1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【社員紹介vol.6】何度でもチャンスを与えてくれる環境が魅力的だった

人事部の土屋です!
今回は社員紹介シリーズ第5段として、ファイナンスメディア事業部のマネージャーとして広告を中心としたマーケティング業務全般を担当されている津川さんをご紹介します。入社までの経緯や、現在の仕事内容・心に残っているお仕事などをお聞きしました!

■Profile
津川剛志(ファイナンスメディア事業部 アドマーケティングG マネージャー)
2015年に新卒としてポートに入社。大学時代は、ビジネス系の学生団体で回線営業の訪問販売を経験。イベント集客やクライアントへの送客など、マーケティング領域を幅広く経験している。趣味はバスケ。

ー現在の仕事内容を簡単に教えて下さい

ファイナンス領域のメディアで広告運用全般の責任者をしています。その他には、よりユーザーに価値提供できるサービスにするために、サイト改善等も行っています。ユーザーそれぞれの異なるニーズに寄り添うために、日々改善を重ねています。


ー学生時代はどんな活動をしていましたか。

普通の大学生だと思います。(笑)バスケのサークルに入っていたので、本気でバスケもしていましたし、飲み会もありました。大学3年生になってから学生団体に所属し、飛び込みで光回線の訪問販売を行っていましたね。そこで実学としてのビジネスを初めて学びました。
業務委託としての契約形態で、完全歩合制、契約がとれなければお給料はゼロという比較的ハードな環境で働いていました。
その中で営業はこういう仕事なんだ、ビジネスとはこういうものなんだという基礎を学んだかなと思います。

ーそこから新卒でポートに入社を決めたきっかけはなんでしたか。

学生団体での経験もあり、完全に実力主義な環境が自分には合っているのかなと思ったので、自然とベンチャー企業に興味を持っていました。就活のタイミングで現在のポートのキャリアパークエージェントから電話がきて、当時大阪にいたため電話面談をし、東京の企業を中心に紹介してもらうことになり、その中でポートも紹介されました。

ーなるほど。では、津川さんもキャリアパークのユーザーの1人だったんですね。

はい。そうです。(笑)就活相談や自己分析の手伝いをしてもらえたらいいなと思いキャリアパークエージェントを利用していました。現在、就職支援事業部部長の赤塩さんと面談したり、春日社長や丸山副社長と面談をするうちに最終的にポートに決めようと思いました。


ーファーストキャリアとしてポートを選んだ決め手はなんでしたか。

「人」と「環境」が決め手だったと思います。学生時代の営業経験から派生して当時から様々な業界の社会人の方とのやり取りもあった中で、出会った大人たちも尊敬できる存在でしたが、その中でお会いした誰よりもポートの社員の仕事に対するスタンスや熱意みたいなものに圧倒されたし共感できました。これが1つ目の「人」に魅力を感じた部分ですね。
丸山副社長との面談では「自分はどういう人間なのか」という根本の部分を深く問われたので、自分の中で言葉で詰まるところが多かったんです。
すごく本質的な部分を見られている感覚で、そんな風に自分自身と向き合ってくれるところにも魅力を感じたのを覚えています。当時選考を受けていた他の企業では聞かれないような根本的な価値観に触れるような質問が多かったので、準備していた回答でまったく太刀打ちできませんでした。(笑)


ー確かに、新卒に入社の決め手を聞くと同じように「人の魅力」を回答する人が多いですね。環境面ではどんな点が魅力でしたか?

フィードバックやチャンスをもらえる点です。インターンをしていたときにそれは強く感じました。丸山副社長から課題を出されて、最初のアウトプットに対する評価は「20点」と言われ、「あと一日チャンスをあげるが、やりたいか」と問われたので、インターンを1日延長して再度提出し直したんですが、それでも「40点だな」と言われて。(笑)
思うようなアウトプットが出せなくても何度でもチャンスを与えようとしてくれる点や、自分と向き合ってフィードバックをくれる環境が自分には合っているなと感じました。
当時まだ本社が渋谷にあって、人数も30人ぐらいの規模だったんですが、社員の方々も熱量高く和気あいあいと働いていて、自分が楽しく働けるイメージが湧きました。


ー入社してから記憶に残っている仕事やエピソードはありますか。

ありますね。入社してちょうど1年経とうとしたタイミングで開催した就活生向け合同企業説明会のWEBプロモーションが最も印象に残っています。はじめは就職支援事業部に所属していて、主に就活生向けのインターンや説明会などWEBプロモーションを担当していました。
そこでちょうど1年経とうとしていた頃、これまでのポートで主催した倍の規模の合説のプロモーションを任されたんです。
合説初開催からWEBプロモーションをずっと担当していて、今回の予約人数も順調に推移していたので安心していたんですが、参加率が大幅に想定より下回ってしまい当日の参加目標数が大幅に未達になってしまったことが忘れられない苦い思い出です。集客スケジュールの甘さや実施施策など、後から振り返ってみると反省点が山積みで、当時の関係者には大変ご迷惑をおかけしました。

ー失敗の話がヘビーでしたが・・一番やりがいのあった仕事はありますか。

それも同じく合説ですね。大きな失敗を経て最終的には歴代最高集客数を叩き出すことができたので、やりがいを感じました。WEBプロモーションが主な担当ではあったのですが、合説の企画を考えたり当日運営をしたりと、幅広くかかわることができたのもやりがいを感じたポイントですね。

今は会社も大きくなってきて分業ができるようになってきていますが、当時は川上から川下まですべての工程に携われるタイミングだったので、「ただ数字を達成した」というだけではなくて、来場者の対応をしたり企業さんのフォローをする中で大きな成果を出せたことを体感できたので一番記憶に残っています。
どれだけ失敗しても大きな仕事を任せてくれる環境があってよかったなとしみじみ感じました。

ー最後に、就活生にメッセージをお願いします!

よく聞く話になってしまうかもしれませんが、当たり前のことを徹底的に当たり前にやることかなと思います。大きな成果をあげている人や評価をされている人はなにか特別なアイディアを持っていて、特別な強みがあって・・・と想像される方も多いかもしれませんが、私自身が見てきたいわゆる「すごい人達」は皆さん当たり前のことをきちんとやられている方でした。
「こんなスキルを身に着けたい」「もっと成長したい」と意欲も高まるかと思いますが、見過ごしがちな眼の前の「当たり前のこと」も大切にしながら成長していっていただけたらなと思います。

ポート株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
12 いいね!
12 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう