Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

アメリカで見てきたアートと、僕らのやりたいこと。

僕らのやりたいこと。

企業理念の「楽しんだって、いい」。

昨年、出張したアメリカ・ラスベガスで見た光景。

大きく「BET ON ART」とペイントされた建物。

ちょうど、日本の小学校くらいの建物。

その中にある数十ある小学校の教室の半分くらいの小部屋。

それが全てアトリエ。

しかも、全部屋、ドアはオープン。

中には絵が無造作に飾ってあり、アーティストが絵を描いている。

話しかけたら気さくに接客してくれる。


廊下はそれこそ作品だらけ。

でも、ここはギャラリーでも美術館でもない。

値札をつけて販売している。

それこそ、長期間売れていない作品は赤字でディスカウントされていたり。

決してオシャレとかではない普通の夫婦が、

生活感溢れる車で乗り付け、絵を買って帰る。

彼らにとって絵を買うことは、イケアやニトリでクッションを買うことくらいの感覚なんだろう。

あの光景が忘れられない。

アートが日常の中に当たり前に必要なものとして存在している。

20年前は、日本もアメリカも平均所得は400万くらい。

日本は今でも変わらずだが、アメリカは600万になった。

その違いが、デザインとかアートとか、

とにかく「楽しむこと」を大切にしてきたからじゃないかと思った。

僕らの企業理念「楽しんだって、いい」はいつの間にか楽しむことを忘れてきた、

楽しんだら怒られるような国になってしまった日本へのアンチテーゼだ。

「美しい国、日本」もいいけれど、

「楽しい国、日本」もいいよね。

そんな国に、アートを使って、変えていきたい。

日本でも、ラスベガスのこの施設のような「アートを日常に売る」空間を作りたい。

OVER ALLsは、そう考えています。

株式会社OVER ALLsでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう