1
/
5

インフラエンジニアから採用担当へ挑戦!半年間の奮闘を振り返る|#社員紹介

今回はエンジニアとして活躍しながらも、採用チームへジョインしてくれた戸ヶ里君に登場してもらいます。コーポレート部の林がインタビュアーとして記事を取りまとめさせてもらいました。

オプティマインドでの経歴

林:まず、オプティマインドに関わってからの経歴を話してもらえませんか。

戸ヶ里:大学院在籍中に起業をしていた時に同じシェアオフィスに入っていたオプティマインドの方々に色々とお世話になっていたことが最初ですね。退職してから、オプティマインドに参画して約1年半インフラエンジニアとして働いていました。主にインフラの設計構築運用と、開発スピードと稼働率のトレードオフの管理に力を入れていました。

林:ありがとうございます。ぶっちゃけエンジニアとしての仕事自体は楽しかったですか。

戸ヶ里:楽しかったです。自分にとって新しいことにチャレンジできたのはもちろんですが、世の中のクラウドインフラ化という潮流の中で試行錯誤しながらインフラ設計・構築に携われたのは良い経験でした。

採用チームにジョインした理由

林:そんな楽しいと思える環境があるなかでも、採用にジョインしようと思った理由は何ですか。

戸ヶ里:これから会社が拡大フェーズに入っていく中で採用が重要課題になると思い、その課題解決に貢献したいと思ったからです。もともとエンジニアなので、オプティマインドの技術を候補者へ伝える翻訳者になれるのではという点と勉強会やイベントへの参加など色々な人と交流することが好きだったので、向いていると思い決断しました。今思うと、考えが浅かったですね。(笑)

林:もうちょっと根っこの部分を深掘りしたいのですが、戸ヶ里君の中で採用が重要って思える原点ってあったりしましたか。

戸ヶ里:原点というのはなくて、会社の面白さや魅力を伝えて共感してくれる仲間と楽しく一緒に働けたら面白いだろうなくらいでした。ただ、実際採用活動に取り組んでみると、採用は会社にとって想像以上に重要であると痛感しました。スタートアップは経営資源と言われるヒト・モノ・カネ・情報が何もない状態から作っていく必要がありますが、ヒトしかヒト・モノ・カネ・情報を作ることはできないので、そのヒトに関わる採用は責任重大だと感じています。

林:もうちょっと深堀りしたいと思うのですが笑、オプティマインドで採用をやろうと思ったのはどんな理由がありましたか。

戸ヶ里:オプティマインドで働いている人たちのことが好きだからなんじゃないかと思ってます。あとは、会社として失敗を責められることがなく、挑戦を推奨していることも大きかったですね。全く未経験だったのでうまくいくかわからなかったですが、まずはやってみようと気持ちでした。

採用チームにジョインして感じたこと、嬉しい瞬間

林:そう思ってくれていてうれしいですね。実際採用にジョインしたときに最初に受けた印象ってどんな感じでしたか。

戸ヶ里:全社としては、採用にかける熱量が全社的に高くなく、面接のお手伝いという感じでした。そのため、全員採用と思ってもらえるような雰囲気作りからやろうって思いました。今だと、積極的に採用を手伝ってくださる方も増えているのですごく嬉しいです。

林:体感値ですけど、少しずつ前進してきてますよね。これも戸ヶ里君が頑張って、周りの人たちが応えてくれてるからですよね。この半年間で嬉しいと思ったことややっててよかったと思うことは何でしょうか。

戸ヶ里:まずは内定承諾してもらえた瞬間が一番ですね。オプティマインドの良さに共感してもらえて一緒に高め合っていける仲間が増えたことは嬉しいです。あとは社内の人で一緒に採用活動を頑張ってくれる方が増えたことも嬉しいです。

林:そうですよね。採用自体は手探りな部分も多いと思うので、結果出るとめちゃくちゃ嬉しいですよね。採用という職種をやっていてエンジニアと違う面白さはありますか。

戸ヶ里:エンジニアだと周辺領域の限られた人との接点を持つことが多かったですが、採用に異動してからは社内外の色々な人とコミュニケーションをとる機会が増えたので、大変でもあり、すごく面白いとも思っています。加えて役員や部長と話す機会も増えて全社的な視点と担当者としての視点を行き来するのはすごい面白いですね。

この半年の振り返りとこれからの抱負

林:いいですね。この半年で成長したなって思うことがあれば教えてください。

戸ヶ里:2つあります。不確実な中でも仮説を立ててチャレンジする力と関係する人たちと協力関係を築く力は身についてきたのではと思っています。

林:逆に大変だったことはありますか。

戸ヶ里:エンジニアと違い、採用では変数が多いので仮説を立てることが難しいですし、結果が出るまでに時間もかかるのですごく苦労しています。

林:採用って難しいですよね。ただ、戸ヶ里君が採用にジョインしてから採用活動は、前進していると思いますよ。最後にですが、この半年感採用を頑張ってきた振り返りと、これから頑張りたいことを話してください。

戸ヶ里:少しずつ採用に興味を持ってくれている人が増えてきておりすごくありがたいです。とはいえ、まだまだ志半ばでまだまだやることはたくさんありますし、どんどんブラッシュアップしていく必要があります。今後はオプティマインドで働いている人も含めてオプティマインドで働くことが面白いと思えるような会社になるように頑張っていきたいと思います。

林:ありがとうございました。一緒にオプティマインドを盛り上げていきましょう!

株式会社オプティマインドでは一緒に働く仲間を募集しています
転職意欲がなくてもOK
この話題について、
話しませんか?
1 いいね!
1 いいね!
今週のランキング
株式会社オプティマインドからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?