Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

ゲーム開発者たちによる、ゲーム好きのためのゲーム語り〜PretiaChannel#4まとめ

こんにちは!Pretiaインターンの沼田です。

最近Macのユーザー辞書の便利さに目覚めたので何でも登録しています。生産性がちょっとだけ上がった気がします。

さてさて、PretiaChannelも4回目の放送となりました!

アーカイブはこちらからご覧いただけます👇



今回はゲーム語りをテーマにお送りしました。何とリアルタイムで100人近くにご覧いただいたようで、PretiaChannelを知っている方も少しずつ増えてきたのかなーと!嬉しい限りです。

リプレイまで含めると400人超の方にご覧いただきました!

採用候補者の方も、会社のWantedlyのフィードを始め、YoutubeやTwitterもチェックして面接にいらっしゃる方が多くなってきたということを小耳に挟み、担当者としてもっと頑張ろうと背筋を伸ばしている次第です…!

もし、面接前にこのフィードを読んだ候補者さんがいらっしゃれば、面接の時にお伝えください!私が喜びます。笑

初の本郷オフィスからの放送で今回の放送のゲストは、水上・Daniel・Manuelでした!

トークテーマとして「ゲーム語り」をもともと設定していたのですが、第3回の放送直後に水上からゲーム語りをやったらどうか?との提案があり、Danielもいいね!と反応していたので、よしじゃあ今週やっちゃおう!!と。

今回は

・最近ハマっているゲーム

・自分的伝説のゲーム

・もし自分がARのゲームを作るとしたらどんなゲームを作るか

がメインのトピックとなりました!

最近ハマっているゲームは、わかるー!という方も多かったのではないでしょうか😃

伝説のゲームについても、色々なジャンルのゲームが話題に上がりました。RPG,レーシングゲーム、アクションetc...

なぜ伝説なのか?という理由も、ストーリーはもちろんのこと、作り手ならではの視点から述べられるものもあり、興味深かったです🤔

もし自分がARのゲームを作るとしたらどんなゲームを作るか?という質問に関する回答も個性が出ていて面白かったです!PMやエンジニアが直接語ってくれた事で、改めてARとゲームの相性の良さを感じました!

今回の放送を見ていて思ったのは、ゲームは国境を超えるということです。

バックグラウンドや言語の違いがあっても熱く語りあったり、盛り上がったりできるものの一つであるように感じました。(大盛り上がりで終わった後も30分くらいずっと話し続けていたのが印象的でした)

弊社のミッションは「共に達成する喜びを届ける」です。

知り合い同士はもちろんのこと、知らない人同士でも、一緒にいる人と何か一つのことを協力して成し遂げることで得られる達成感があり、この達成感が真の幸福をもたらす。

図らずも、今回の放送を通してこのミッションの真意に迫れた気がしています。

今までのようにゲームはゲーム、リアルはリアルと隔てられたものではなく、拡張現実という技術を使う事で、あらゆる空間が人々にとってのHappyな空間に生まれ変わる未来が想像できました。

プレティアはそういう世界を実現するために存在しているんだなと改めて。

何だか熱く語ってしまいました。笑

PretiaChannek#4のまとめは以上です!

本日も19:00〜から放送します!今回は海外出身インターン生を迎えて、「なぜプレティアでインターンをしようと思ったのか?」に迫ります👀

プレティアでのインターンを考えていてどんな人がいるのか知りたい!と思っている方や、

海外出身のインターン生を採用したいと思っていて、海外出身のインターンの学生ってどんな感じか知りたい!

という人にぜひ見ていただければなと思います!

お楽しみに!

プレティア株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう