Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【Plottクリエイター特集vol.1】自主制作ばかりしていた僕がPlottに入った理由 (ぺなんしー/チーフアニメーター)

こんばんは、Plott人事広報を担当の春井です。

今回は初のクリエイターの方にインタビューをしました。

「アニメーターってどんな仕事?」「クリエイターにとってPlottってどんな会社なの?」

そんな疑問を、Plottのクリエイターの柱であるチーフアニメーターのぺなんしーさんに、語っていただきました。


ぺなんしー 株式会社Plottチーフアニメーター。フリーランスでデザイン・イラスト制作を始める。YouTuberだいにぐるーぷの似顔絵制作や、コンピューター雑誌『IP!』『Windows100%』にて『なんでもヤリ漫!』を連載。その後自主制作アニメ『ポッピーコック ストリート』をYouTubeにて配信開始。企画・原作・脚本・声・音楽・イラスト・アニメーションのすべてを自身で行う。自主制作アニメを見た弊社代表奥野にヘッドハンティングされPlottにジョイン。



1人でやっていくには限界がある。一緒に情報やアイデアを共有できる人やコミュニティを欲していました。

ーーまず、「ぺなんしー」というの名前の理由を教えてください。

僕はもともと「生まれてごめんなさい」「話しててごめんなさい」と、僕が生きてるだけで罪深いと思っていたんです。だから贖罪という意味の英語「penance(ペナンス)」から取って名称のように変化させた「ぺなんしー」になりました。


ーーネガティブすぎる!(笑)

作品を作ることによって罪を償っていけたらいいなと思っています。今回僕の写真にはまっている赤いぺなんしーロゴマークも、人が土下座しているデザインにしています。


ーーPlottに入社したキッカケを教えてください。

フリーランス時代、仕事を受けていた雑誌が一気に廃刊になって仕事が減って、この先どうしようかなと思っていました。

「仕事に繋がれがいいな」ぐらいの気持ちで、WEB上のポートフォリオとして自主制作アニメ『ポッピーコック ストリート』(https://www.youtube.com/channel/UCYAZnp0t8gc5L8jtCUt9jfA)を作り始めました。2ヶ月半くらいで作り上げ、アニメ、デザイン、音楽、声、編集全て一人でやっていました。でもわりと早い段階で限界があることに気づき、一緒に情報やアイデアを共有できる人やコミュニティを欲していました。


ーー自主制作以外に、自ら会社探しもされていましたか?

自ら探すことはしていませんでした。自分の作品をYouTubeにアップロードして行けば、より自分がやりたいことと繋がれるのではないか、自分の作品にシンパシーを感じてくれる人がいるのではないかと思って、ひたすら集中してアニメを作り待っていましたね。

そんな中僕のアニメを見て声をかけてくれた代表の奥野氏に、当時まだ未開拓の「YouTubeアニメチャンネル」を立ち上げるという企画をプレゼンして頂き、その熱量に感化され即入社させていただきました!


ーー即決で入社を決めたぺなんしーさんですが、フリーランスの方が組織で仕事をするのってかなり大きな決断だったのではないかと思います。不安は無かったですか?

僕は社会経験が無かったので、逆に会社に勤めることには単純に興味がありました。

不安よりは「楽しそう!面白そう!やってみたい!」が先行していて、そこに迷いはありませんでしたね。でも一方で、自分が組織にフィットすることができるのか、迷惑をかけないかという点で不安があった時期もありました。

実際『テイコウペンギン』が始まった時、全然伸びなかったんです。社内の雰囲気も少し暗い気がして、アニメを作る日を減らす話が出ていたりとだんだんと事業を縮小していくのかな…とまでも感じていました。でもこれは僕の感情論になってしまうんですけど、『テイコウペンギン』は絶対ヒットするだろうなと思っていたし、なにより代表の奥野さんと執行役員の林さんが本当に優秀だから「何としてでも成功させたい!絶対成功させるんだ!」と意気込んでいました。

自分が組織にフィットすることができるのかという不安もこのころには消えていましたね。辛抱期があったけれどもやっと軌道に乗りフルでアニメを制作できるとなった時は本当に嬉しかったです。


『テイコウペンギン』と自主制作アニメ『ポッピーコックストリート』


昔から他人がしていないことをするのが好き。その点Plottの目指している領域にシンパシーを感じています。

ーー具体的なアニメーターの業務内容を教えてください。

僕は『テイコウペンギン』のイラスト・アニメーションを担当しているのですが、まず脚本に沿って絵コンテ制作をするところから始まります。それからアニメーションを作ります。背景などのイラストを描いたり、サムネイル制作やツイッター投稿用の一枚絵なども僕の仕事ですね。


ーー実際に働いてみて、仕事と自主制作の違いはありましたか?

まったく別物ですね。「アートは問題提起で、デザインは問題解決」というわかりやすい言葉があるように、僕は「自主制作は問題提起で、仕事は問題解決」だと思っています。

自主制作は完全に好き勝手ができて、出来上がったものを世に投げつけていく作業。それに対して、仕事はいろんなことを解決していく作業なんですよね。キャラクターをどのように動かしていこうか考えて、タスクをこなすごとにより良いものにしていく作業です。『テイコウペンギン』の問題を解決していくっていうイメージで仕事をしています。


ーーぺなんしーさんの仕事のモチベーションは何ですか?

僕はひねくれていて、昔からあまり人がしていない事をするのが好きで、つい人と逆のことをしたくなってしまうんです。当時はYouTubeでアニメを配信している人はあまりいなくて、「なんでみんなやらないんだろう」と思っていました。YouTubeが普及してきて自分1人で作ったアニメを配信できるようになり、多くの人に見てもらえる環境が整っているのにやらない選択肢はないなと考えていました。

その上でPlottの目指している方向性にシンパシーを感じています。Plottの「何か新しい価値、楽しみを開拓していこう」とする価値観や、そのプロセスを一緒に歩めることが原動力になっているのかもしれません。


ーークリエイターの目線から見て、Plottの仕事環境はいかがでしょうか?

一人でずっとやっていくことには限界があると思います。そのため、同じ志を持った人やコミュニティに入っていくことで情報、アイデアの共有ができるし刺激し合えるのではないでしょうか。僕が入社してから新しいクリエイターさんが沢山入ってきたましたが、様々なクリエイターさんからかなり刺激をもらってます。Plottのクリエイターさんはみんなスキルが高いことはもちろん、作品をより良くしていくためのアイデア、発想が豊富で非常に勉強になります。

Plottは先人がいない、他人が踏んでいない領域を踏もうとしているじゃないですか。僕はその価値観がPlottの社員のみんなの根底にあるところがたまらなく好きで。みんなの協力が必要不可欠ですし、切磋琢磨しながら開拓していくことができる環境が整っていると思います。

あとクリエイターとディレクターなどのビジネスサイドとの距離が近いのもPlottのいい所です。各々が考えるアイデアや意見を忌憚なく発言、発案できますね。大きい会社だとそれはできないし小さすぎても難しくなってしまうので、その点すごく働きやすい職場ですね。


ーーPlottにおいてのぺなんしーさんが心掛けている事はありますか?

Plottは『テイコウペンギン』の他に漫画動画事業も手掛けていますが、漫画動画も流行り始めてからの移り変わりが早いですよね。その点を考えるとどんどん表現方法を変え、見つけていかなければいけないし、さらに新しい技術も身に着けていかないとと思います。そういう表現方法や価値の提供に少しでも協力していけたら嬉しいなと思っています。日々勉強ですね。


ここでめちゃくちゃカメラ目線のぺなんしーさん。顔が隠れていて読者の方に伝わらないのが悔しいです。



目指すのは「クリエイターさんが自己表現しつつ、仕事も楽しんでやっていける」両軸をサポートできるようなめちゃくちゃ環境の良い会社

ーーぺなんしーさんは今後Plottをどんな会社にしていきたいですか?

今結構クリエイティブに注力しているじゃないですか。こんなクリエイターにとって幸せな会社ってある?って思うんですよ。それをより強化して確実なポジションで語れる会社になったら素敵だなと思います。クリエイターの会社ってブラックなイメージがありますが、そのイメージを覆したいです。クリエイターさんが自己表現しつつ、仕事も楽しんでやっていける。両軸をサポートできるようなめちゃくちゃ環境の良い会社にできたらいいなと思っています。

僕は自主制作と仕事では全然感じる喜びの種類が違くて、仕事は作品を見た人から「すごいですね!」などと言ってもらえるとやっぱり気持ちいいし、「より良い作品を作ろう」ってなる。そうするとどんどん良い作品が作れるし、クオリティが勝手に上がっていく環境にあります。

一方で、自由度の面で見ると自主制作のほうが自分で好きなことを発射する気持ちよさや楽しさがあります。ただ自主制作は多くの人の目に止まりにくいし、勝手に作ってるだけで認知されない。そうすると、本当の意味で良質なコンテンツってできにくいと思うんですよね。問題点を言ってくれる人もいないし、クオリティが高いものもでき辛いんですよね。両方良くて両方悪いところがありますね。

そして、この2つは影響しあっている。仕事でやったことを自主制作に活かすこともできるし、自主制作でやってきたことを仕事に活かすこともできる。これは化学反応が常に起こることなので、僕はこのポジションをとった方が、自分の作品をいろんな面から見れて良いんじゃないかって思います。



ーー自主制作は今後も続けていかれますか?

最近サボり気味なのですが、自主制作はできるだけ早くしていきたいですね。ぺなんしーとしても成長しないと会社の為にならないので、そこはかなり気にしています。Plottのクリエイターの中に「ぺなんしーいるんだね」って言われるようになりたいです。

まずは今配信している自主制作アニメ『ポッピーコックストリート』を続けて作っていきたいです。他のアニメも作ってみたいですね。あとは音楽も沢山作りたいです。3分の曲だとして、聞いた人に「今の3分返せよ!」って言われるような、誰の人生にも影響を及ぼさない作品を作りたいですね(笑)

無駄な時間を提供ししていきたいです。


ーーそれは楽しみですね。(笑)ぺなんしーさんはどんな人にPlottに入って来てもらいたいですか?

ハングリー精神がある人がほしいですね。「俺をつかえよ!仕事させてくれよ!俺はこういうことができるからこういうことさせてくれよ!!」みたいな飢えている人がいいですね。一緒にクリエイティブな仕事していきましょう!お待ちしてます!!


ーーでは最後にぺなんしーさんに取って「テイコウペンギン」とは何でしょうか?

全然「抵抗」していない人達ですかね。みんなを楽しませているし幸せにしているから。

なんか文学的なこと言おうとして変な感じになってしまいました(苦笑)


ぺなんしーさんありがとうございました!

株式会社Plottでは、一緒に働いてくれるメンバーを募集しております!

今記事を読んで少しでもPlottに興味を持ってくれた方は、是非お気軽にメッセージ送ってください!

メンバー一同お待ちしております!!





アニメーター
人気YouTubeアニメを創るLive2Dアニメーターを募集!
私たち株式会社Plottは、 YouTube上にてIPコンテンツの制作・配信を行っている エンタメベンチャー企業です。 現在自社で制作・運営を行っているYoutubeアニメ『テイコウペンギン』はチャンネル登録数50万人を突破、月間再生回数は2,500万回を突破いたしました。 >> https://www.youtube.com/channel/UCUTgXNqRBqR33D5q10DfQXw 今後はさらにチャンネルの数を増やして テイコウペンギンのようなアニメだけでなく、 漫画を用いたYouTubeチャンネルなどのコンテンツを展開していく予定です。 ーPlottの意味 Plottは小説などを書く前に作るプロットからきています。 オモシロイを生み出すコンテンツをずっと作っていきたい という想いをコンテンツの構想を示すプロットに込めました。 また、プログラミング等で使用される 「++」(インクリメントと呼ばれ、加算処理を行う)を 「Plot」とかけ合わせ「Plott」とすることで、 「コンテンツをエンジニアリングする」 「ずっと成長し続ける」という意味を込めております。 【Plottだからできること】 ▶︎動画メディアの運営やバーチャルYouTuberプロデュースなどの経験から、 20代中心の若いチームの感性を活かした「デジタルネイティブに刺さるアニメ制作」を心掛けてコンテンツを制作を行っています。 ▶︎今までのレガシーなコンテンツとYouTubeの違いはデータが収集出来ることです。 YouTubeならではの数値ベースの意思決定と、 それだけに捉われない発想を活かした感性による意思決定によって 数値と感性をハイブリッド化することができ、 今までにない新しいコンテンツを制作しています。 ~~~~~~~ 参考記事 PR TIMES >> https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000047837.html
株式会社Plott
YouTubeマーケター
目指せ100万人!チャンネルをグロースさせるYouTubeマーケター募集!
私たち株式会社Plottは、 YouTube上にてIPコンテンツの制作・配信を行っている エンタメベンチャー企業です。 現在自社で制作・運営を行っているYoutubeアニメ『テイコウペンギン』はチャンネル登録数50万人を突破、月間再生回数は2,500万回を突破いたしました。 >> https://www.youtube.com/channel/UCUTgXNqRBqR33D5q10DfQXw 今後はさらにチャンネルの数を増やして テイコウペンギンのようなアニメだけでなく、 漫画を用いたYouTubeチャンネルなどのコンテンツを展開していく予定です。 ーPlottの意味 Plottは小説などを書く前に作るプロットからきています。 オモシロイを生み出すコンテンツをずっと作っていきたい という想いをコンテンツの構想を示すプロットに込めました。 また、プログラミング等で使用される 「++」(インクリメントと呼ばれ、加算処理を行う)を 「Plot」とかけ合わせ「Plott」とすることで、 「コンテンツをエンジニアリングする」 「ずっと成長し続ける」という意味を込めております。 【Plottだからできること】 ▶︎動画メディアの運営やバーチャルYouTuberプロデュースなどの経験から、 20代中心の若いチームの感性を活かした「デジタルネイティブに刺さるアニメ制作」を心掛けてコンテンツを制作を行っています。 ▶︎今までのレガシーなコンテンツとYouTubeの違いはデータが収集出来ることです。 YouTubeならではの数値ベースの意思決定と、 それだけに捉われない発想を活かした感性による意思決定によって 数値と感性をハイブリッド化することができ、 今までにない新しいコンテンツを制作しています。 ~~~~~~~ 参考記事 PR TIMES >> https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000047837.html
株式会社Plott
シナリオライター/漫画原作者
若手シナリオライター注目!YouTubeアニメのシナリオライターを募集!
私たち株式会社Plottは、 YouTube上にてIPコンテンツの制作・配信を行っている エンタメベンチャー企業です。 現在自社で制作・運営を行っているYoutubeアニメ『テイコウペンギン』はチャンネル登録数50万人を突破、月間再生回数は2,500万回を突破いたしました。 >> https://www.youtube.com/channel/UCUTgXNqRBqR33D5q10DfQXw 今後はさらにチャンネルの数を増やして テイコウペンギンのようなアニメだけでなく、 漫画を用いたYouTubeチャンネルなどのコンテンツを展開していく予定です。 ーPlottの意味 Plottは小説などを書く前に作るプロットからきています。 オモシロイを生み出すコンテンツをずっと作っていきたい という想いをコンテンツの構想を示すプロットに込めました。 また、プログラミング等で使用される 「++」(インクリメントと呼ばれ、加算処理を行う)を 「Plot」とかけ合わせ「Plott」とすることで、 「コンテンツをエンジニアリングする」 「ずっと成長し続ける」という意味を込めております。 【Plottだからできること】 ▶︎動画メディアの運営やバーチャルYouTuberプロデュースなどの経験から、 20代中心の若いチームの感性を活かした「デジタルネイティブに刺さるアニメ制作」を心掛けてコンテンツを制作を行っています。 ▶︎今までのレガシーなコンテンツとYouTubeの違いはデータが収集出来ることです。 YouTubeならではの数値ベースの意思決定と、 それだけに捉われない発想を活かした感性による意思決定によって 数値と感性をハイブリッド化することができ、 今までにない新しいコンテンツを制作しています。 ~~~~~~~ 参考記事 PR TIMES >> https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000047837.html
株式会社Plott
イラストレーター、アニメーター
好きを仕事に!絵・動画・シナリオを作りたい方お話しましょう!
私たち株式会社Plottは、 YouTube上にてIPコンテンツの制作・配信を行っている エンタメベンチャー企業です。 現在自社で制作・運営を行っているYoutubeアニメ『テイコウペンギン』はチャンネル登録数50万人を突破、月間再生回数は2,500万回を突破いたしました。 >> https://www.youtube.com/channel/UCUTgXNqRBqR33D5q10DfQXw 今後はさらにチャンネルの数を増やして テイコウペンギンのようなアニメだけでなく、 漫画を用いたYouTubeチャンネルなどのコンテンツを展開していく予定です。 ーPlottの意味 Plottは小説などを書く前に作るプロットからきています。 オモシロイを生み出すコンテンツをずっと作っていきたい という想いをコンテンツの構想を示すプロットに込めました。 また、プログラミング等で使用される 「++」(インクリメントと呼ばれ、加算処理を行う)を 「Plot」とかけ合わせ「Plott」とすることで、 「コンテンツをエンジニアリングする」 「ずっと成長し続ける」という意味を込めております。 【Plottだからできること】 ▶︎動画メディアの運営やバーチャルYouTuberプロデュースなどの経験から、 20代中心の若いチームの感性を活かした「デジタルネイティブに刺さるアニメ制作」を心掛けてコンテンツを制作を行っています。 ▶︎今までのレガシーなコンテンツとYouTubeの違いはデータが収集出来ることです。 YouTubeならではの数値ベースの意思決定と、 それだけに捉われない発想を活かした感性による意思決定によって 数値と感性をハイブリッド化することができ、 今までにない新しいコンテンツを制作しています。 ~~~~~~~ 参考記事 PR TIMES >> https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000047837.html
株式会社Plott
株式会社Plottでは一緒に働く仲間を募集しています
14 いいね!
14 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう