1
/
5

カルチャーブック公開!Progateが大事にしている文化や目指す世界とは?

皆さん、こんにちは!広報の森です。

先日、カルチャーブックが完成しました。

社内向けに日本語版と英語版を作成しましたが、色々な方が見られるように、日本語版を公開させていただきました。

Progateが目指している方向や大事にしている考え方を詰め込んだ一冊です。

ぜひご覧ください!

🔸カルチャーブック:https://speakerdeck.com/progate/progate-culture-book-2021


カルチャーブックを作った背景

2021年6月現在、Progateには日本、インド、インドネシアの支社を合わせて約60名のメンバーが在籍しています。

2014年7月設立から7年経ち、現在は上場に向けた準備を進めている成長期にあり、様々な変化を迎えるタイミングでもあります。

そこで、改めて大事にしている文化を社内で共有するためにカルチャーブックを作りました

今回はそのカルチャーブックを皆さんにも読んでいただきたいと思い、公開いたします!

※一部、メンバー全員の本名と目標が書かれたページがあるので、そのページは除いています。

カルチャーブックに込めた思い

私たちは、プログラミングで全ての人の可能性が広がる世界を目指しています。
世界中の人々にProgateを通じて可能性を広げて欲しいと願っています。

この目標に向かって進んでいくと当然メンバーは増えていき、国籍、年齢、経験、趣味、大切にしているもの、様々な部分で多様性が必ず生まれてきます。
そして、その多様性が必要になってくる時もあるはずだと思っています。

では、みんながバラバラでいいのかと言うと、それでは個の集団にしかならず、Progateが目指している世界には到達できません。

同じ価値観、同じVisionを共有しているからこそ、同じ方向に進む仲間として困難な課題に挑戦できるとProgateは考えています。

みんなで同じゴールを目指すための指針となるように。
そんな思いを込めて、カルチャーブックは作られました。

変化し、更新し続ける文化とカルチャーブック

Progateのカルチャーブックは「絶対に変わらないもの」として作られておらず、更新することを前提としています。

Visionはぶれないものとして存在しますが、目指している世界に進む過程で、文化は変わっていくのものと考えています。

だからこそ、すでにある歴史の上を歩いていくのではなく、メンバー全員で歴史を作っていきたいと思っています。

Progateは今の文化を大事にしながらも最適な形に進化し続けていきます。


今回公開したカルチャーブックで、ぜひProgateのカルチャーに触れてみてくださいね!

Progateは同じ世界を目指す仲間を募集しています!

🔸 カルチャーブック

🔸 会社紹介資料

🔸 エンジニア向け会社紹介資料


🔸 Progate Tech Blog

https://tech.prog-8.com/

🔸 採用ページ

https://prog-8.com/about/careers

株式会社Progateでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング