Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

同じ英語教育業界でも全然違う!私がプログリットの英語コンサルタントを選んだ理由!

こんにちは!プログリット採用広報 Sakiです:)

今回は株式会社プログリットで英語コンサルタントとカウンセラーを兼務している、Namiさんにインタビューを行いました!

Namiさんの前職は、全国に300拠点以上を構える大手英会話スクール。英会話講師として多くのお客様と関わり、日本の英語教育に問題意識を感じながらお仕事をされていました。

「なぜ同じ英語教育業界のプログリットに転職しようと思ったのか!」

インタビューを通して、Namiさんの仕事にかける想いを聞いてきました!

-現在の仕事内容について教えて下さい。

現在新宿校舎でコンサルタントとカウンセラーとして働いています。

校舎内でも毎月新しいコンサルタントやカウンセラーが加わり、来月からは校舎のリーダーになる予定なので、自分だけでなく周囲のメンバーの状況も把握し、ケアすることも大事な仕事の一つです。

-Namiさんは前職が同じ英語教育業界だとお聞きしました!

はい。新卒で入社し英会話講師として働いておりました。もともと英語が得意だったこともあり、仕事内容は楽しく、なにより生徒様とのコミュニケーションが大好きでした。

しかし、休みなく入っているレッスンに追われ、生徒様の英語に関する悩みを聞いたり、学習のアドバイスをする時間が取れず、落ち着いて業務に向かう時間が取れずにいました。

”常に生徒様の目線に立ち、自分ができる最高のパフォーマンスを提供したい”と考えていた私は、前職の環境は合わないと感じ転職することを決意しました。

-それでプログリットに転職を決めたんですね。

そうですね。働き方全般に魅力を感じましたが、なにより「生徒様のことを第一に考えられる環境で働きたい」という気持ちを体現できる場所として、プログリットが私に合っていると感じました!

-前職との働き方を比較して何か大きな違いはありますか?

2つあります。

1つ目は、評価方法です。前職では「誰が」自分を評価しているかは把握していたのですが、「どのようなプロセス」で「なにが評価対象なのか」わからない状況でした。

しかし、弊社では評価基準が明確に社員に提示されています。評価の基準は、「生徒様の英語力の伸び」と「FIVE GRITの体現度合い」。(※) 

もし厳しい評価でも「ここができていなかったんだな」と自分の弱点がクリアになります。

※弊社のValueである「FIVE GRIT」

2つ目は、自分に余裕を保つことができることです。週休2日が固定で決まっているため、しっかり休暇をとることができ、精神的に安定した状態でしっかりと生徒様に向き合うことができます。

また、1日のスケジュールもキツキツにはならないようになっていて、校舎のメンバーに何かあればすぐに相談できる環境があります。

隔週の「1on1」では直属の上司と、悩みや嬉しかったことなどをカジュアルに話すことができる時間が確実に設けられているので、本当に風通しが良い環境です。

-プログリットで英語コンサルタントとして働くことのやりがいはなんですか?

英会話のレッスンをしていたときと比較すると、生徒様の英語力が確実に伸びているのが分かるので、生徒様の英語力の向上がなによりもやりがいです。

卒業する際に、「Namiさんがコンサルタントでよかった」「こんなに英語ができるようになると思わなかった」「英語ができる自分に自信がついた」

などのお声をいただくと、プログリットでコンサルタントをしている自分の存在意義を強く感じます。生徒様の人生のターニングポイントを作ることができて、この仕事をしていて本当によかったと常に思います!

-プログリットに興味を持っている方に一言お願いします!

日本人の英語力を底上げしたい!健康的に楽しく働きたい!!とお考えであれば、プログリットで間違いないと思います!

同じ英語教育業界で働いていて、英語で生徒様の人生を変えたいと思う方はぜひプログリットで一緒に働きましょう!皆さんのご応募を今か今かとお待ちしております!!(笑)

※あなたからの応募を待つNamiさん!
株式会社プログリットでは一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう