1
/
5

【PostCoffee社員インタビュー】長く愛されるブランド作りのできるマーケターを目指して

サービスローンチから1年半が経ち、PostCoffeeにも新たなメンバーが続々とジョインしています。このシリーズでは、PostCoffeeの中の人はどんな人なのか、ご紹介していきます!

今回の記事は、PostCoffeeのマーケティングマネージャーを務める小尻 恭平さんです。

小尻恭平

早稲田大学商学部 / 早稲田大学商学研究科 修了(商学)
生活者リサーチ、トレンドリサーチを起点にした新規事業・新商品開発のコンサルティング企業に入社。家電メーカー・製薬メーカー・化粧品メーカー等、様々な業界における新規事業・新規ブランドの上市戦略・プロジェクトマネジメント業務に従事。
その後、PostCoffeeにマーケティング職として入社。N1ヒアリング・定量調査・市場分析を元にしたマーケティング戦略の立案、デジタルマーケティングの実行など幅広くグロースに関わる業務を担当。


Q:PostCoffeeに入る前はどんな仕事をされていましたか。

5年ほど、新商品、新ブランド、新規事業などの立ち上げ支援のコンサルしていました。働き始めた頃は大学院生だったので、大学院の研究と仕事の両方に打ち込む生活でした。

Q:PostCoffeeへの入社したきっかけを教えてください。

前職時代に、リサーチしている中で、さまざまなD2Cの商品が海外で盛り上がっているのを見ていました。その流れで日本のD2Cブランドを調べていて、PostCoffeeに出会ったのが最初でした。

その後、転職を考え始めた時にも、D2Cのブランドに携わりたいなと考えていました。理由としては、大きく分けるとふたつです。ひとつは、webやモバイルのアプリのような商材よりも、僕は暮らしに直結する「モノ」を扱いたいなと思っていたこと。もうひとつは、ユーザーからフィードバックを直に受けることができるからです。D2Cは直接ユーザーの声を聞くことができるので、スピード感を持ってブランドを進化させられるモデルだと思い、D2Cブランドに関わりたいなと思いました。

そんな基準で企業を探し始めて、最終的には自分自身が好きなコーヒーを扱うPostCoffeeに決めました。入社を決めた理由は色々とあるのですが、サステナブルながらも人の暮らしを豊かにするスペシャルティコーヒーという商材にこれからの時代性も感じて入社に至りました。

Q:PostCoffeeに入社する前の印象と入社した後の印象を教えてください。

面接の時点で、すごく柔らかい雰囲気の会社だと感じました。当時の面接はCEO、CCOとの面接でしたが、ふたりとも柔らかい雰囲気でいい意味でフランクな印象を受けました。

入社後も特にはギャップはなく、穏やかな人が多い会社だと思っています。ただ、だからこそ自分で規律を設けて働いている人が多い会社だとも思います。誰かに振られてやるのではなくて、基本的にはそれぞれが自分でタスクを拾い期限も決めて動いています。


Q:PostCoffeeでのお仕事の内容とやりがいを教えてください。

ざっくりと言うと、新規ユーザーの獲得が僕のメインの仕事です。SNSマーケティングやWeb広告の運用なども含め、PostCoffeeのことを知ってもらうことが業務です。

スピーディにPDCAを回せるところは、PostCoffeeでマーケターとして働いていてやりがいを感じるところでもあります。月に最低でも1人はユーザーインタビューを実施して、社内に共有しているので、顧客インサイトを全社で共有できています。少しの説明だけどそれぞれの担当者に意図が伝わるので、施策が打ちやすいです。頭の中で戦略・戦術を考えるだけではなく、実行までのスピードが速いのはPostCoffeeのマーケ担当として面白いと感じています。

Q:今後の目標を教えてください。

個人としては、事業のグロースを引っ張っていける人材になれたらなと思っています。特にサブスク事業において、グロースするためには、ユーザーの獲得がゴールではなく、継続し続けてもらう必要があります。そのためには、ユーザー獲得だけではなく、ユーザーインサイトを反映させた体験をプロダクトチーム・CSチームなどと連携しつつ施策に落とす必要があるなと。僕の中の理想的なマーケターは、ユーザーの獲得だけではなくて、プロダクトチームと連携しつつ長く愛してもらうためのサービス・プロダクトを作り上げられる人材だと思っているので、そんな横断的な人材になりたいですね。

会社としては、まずはコーヒーのある暮らしの豊かさをより多くの人に提供することが目標です。これまで自分でコーヒーを淹れた経験がない人にも、PostCoffeeを通して、美味しいコーヒーのある暮らしの豊かさ知ってもらえるように日々精進しています。

Q:どんな人と一緒に働きたいか教えてください。

今のPostCoffeeはカオスな状況です。次の日に出勤したら、新しい仕事が生まれていたり、誰かが新しい仕事を持ってきてくれたり。やることがたくさんある状況を楽しみながら、自身のスキルアップもできるような能動的かつ貪欲的な方が入ってくれると、会社も盛り上がると思います。会社と社員がお互いに、いい意味で利用しあって高め合うことできるような人が入ってくれるのを楽しみにしています。

POST COFFEE 株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう