1
/
5

【Plottの実態レポVol.2】Plottで、遊ぶように働こう。

こんにちは、広報の堕天使です。

Plottのミッション『本気のアソビで世界をアッと言わせよう』とはなんぞや?という方も多いと思います。そこで今回は「Plottで、遊ぶように働こう。」の一例をご紹介します!

Plottで毎月1度行われる『締め会』では、各チャンネルの数値を共有したり、新入社員の紹介タイム等がオンラインにて行われています。先日行われた締め会では、最後に社員のみんなでオンライン脱出ゲームをしました!

脚本から映像、画像まで全てPlottの社員が作った完全オリジナルゲームのクオリティがすごくて、まさに『本気のアソビ』でした。


PlottのYouTubeアニメ『テイコウペンギン』のオンライン脱出ゲーム『某企画からの脱出』


わけられたチームごとにzoom会議を使用して、与えられた謎を解いていきます。各人に送られてきたヒントをzoom会議で照らし合わせたり、なかなか凝った問題に苦戦しつつも力を合わせながら謎解きを行いました!



最後の問題を答えた後、こんな画像がチームのグループチャットに送られてきました。これでいっちゃっていいですよね…?とヒヤヒヤしながら『本気のアソビで世界をアッと言わせよう』と答えると…。


YouTubeのリンクが送られてきました!


動画が始まると「テイコウペンギン」のキャラクターと代表のおくしーが(笑)

これはトゥルーエンドなのか…?


『本気のアソビで世界をアッと言わせよう』

正解だー!!!

Plottのミッション『本気のアソビで世界をアッと言わせよう』を答えにしたオンライン脱出ゲーム。問題から映像までとにかく全て作り込まれていて、みんなが楽しめるゲームでした。『本気のアソビ』で作ったゲームをみんなで本気で遊んだ、そんな締め会でした。

そして、このゲームを作った4人にも少しお話をきいてみました!

ーーどんな思いでこのゲームを作りましたか?

てでぃ:僕は人事なので、普段みなさんが見ているような動画制作に直接関わることはありません。でもだからこそ僕も何か作りたいとずっと思っていて、今回は社内のメンバーにとって遊びの中でミッションやバリューを思い出してもらうような体験をしてもらうんだ!と意気込んでいました笑。

俺たちが本気のアソビを背中で見せるぞー!!」みたいなテンションだったのでみんなでやり切れて、プレイしてくれたみんなが喜んでくれてよかったです。

他の3人が一緒に本気で遊んでくれたのが本当に大きかったと思います。みんなありがとう!


せいみー:元々謎解きや脱出ゲームが大好きで、自分もよく遊んでいるのですが、遊ぶだけでなく自作し家族にサプライズで仕掛けることも多々ありました。

それで今回の脱出ゲームを作るにあたって、Plottのみんなに『本気のアソビ』で楽しんでもらおうと思いました。

私は主に謎解きの作成、映像編集を担当しました。謎解きをやっている人もやっていない人も楽しめるレベルに謎を調整しなければならなかったのが一番難しかったです。

謎解きが得意な人が1人でどんどん解いてしまっても全員が楽しめないなぁとも思い、絶対チーム全員で協力できるように謎をつくりました。

また普段業務で関わりが少ない人ともコミュニケーションが取れるようにしたかったので、各々に問題を解いてもらいつつ協力することで謎が解けるようにしました。謎解きの作成や映像編集も、没入感を出せるよう工夫しました。

間違った答えにもエラーが表示する画像を作ったり、ペンギンやパンダが話しかけてくる画像を作ったりなど…みんながZOOM上で驚いてくれていたり、笑ってくれて嬉しかったです。

最後にTRUE ENDの動画は運営からのサプライズでした。ごちゃいがアニメーションを夜遅くまで作ってくれて、私はキーワード入力と脱出するシーンを作りBGMやカメラワーク等をつけさせてもらいました。動画を見た時のみんなの表情が今でも忘れられません…。

夜遅くまでMTGに付き合ってくれた運営メンバーには感謝しかないです。

てでぃさん、ごちゃい、ゆりきちさんと共に本気のアソビでアッと言わせることが出来て本当楽しかったです!

また次の締め会も『本気のアソビ』をしていきたいと思います!


ごちゃい:脱出ゲーム案については、てでぃおとせいみーが出してくれて、実は単純にのっかっただけだったのゅ。

true endingアニメも……ほんとはねごちゃいがアニメーションつくゆのだいすきだからっていう超ざつな理由で提案したのゅ……。でも3人ともめっちゃのってくれたし、なによりtrue endingアニメをみたときの社内みんなの反応がわすれられないのゅッ!

本気のアソビでアッといわせられた人ってどういう顔すゆか知ってゆ?

みんなえがおになるのゅ!

ごちゃい、このためにおしごとしてゆな〜としみじみ気づきましたのゅ。

ということでこれからも本気でアソんでいきたいとおもうのゅ〜!みてろみてろーッ!


ゆりきち:てでぃとせいみーが今月の締め会は脱出ゲームで問題をMVVに絡めてみよう!というめちゃくちゃ面白い案を出してくれたので、やっちゃおう精神でノっちゃいましたw

みんなが『本気のアソビ』にたどり着いた時にどんな反応してくれるのか想像してワクワクしながら脱出ゲーム制作に微力ながら参加させてもらいました…!

締め会で行うゲームに制限がないので本気のアソビができるのだと感じましたね。

次回の締め会もみんなを本気のアソビでみんなをアッと言わせたいなと思います!

てでぃとごちゃい、せいみー本当にありがとう!

オンラインでもこんなに楽しめるゲームを作ってくれた4人に感謝(*‘∀‘)

脚本:てでぃ

アニメーション・イラスト:ごちゃい

問題・映像編集:せいみー

運営マネジメント:ゆりきち


社会に出て大人になると『アソブ』ってついつい忘れがちになりますよね。働いて寝るの繰り返し…。

そんな方も多いと思いますがPlottでは誰よりも創り手が楽しんでつくることで、オモシロイものが生まれ、見る人を楽しませることができると考えています。

だからこそ社員のみんなが『本気のアソビで世界をアッと言わせよう』をミッションに本気でアソんでいます。

読んでくださった方に「Plottで、遊ぶように働こう。」の意味が伝わったら嬉しいです!


Illustration ごちゃい


YouTubeアニメマーケター
YouTube登録者累計300万人目前!YouTubeアニメのPM募集!
私たち株式会社Plottは、 YouTube上にてIPコンテンツの制作・配信を行っている エンタメベンチャー企業です。 現在自社で制作・運営を行っているYoutubeアニメ『テイコウペンギン』はチャンネル登録数95万人を突破、月間再生回数は3,700万回を突破いたしました。 >> https://www.youtube.com/channel/UCUTgXNqRBqR33D5q10DfQXw 今後はさらにチャンネルの数を増やして テイコウペンギンのようなアニメだけでなく、 漫画を用いたYouTubeチャンネルなどのコンテンツを展開していく予定です。 ーPlottの意味 Plottは小説などを書く前に作るプロットからきています。 オモシロイを生み出すコンテンツをずっと作っていきたい という想いをコンテンツの構想を示すプロットに込めました。 また、プログラミング等で使用される 「++」(インクリメントと呼ばれ、加算処理を行う)を 「Plot」とかけ合わせ「Plott」とすることで、 「コンテンツをエンジニアリングする」 「ずっと成長し続ける」という意味を込めております。 【Plottだからできること】 ▶︎動画メディアの運営やバーチャルYouTuberプロデュースなどの経験から、 20代中心の若いチームの感性を活かした「デジタルネイティブに刺さるアニメ制作」を心掛けてコンテンツを制作を行っています。 ▶︎今までのレガシーなコンテンツとYouTubeの違いはデータが収集出来ることです。 YouTubeならではの数値ベースの意思決定と、 それだけに捉われない発想を活かした感性による意思決定によって 数値と感性をハイブリッド化することができ、 今までにない新しいコンテンツを制作しています。 ~~~~~~~ 参考記事 PR TIMES >> https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000047837.html
株式会社Plott


シナリオライター/漫画原作者
仲間と創る面白さがある!YouTubeアニメのシナリオライターを大募集!
私たち株式会社Plottは、 YouTube上にてIPコンテンツの制作・配信を行っている エンタメベンチャー企業です。 現在自社で制作・運営を行っているYoutubeアニメ『テイコウペンギン』はチャンネル登録数95万人を突破、月間再生回数は3,700万回を突破いたしました。 >> https://www.youtube.com/channel/UCUTgXNqRBqR33D5q10DfQXw 今後はさらにチャンネルの数を増やして テイコウペンギンのようなアニメだけでなく、 漫画を用いたYouTubeチャンネルなどのコンテンツを展開していく予定です。 ーPlottの意味 Plottは小説などを書く前に作るプロットからきています。 オモシロイを生み出すコンテンツをずっと作っていきたい という想いをコンテンツの構想を示すプロットに込めました。 また、プログラミング等で使用される 「++」(インクリメントと呼ばれ、加算処理を行う)を 「Plot」とかけ合わせ「Plott」とすることで、 「コンテンツをエンジニアリングする」 「ずっと成長し続ける」という意味を込めております。 【Plottだからできること】 ▶︎動画メディアの運営やバーチャルYouTuberプロデュースなどの経験から、 20代中心の若いチームの感性を活かした「デジタルネイティブに刺さるアニメ制作」を心掛けてコンテンツを制作を行っています。 ▶︎今までのレガシーなコンテンツとYouTubeの違いはデータが収集出来ることです。 YouTubeならではの数値ベースの意思決定と、 それだけに捉われない発想を活かした感性による意思決定によって 数値と感性をハイブリッド化することができ、 今までにない新しいコンテンツを制作しています。 ~~~~~~~ 参考記事 PR TIMES >> https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000047837.html
株式会社Plott
株式会社Plottでは一緒に働く仲間を募集しています
23 いいね!
23 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング