当している、Kanaさんにインタビューを行いました!

プログリットの「英語学習の伴走者」である英語コンサルタントを育成しているKanaさん。Kanaさんが作り上げた研修制度では、一体どのようなことを行っているのでしょうか?そして、人材開発担当の仕事のやりがいや新入社員に対する熱い想いについても聞いてきました!

-現在の仕事内容について教えて下さい。

人事部で人材開発を担当しており、主に研修の企画・運営と配属後のフォローアップ体制の確立をおこなっています。

研修は「入社時研修」「入社後研修」の2つに分けています。入社時研修では「生徒様と円滑なコミュニケーションを取り、信頼関係を構築すること」「FIVE GRIT(弊社のバリュー)がなぜ必要なのかを理解すること」を目標にしています。

入社後研修では「パフォーマンス向上を継続できるようにするため、全員が必要なマインドやスキルを身につけられる環境を整備する」ことを目標においています。

-具体的にどのような研修をおこなっていますか?

プログリットらしいと思う研修は以下の2つです!

まず、1つ目は、入社時研修で実施している「FIVE GRITの理解を深める研修」です。創立者のShogoさんとShuntaさんと直接話をする時間を設けており、その中で、会社への理解をより深めるために質疑応答する時間を設けております。

また、それだけではなく、休日の過ごし方や最近ハマっていることなど、プライベートな部分まで会話をすることで、経営層との繋がりを深くすることを意識しています。経営者とコミュニケーションを密に取ることで、繋がりに透明性を持たせるだけではなく、信頼関係を作り上げ、校舎配属後も安心して仕事ができることを目的としています。新しい環境下で不安が多い新入社員だからこそ、この研修を取り入れています。

2つ目は、入社後研修で実施している「対人スキル研修〜ソーシャルスタイルに合わせたコミュニケーション方法〜」です。こちらは、どのようなタイプの生徒さんに対しても円滑なコミュニケーションを取れるようになるために、ソーシャルスタイルごとにロープレを実施しています。

英語コンサルタントは問題解決をしながら生徒様の英語力を上げていきますが、生徒様が『行動』するためには生徒様自身のモチベーションを上げる事が求められます。

異なるタイプの生徒様を担当した時に、どんな生徒様に対してもモチベーションアップを実現できるよう、この研修では話し方だけではなく提案の仕方など様々なスキルを磨いています。

-Kanaさんが研修制度で大切にしていることを教えて下さい。

FIVE GRITで言うと、メンバー&会社Orientedと、Appreciate Feedbackです!

入社後のフェーズによってメンバーが必要とするマインドやスキルは変わるとともに、会社の成長や時代の流れに伴い会社が求めるメンバー像というのも変化します。

既に確立されている研修体制に対しても「本当にこれで良いのか?」と疑う意識を常に大事にしています。その際に大事な材料のひとつして、研修受講者からのフィードバックがあります。毎回アンケートからいただく意見を参考として都度研修コンテンツを見直しています。

全拠点のメンバーが平等に必要なスキルやマインドを身につけ、校舎や業務の中でパフォーマンスを向上させることのできる体制を今後も目指していきたいと思っています。

-英語コンサルタントにとって大切なことはなんですか?

生徒様、仲間、仕事、自分自身に対して、「誠実に」向き合うことですね。

生徒様の成長をサポートするにあたり、うまくマネジメントできない壁にぶつかることや、仲間の生徒様の問題を力を合わせて一緒に解決していくことも多々あります。

その際に、目の前にいなくとも関わる全ての人に思いやりを持ったコミュニケーションを取り、生徒様、仲間、自分自身の成長に対して真正面から(=誠実に)向き合う事が求められます。

具体的に言うと、この「誠実さ」の中には、学習をされない生徒様に厳しい一言を掛けて一歩踏見込むことも含まれます。生徒様の目標を生徒様以上に達成させたいという思いがあるからこその行動ですよね。

事ある毎に不平不満や他責にして終わるのではなく、目の前にいる生徒様や自分自身の成長を無限に追い続けるマインドが大事になります。

-新入社員に求めることはなんですか?

なにごともポジティブに捉えること!

仕事に課題や悩みは付き物。悩みを仲間と助け合いながら解決に導く事は仕事の醍醐味だと思うのですが、悩みや課題が出てきた時は、一人で抱え込まずに周囲を頼ってほしいです!

一人で解決できないことは、複数人だったら解決できるかもしれません!

そして、そこで解決法を会得すれば、次からは一人で乗り越えることができるんですよね。そうやってステップアップしていってほしいと思っています。

物事の捉え方一つで見える世界も進む方向も大きく変わります。困難なことにぶつかったときは、自分の将来の糧になると捉える熱い思いを持ってほしいです!

-Kanaさんの仕事のやりがいはなんですか?

難題や悩みを乗り越えた時です。

仕事なのでその時その時で頭を抱えて悩む事も勿論ありますが、その先で結果がでたり、課題が解決できた時には達成感とやりがいを大いに感じます。そこで覚える達成感は何か別の挑戦でも踏み切る踏み台、耐え抜くストッパーになっているような気がします。

「人生山あり谷あり」という言葉がありますが、仕事でも同じ事が言えるのではないでしょうか。谷が無いと山は生まれない。何かをやり遂げて達成感を感じるためには、自分が谷にいる時間も大切なのかなと思いながら仲間と日々仕事に取り組む事ができています。

-最後にプログリットに興味を持っている方に一言お願いします!

自分の成長を長期的に求めている方には、本当に適している場所だと思います。スタートアップのフェーズだからこそ、一般の企業では経験が難しい事に挑戦する機会もあります。会社とともに自分自身も成長角度をつけて、スキルアップしていきたいという方!入社時研修でお会いできることを楽しみにしております!!!

株式会社プログリットでは一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう