1
/
5

プログラミングを仕事にしたいけど勉強はこれからです、という方へ

たとえばパティシエに置き換えてみる

あなたの友人が、

「私、お菓子作りって全然やったこと無いんだけど、絶対パティシエに向いていると思うんだよね!だから製菓学校に入学するんだ!」

と言ったとします。あなたはどんなリアクションをするでしょうか?

私なら、

「それは危険だよ。家にキッチンはあるんでしょ?スーパーに行けば材料だって買えるんだから、せめて簡単なクッキーとか一人で作ってみたら?」

と伝えると思います。なぜか?

やってみないと分からないことって、あると思うからです。

「製菓学校に入って初めてお菓子作りの作業をやってみたら、想像以上に苦痛だわ。あまーい匂いの空間にいると気持ち悪くなってきちゃった。試食で甘いもの食べたら肌荒れしちゃうし。もう生理的に無理。何より我慢してまで続けるほど面白いとも思えないし、もうやめちゃおう。」

なんてことになったら、お金と時間の無駄ですよね。

ちなみに小学校高学年くらいで私はクッキーを焼いていた記憶があります。

いい大人がレシピを見ながら一人でクッキーも焼けないなら、間違いなくパティシエの適性が無い。

今やプログラミングは自宅でも個人でも勉強できる時代

さて話をプログラミングに戻します。

一昔前なら、「プログラミング独学の壁」は相当高かったと思います、特に文系学生にとって。

だから「入社して研修で初めて勉強する」というのも当たり前に受け入れてもらえました。

でも今は、小学校の授業で「プログラミング」が取り入れられている時代です。

プログラミングに関心を持つ人はとても増えましたから、ブロガーやYoutuberはこぞって、初学者向けの記事や動画をアップし、アクセス数を競っています。

お菓子作りと一緒なんです。独学のハードルはかなり低くなっています。

もし私の友人が

「まだ勉強したことないけど、プログラミングを仕事にしようと思ってるんだ。きっと自分に向いていると思うから。まずはスクールに入学してみる(or プログラマの求人に応募してみる)!」

と言ったとしたら、私はこんな風に伝えると思います。

「それは危険だよ。家にパソコンがあって、ネット環境もあるんでしょ?だったらせめて、無料のプログラミング学習サイトで1日くらいプログラムに触れてみたら?」

ちなみに、以下のような人はプログラマには向いていない可能性が高い。

・静かに座って淡々と作業をするのが辛い、体を動かしてないと無理

・ドライアイが酷すぎてパソコンの画面を長時間見られない

・肩こりや腰痛が酷すぎてパソコン作業に耐えられない

・論理的思考が絶望的に苦手

・初心者向けの簡単な演習も解けず、適性が無い

・プログラムが面白くない

特別な環境は不要!気軽にプログラミングを始めよう

とにかく行動に移すことが大切。ちょっとやるだけなら、特別な準備は不要です。

パソコンとネット環境があって、Webブラウザ(Google Chromeなど)が使えるなら、

初心者にやさしい「プログラミング学習サイト」で気軽に独学をスタートできます。

↓プログラミング学習サイトの例はこちら

Progate(プロゲート) ←おすすめ!

paiza(パイザ)

まずは無料会員登録をしてみて、無料で公開されているコースをやってみましょう。

コードを書いて、とにかく動かしてみる!想像以上に簡単で拍子抜けするかもしれません。

気に入ったら有料会員になって、さらに勉強を進めましょう。

ひと月あたり千円くらいなので、自己投資額としては割安ではないでしょうか。

どの「言語」を選ぶのが良いか

この記事を読んでいる方で、「は?言語って何?」という方は恐らくいないと思います。

はじめてプログラミングを勉強する友人に、一つ言語をおすすめするとしたら?

友人に強いこだわりが無いのであれば、私なら「Java」をおすすめします。

なぜなら「Javaの仕事はたくさんある」「Java習熟者は引っ張りだこになる」というIT営業マンの言葉をしょっちゅう耳にしているからです。

さいごに

「プログラミングを仕事にする」という目標が揺らがないのであれば、ぜひ「PPFパートナーズ」で一緒に働きましょう、お待ちしています!

株式会社PPFパートナーズでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう