This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

社風は陰キャラ系パリピ?|仮説検証大好き集団PLEXの合宿から社内の雰囲気を紹介してみる

こんにちは、プレックスで人事をやっている平井と申します。

今回は、タイトルにある通り8月15~16日にかけて全社合宿を行いましたので、そちらの模様をまとめてみました。

普段の業務中には聞きづらい、弊社メンバーの学生時代の話や黒歴史などを赤裸々に語ってもらいました。

メンバーに身を削ってもらうイベントも多かったのですが、気楽なコミュニケーションの中で、メンバーの意外な一面を発見できたり、共通する価値観を発見できたりと、とても良い時間を過ごせました。

そもそも合宿をやった背景は?

まず、弊社代表の黒崎さんが、学生時代に国際交流団体の幹事長をやっていた関係で、みんなでワイワイすることが好きという前提があります。
※ガツガツしてないタイプのパリピ、「陰タイプのパリピ」という感じです。

そのため、半年に1度全社合宿をやっていたタイミングと、嬉しいことに新しいメンバーが増えてきたこともあり、改めてお互いの好きなことや価値観を理解したり、話してみたいという声が出てきたため、「相互理解を深めること」をメイン目的に開催に至りました。

ただ、「せっかく合宿やるなら、ちょっとおしゃれな非日常が味わえる所が良いよね」という声も出ましたので、Airbnbでおしゃれな宿を探して開催いたしました。

その結果、「おしゃれな非日常的な空間で、男女14人が相互理解を深める」という、見たことないですがほぼテラスハウスと同じ様なコンセプトのもと開催される事となった、全社合宿の様子を見ていきましょう。

スケジュール

合宿の目的を満たすために、色々とコンテンツやスケジュールを策定した結果、大学のサークル合宿ばりに予定がぎっしり詰まったスケジュールが出来上がりました。

では、上から見ていきましょう。

合宿1日目

10:00 集合

まさかの都内、葛飾区亀有が合宿会場です。

スタートアップの合宿といえば、鎌倉や箱根だったりの、和風な旅館や古民家をコワーキングスペース的な機能をもたせてリノベーションをしたような場所をイメージしたことでしょう。

最初はもちろん、そういった場所も視野に入れていたのですが、「イケイケすぎると慣れてなくて気が引ける」「遠いの面倒」などの反対意見が噴出したので亀有になりました。

大変失礼極まりなく恐縮なのですが、テラスハウスもといおしゃれな合宿ができる場所が亀有にあるのか一抹の不安を覚えながら、今回の合宿所に移動します。

そして、到着した会場がこちら。

白とナチュラルベースのリビングルームに、

橋本さんと新田さんがテンション上がるほど広々寝られるダブルベッドに、

インターン時代からの仲良し4人組がすっぽり収まるソファに、

なぜか、メンズナックルの表紙を飾れそうな写真が撮れる船のステアリングホイールがありました。ガイアが新田さんにもっと輝けと囁いてますね。

期待以上の会場を一通りいじり回した後に、まずは最初のコンテンツである、採用要件の共有が始まります。

10:30 採用要件の共有

採用要件とは、ざっくりいうと「採用時に持っておいてほしい人の素養」になります。そちらが完成したので社内向けにお披露目の時間を取りました。


リファラル採用を強化することが重要になってきた局面になりますので、メンバーへの協力をお願いして、次のコンテンツであるチームごとの料理づくりの準備を始めます。

11:00 チームごとの料理づくり

チームビルディングの代名詞である料理づくりですが、取締役(黒崎/植田/植木)がちょうど3人なので、3チームに分けて作ってもらいました。

積極的に協力して料理を作るメンバーと、

扇風機で自分だけ涼む取締役の植田さんと、仕事を始める新卒の松野さんの2グループに分かれました。

そんなこんなで、各チームから出来上がった料理がこちら。

・タコライス
・夏野菜カレー
・豚肉と大根の白味噌煮

と、想定の数倍高いクオリティの昼食になりました。
※見た目だけじゃなく、味もめちゃくちゃレベル高かったです

昼からお酒片手に、みんなで美味しくいただきました。

14:30 自分史作成

お腹を満たした後は、合宿のメインミッションである、相互理解に向けて自分史を作成し、プレゼンしてもらいました。

幼少期から現在に至るまで、どのような経緯で今の価値観が形成されたのかを言語化し、発表しました。

↑来年新卒入社、女性泣かせ本田さんの幼少期、最近はどうなんでしょうか...

↑新卒1年目の斜に構えている松野さんは、幼少期からずっと斜に構えているようです。

↑メンバーの自分史を真剣に聞きつつ、ガヤを飛ばすメンバー

普段の業務では聞けない、過去のプライベートの話なども聞けたので、その後の晩御飯では自分史で出た思い出を深ぼったりと、メンバー間での距離感が縮まった時間になりました。

22:30 夜レクタイム

そして、夜ご飯を食べた後は、ただただ全力で遊ぶ時間でした。

まずは、取締役3人が別室でお題に沿った絵を書き、それぞれのチームが誰の絵かを当てる「1番絵心のある取締役選手権」です。

チームメンバーは回答に苦戦していましたが、絵を描いた本人たちはまんざらでもない顔で、自慢の絵と写真を撮っていました。

↑黒崎さん(左)の絵が、なんとも言えない味があり人気でした

次に、性格診断テストをメンバーに答えてもらい、その結果を見て誰の結果かを当てる、「性格診断テスト逆算ゲーム」を行いました。

↑全員が「大野さん」と即答するほど、結果通りのわかりやすかった問題

↑最終問題で2名が残り、偶然にも前職で先輩後輩だった山本さん・青木さんの2択になりはしゃぐ二人

諸々のコンテンツも終了し、優勝したチームは植木/山本/大野/橋本チームでした!

↑植木画伯の絵を持って、優勝メンバーで写真撮影。山本さんだけ微妙な距離感が...。

夜レクも終了を迎え、各自就寝タイムになります。

2日目

8:00 起床

男性陣がゆっくり目の起床をする中、女性陣は8月から入社した元有名ブランドの美容部員でメイクアップスティリストの飯山さんによる、ヘアアレンジを受けられるという福利厚生イベントが発生しました。

↑ヘアアレンジする飯山さんとアレンジされる長谷川さん、お父さんのように見つめる代表の黒崎さん

女性陣はプロの指導を受けられてとてもテンションが上っていました。

10:30 100の質問・他己紹介

このコンテンツでは、よりプライベート寄りの話を1on1で行い、そこで聞いた内容の中で面白いものをピックアップして、相手の他己紹介を行いました。

↑質問はこんな感じ

↑本人のプライバシーに配慮して、名前は伏せておりますがこんな感じの他己紹介を行います

自分史のときよりもプライベートな話が多く、普段は仕事をバリバリやっているメンバーの意外な一面が見えて盛り上がりました。

13:00 部署別コンテンツ

2日目の午後からは、部署ごとに別れてのコンテンツになります。

セールスチームは戦略を考えるために、マッチングチームはクライアント・ユーザーを想像する力を鍛えるコンテンツに分かれて行いました。

マッチングチームでは、求職者様の年齢や希望年収などの基本情報が渡されて、その情報からその人の人となりを想像し、ペルソナを作り上げていくコンテンツが行われました。

そこでは、インターン生や新卒、中途など関係なく自分が思う仮説を発表し、付箋に書き出してディスカッションを行い、お互いの仮説に対して褒めあっている様子が印象的でした。

↑付箋を貼る模造紙代わりにされて、満面の笑みの新田さん

17:30 解散

コンテンツが山盛りだった2日間の合宿も、とうとう解散の時間になりました。

普段は仕事に全力のメンバーですが、遊びにもみんな全力だったため、最後にはみんな疲れた様子でした。

ただ、お互いのプライベートな部分を理解したり、価値観の源泉を理解するという合宿当初の目的は果たせた2日間だったかと思います。

今回の合宿で得たもの

合宿を終えて振り返ってみると、相互理解もそうですが、一緒の空間で遊んだりワイワイすることによる「お互いに一歩踏み込んだコミュニケーションが出来たこと」が大きな収穫だったかなと思います。

普段の業務ではあまり話さないメンバー同士では、こういった機会でコミュニケーションの機会があると、同じ組織に所属している意識がより強まって良かったです。

「物流」と聞くとお堅めな印象のある業界ではありますが、プレックスは若手メンバーが多く、日々和気あいあいと業務に取り組んでおります!

合宿の雰囲気を見て、興味を持った方はぜひ他の記事もご覧いただき、ご応募もお待ちしております!

株式会社プレックスでは一緒に働く仲間を募集しています
15 いいね!
15 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう