1
/
5

【社内制度紹介】SVインタビュー!vol.2

ポートは今年で10期目を迎え、中期経営計画に沿って今後さらに組織を拡大していきます。
それに伴って今年の4月に発表された人事制度・福利厚生のアップデートから、スーパーバイザー(以下、SV)制度を特集します!

SV制度とは、中期経営計画で発表された、組織拡大に向けて、マネージャーを増やしていくため、マネジメントキャリアへのステップアップとして設けられた制度です。現在は就職支援事業部にて試験導入しており、6名の社員がSVとして勤務しています。

前回に引き続き、実際に各現場でSVとして活躍している社員に話を伺いました!

※SV(スーパーバイザー)制度:
管理職であるマネージャー昇格には、「SVとしての職務経験3か月以上」が必要であり、管理職昇格を目指す人にとって登竜門となる制度です。SVはマネジメントキャリアへのステップアップとして、予算管理やメンバーのマネジメント業務を担います。


■プロフィール:
就職支援事業部メディアマネジメントグループ(以下、MMG)スーパーバイザー
米塚里菜


学生時代は紳士服店でアルバイト後、好きなことを仕事にするという軸でその紳士服店に就職。
その後、キャリアチェンジのため2017年5月にポート株式会社に中途入社。キャリアアドバイザーを2年半経験後、メディアマネジメントGに異動。営業の傍ら、数値レポートや業務効率化を担当。2021年4月にSVへ昇格。


Q.所属されているグループと、現在のお仕事について教えてください。

メディアマネジメントGは、キャリアパークの会員データベースを活用した送客サービスの営業を担当しているグループです。売上を立てるために予算をもらうのが仕事ですが、送客したユーザーがどうやったら参加につながるのか、など顧客の成果につなげるためのプロモーション方針の提案、コンサルティングまで行っています。

その中の私のスーパーバイザー(以下、SV)としての仕事としては、大まかに3つです!

①メンバーの育成
新人のメンバーが一人前の営業になるためにインプットや悩み相談を受けています。
②管理業務
SVとして、稟議、勤怠管理などの一次承認をしています。
③人材送客部門の数値分析・レポート
今は過去3年の各月の予算状況やコンバージョン(以下、CV)数の変動を企業別、卒年別、イベントごとなどで分けて管理・算出をしています。

昨年は新型コロナウイルスの影響があったため、2年前の数値など過去データをさかのぼり、学生の動向をシュミレーションしています。


Q.SVになってどう変わりましたか。

もちろん自分としての意識も変わったのですが、周りからの目線が変わりました。
そして、自分の評価される指標が変わってきました。数値を踏まえて、ただ達成させるだけではなく、今後数値をどう伸ばしていくのかを考える必要があり、明確に必要最低限のレベルが上がったと感じています。


Q.マネージャーになるまでに今後習得したいことや今勉強していることを教えてください。

自分の見ている領域や、事業部全体の目線を持つということはできるようになって来たのですが、会社全体を主語にしたときにはまだ自分のすべきことが考えきれず、そこの目線を醸成することは必要だと感じています。


Q.今後の目標を教えてください。

まずは、今見ているチームメンバーを一人前にしたいです。全員が自信をもってMMGのトップ営業です、と言えるようにしたいですね。


Q.SV・マネージャーを目指す人へのメッセージをお願いします。

SVになったことで、自分の世界観が広がりました。メンバーからチーフになるより、チーフからSVになる方が、求められることや考えることが変わります。

それに伴って責任も増えますが、持てる情報やできることが増えるので、楽しい!ということは伝えたいですね!メンバーやチーフだと、自分の達成やチームの達成のためにどうするか、ということが第一目標だと思うのですが、SVになると、見る指標と視座が変わってきます。

ポートに入ってくる人は基本自分を成長させたいという人が多いと思うので、そういう人はぜひSV目指してもらいたいですね!

ポート株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング