Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

生涯現役で働き続ける。PRECS提供開始より世の中にサービス価値を提供してきた男の営業人生とは?

皆さんこんにちは!!

最近はすっかり夏も去り、過ごしやすい気候になってきましたね!弊社ではこの10月より一気に社員数が拡大します!営業職で若手が2名、エンジニアインターン生も3名ほど!オフィスを増床しなきゃですね(笑)

本日はそんなPRECSをけん引してきた役員を紹介します!今までのどんな経験をしてきか赤裸々に話してくれているので必見です!!


              ===================

的場 大昌

取締役


学生時代に経験をした土台作り


私は今までずっと営業畑で仕事をしてきたので今でも営業を主な業務としており、役員として会社の経営状況を見ることも私の仕事です。

ここからは私がなぜPRECSで働いているのか、それまではどんなことをしてきたのかなどをお話していきましょう!

私の出身は東京都。高校生まではバスケに明け暮れ、プライベートでは友人と無邪気に遊ぶ生活を送っていました。当時から人とコミュニケーションをとることが好きで得意だった私は働くなら営業職なんだろうなと大まかな認識があり、大学は経営学部流通マーケティング学科を専攻。この学部では国内企業などの分析をして、更に会社を大きくするための施策を講じたりディスカッションをすることが多く、この経験は今会社経営をする上の土台にもなっていますし、学生時代にこの上ないほど良い経験をしたと思います。



営業職としてのキャリアスタート

大学卒業後は学生時代にアルバイトをしていた引っ越し屋で営業としてのキャリアを選択します。勤務先は名古屋で具体的にはtoC,toB関係なく引っ越しを検討されている顧客に対しての見積提案が主な業務です。業務内容も楽しく、企業と個人両方に営業ができることが出来た仕事だったので経験としてとても糧になったのですが、この営業職は3年半で退職をします。

更にtoCを極めたい考え転職活動をしていた私は、完全に個人宅訪問型の営業職に転職をしました。年間で2500件を超えるお客様と話す機会がある仕事です。この会社には4年間勤め、toCへの営業経験としてはとても糧になった会社でしたがそろそろ新たな挑戦をしようと転職を決意しました。


7年間の営業からラーメン屋経営

新たに挑戦したのはラーメン屋経営です。いや、営業は?って思いますよね。経営がうまく行っていないラーメン屋の紹介を受けたのがきっかけですが、経営を立て直すことに魅力を感じたので友人と2人でラーメン店を始めたんです(笑)私は主に現場ではなく経営に注力しており、追加で2店舗目を出すことにも成功しました!しかし私の知らない間に他の店舗を出そうと動いていた友人がそのまま詐欺にあってしまい経営が大きく傾いたことをきっかけにこの仕事は撤退することになります。ここでの経験は2年ほどですね。

その後、1人で何しようかなって考えていた私は友人伝いで、某大手リラクゼーション施設内での店舗販売してくれる人を探しているという話を聞きました。既に店舗があるわけではなく、何か店舗を出してくれといった内容だったので折角なら場所を借りて自分の好きなものを売ってみようと考えた私はアクセサリーを仕入れから販売まで一連の業務を行いました。自分で商品を仕入れて、お客様に魅力を伝えて購入までして貰う。本当に今までの経験があったからこそできた仕事だと思います!



再度toB営業へ!

ここでは1年ほど経験だったと思います。個人でのtoCの営業経験を長く積んだ私はもう1度toB営業に戻り、再度力を付けることを目的として企業に勤めるために転職活動を行いました。そして就いた仕事がインターネット広告と通販システムの代理店営業職です。やはりtoCとの違いでいうと個人のお客様は1度の出会いで終わってしまうことが多かったですが、toBは1度契約をして頂いたお客様との関係が長く続くため当時契約させて頂いたお客様と今でも繋がっていることもあります。この営業では広告提案の際にお客様に対して通販事業を始める提案も行っており、その際に代理販売をしていたのがPRECSです!

3年半で区切りがついた私は更に力を着けることができる会社を探していました。すると友人から新規事業立上げを計画している会社があるので話を聞きに行ってみないか?という誘いを受け、とりあえず行ってみると現PRECS代表の廣田がいたんです。その場で『じゃあ的場さんいつ来れます?』と話しがどんどん進み翌週には働き始めていました。


初めて経験する事業立ち上げの難しさと現職との出会い

新規事業を立ち上げることになった私がオフィスに行ってみると、とにかく事業を動かしてくれってという話で具体的な行動は自分自身で考えて行動していましたね。しかし事業自体が伸びない現状が続き、1年弱が経った頃に事業撤退することになります。これは私自身も悔しかったですが出来なかったことも糧にして次に進もうと思い、まずは事業をしっかりと畳むことに専念しました。

そして後日、過去にPRECSの代理店販売を行っていたことを知っていた廣田は私にPRECSの営業職として入社を進めてもらい当時3名の営業チームに参画することになります。当時はまだPRECSは別会社の1事業部だったのですが、徐々に会社自体が事業部ごとの分社化に動き始め、本格的にPRECS単体の会社として設立したのが2013年になります。



EC事業者としてのプロフェッショナル集団を目指して

PRECSがサービスリリースをしてからは約10年程経ちました。基本的に3年ほどで会社を変えてきた私ですがこの会社には既に倍以上の年月を勤めています。理由としてはやはり長期でお客様と関係性を築けること。当初は1人の事業者としてEC事業をスタートさせていた方が、今では40名を超える会社の代表になっているような成長を目の当たりにすると、私たちのサービスで支援してきたことの意味を強く感じることが出来ます。これが私自身EC事業に可能性を感じている点でもありますね。

自社の社員たちには今後EC業界のプロフェッショナルになってもらいたいと思っています!カスタマーサポート職、営業職は事業者様が何かあればPRECSに相談してくれるような関係性を築いていってほしいですね。そして自分がどのように成長しているのかを常に意識してほしいです。周りと比べるわけでは無く、自分自身が前日より、先月より、去年より成長していることを実感出来る仕事の仕方は良いですね。勿論私も日々成長してきますよ!私自身は70歳になっても働いていきたいと思っていますからね。きっと家にいても僕の性格上はつまらなくなると思っているので(笑)


              ===================

とにかく常に成長を求めている方は僕が成長方法は教えます。もしよろしければ1度お話を聞きに来てください。ざっくばらんにお話をしましょう!


柔軟な働き方をしたいエンジニア
開発環境最優先!柔軟に働き、ハイパフォーマンスをあげたいエンジニア募集!
PRECSは新しいことに挑戦する人たちをサポートするために、 商売の基本である「小売」×テクノロジーで2008年にサービスを立ち上げました。 ECサイトの運営を始めたいという中小のECサイトから大規模ECサイトまで、 多くのお客様のEC事業を成功に導き、成長してきました。 現在の主なサービスは、 社名と同じEコマースのASPサービス 【PRECS】 http://precs.jp と 2013年より運営している 定期購入に特化したEコマースASPサービス 【リピスト】 http://rpst.jp/ ファッションブランド向けのトータルソリューションパッケージ。 ファッション感度の高い女性をターゲットとしたファストファッションサイトなど6ブランドに提供している 【CLONA】 https://clona.jp などを運営、開発している会社です。
株式会社PRECS
株式会社PRECSでは一緒に働く仲間を募集しています

今週のランキング

ランキングをみる