1
/
5

大手3社で活躍後、ポジウィルへ。『これまでの経験をリセット』してまで頑張れる理由とは

こんにちは!ポジウィル広報チームです。

今回は、ポジウィルでトレーナーとして活躍している、吉澤 諭(よしざわ さとし)をご紹介します。

複数の有名大手企業で活躍してきたという、誰もがうらやむようなキャリアを歩んできた彼が、どうしてスタートアップのポジウィルで働くことを意思決定したのか。

彼が考える、入社後も活躍し続ける秘訣とは何なのか。インタビューを通じて、紐解いていきます。

華やかなキャリアを歩んだ男が辿り着いた“やりたいこと”に取り組んでいたポジウィル

ーよろしくお願いします!まずは、改めて自己紹介をお願いします。

法政大学社会学部を卒業後、新卒で「ライオン株式会社」に入社して営業として働いていました。その後、キャリアアップを目指して、「ジョンソン・エンド・ジョンソン」へ転職し、そこでも同じく営業をしていました。

そして、自分自身が転職で悩んだり、もともと“自らの意思でキャリアを作っていくこと”に興味があって、HRの業界に入ればそんな自分のやりたいことを実現できると思ったので、「株式会社リクルート」へ中途入社。リクルートでは、キャリアアドバイザーとして転職支援をしていました。

そこからポジウィルへ入社を決めて、今ここにいるというのが僕の経歴ですね。

ー日系メーカー→外資系メーカー→リクルート。正直嫉妬してしまうほど輝かしいキャリアですね(笑)大手で活躍してきたのに、どうしてポジウィルに入社したんですか?

前職のリクルートでキャリアアドバイザーをしていたときは、転職支援数、つまりどれだけの人の転職を成功させられるかという目標を掲げて働いていました。サービスの特性上、当然ですけど転職以外の選択肢は提案できません。

ただ、多くの方の転職をサポートしているうちに「転職支援ではなくキャリア支援をしたい」という想いが強くなっていったんですよね。

転職を希望する方の中には、とにかく環境を変えたいという気持ちが先行して、転職後のことまで明確にイメージできていない方も少なくありません。その結果、新しい会社に入社してからギャップが生じて、苦しむことも多い。

でも僕はやっぱり、サポートした方には転職した後も生き生きと働いてほしいんです。その想いを実現するために転職だけではなく、それこそ自己分析など転職する以前のフェーズから支援したいと。

そんなときに見つけたのが、ポジウィルだったんです。「この会社はまさに僕がやりたいと思っているキャリア支援をやっているじゃないか!」と驚きましたね。


過去の経験を活かしつつも、決して固執はしない

ー自分のやりたいこととポジウィルがやっていることが一致したわけですね。とはいえ、大手からスタートアップへの転職なので悩む部分はなかったんですか?

たしかに大手とスタートアップでは環境も働き方も全然違いますけど、自分がやりたいことを実現したいという気持ちが何よりも強かったので、悩んだり迷ったりはほとんどありませんでした。

ーそれだけ強い想いを持ってポジウィルへジョインして、実際に今はどんな業務をしていますか?

基本はトレーナーとして、ポジウィルズさん(POSIWILL CAREER ご利用者)のトレーニングを担当しています。また、ポジウィルズさんの内定率をさらに上げるための“プログラムのブラッシュアップ”も担当しています。

ここは前職のキャリアアドバイザーの経験を活かせることもあって、僕がプロジェクトオーナーとして企画立案やトレーナーチーム内でのロープレなどの推進をしていますね。

ーたしかにそれはエージェントの経験をダイレクトに活かせますね。では逆に、これまでの経験にとらわれずに新しく取り組んでいることはありますか?

そうですね…。ちょっと大枠の話になりますけど、「これまでの社会人経験をリセットして常に吸収する」っていうのは意識しています。

これまでスタートアップで働いたこともなかったですし、大手だとよくある“ルーティンワーク”みたいな仕事って、ポジウィルにはほとんどないじゃないですか(笑)

でも、決まりきった仕事がないのも当然と言えば当然ですよね。ポジウィルズさんの状況は日々変化しますし、新しい社員がどんどん入ってきたり、社内体制も変化していく。

だからこそ、ポジウィルのミッションでもある「あるべき、こわそう。」っていう気持ちで、これまでの社会人経験で得たノウハウとかに固執したりせず、新しくゼロから学ぶくらいのスタンスで動いていますね。


ー新しくゼロからですか!とても大事なことだと思うんですけど、実行するとなると大変じゃないですか?

もちろん大変なこともありますよ!新しく学んで取り入れたことがいきなり上手くいくなんてほとんどない。泥臭くPDCAを回しながら結果につなげていくわけなので、決して楽ではないですよね。

でも、新しくゼロから学ばないと前進できないのも事実です。

実際、前職がエージェントだったのですぐに結果が出せるだろうと思っていたら、思いのほか苦戦したり。

僕的にはめちゃめちゃ良いトレーニングができたと思って、ポジウィルズさんからのアンケートを見るとイマイチな評価が書かれていて、必死に振り返りをしたり。

そういうことがあったからこそ、今までのキャリアでの成功は一旦忘れて、気持ちを入れ替えてゼロから学ぼうというスタンスになったんです。

結果を出すために実践している『ゴール設計』

ーでは、ポジウィルズさんの内定率アップのプロジェクトオーナーとして、結果を出すために意識していることはありますか?

『ゴールを設計してからアクションする』っていうのは、内定率アップに限らず、全ての業務で意識している重要なポイント。最終的にどんな結果を出したいか、そのためには何をしたら効果的か、っていう流れで考えてからアクションするイメージです。

ーゴールから逆算して考えて、具体的なアクションに落とし込んでいくわけですね。

そうですね。

例えば、トレーニングでポジウィルズさんとお話しして転職をゴールに設定したら、いつから転職活動を始めるのか、転職エージェントはどうやって使っていくのかなど、そういうポイントを一緒に考えて落とし込んでいくようにしています。

「とりあえずやってみよう!」で最初から動いてしまうと、どうしても望んでいたものとは違う結果になってしまうことが多いので、どの業務もゴール思考は意識していますね。


ーそれでは最後に、大手から転職してきたさとしさんがスタートアップで頑張り続けられる理由があれば教えてください。

僕自身がポジウィルの事業の可能性を信じていることですね。

あとは、メンバー全員が同じ方向を向いて前進できているっていうのも大きい。それは少数精鋭のスタートアップだからこそできていると思いますし、その環境にも満足しています。

それから、僕は人がめちゃめちゃ好きなので、メンバー同士の距離感が近い環境で頼られたり頼ったりしながら働けるのも頑張れている理由かもしれません。

距離感で近い中で自分の存在価値が認められて、楽しく働けるっていうのは、大手では感じられない感覚です。

忙しいながらも今までに感じたことがない充実感を味わえているのが、ありがたいですね。

ポジウィル株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
21 いいね!
21 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング