1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【大企業からALT、そしてITベンチャーへと多様なキャリアを持つエンジニアの転職】新入社員インタビュー

私たち株式会社オプティマインドは、”ラストワンマイル×AI”というキーワードで事業展開をしているTechスタートアップです。AIで配送ルートを最適化する「Loogia(ルージア)」の開発・運営をしています。

会社HPはこちら→ https://www.optimind.tech/


オプティマインドでは、様々な業界から集まったメンバーが活躍しており、この春も個性的なバックグラウンドを持っているメンバーが新しく加わりました。この機会に、もっとオプティマインドのメンバーについて知っていただきたいということで、2020年春に入社した社員を三回に渡りご紹介する企画をお送りしてきました。今回が最終回となります。


Drew Glavich (ドリュー グラビッチ)

アメリカ合衆国出身。航空工学専門で大学卒業後、2年ほど航空業界にて勤務。IT業界への夢と日本で働きたいという想いから ALT(Assistant Language Teacher) として来日後、再度航空業界のテストエンジニアとして転職。転職後もIT 業界に挑みたいという気持ちが強く、独学で勉強を続け、2020年3月オプティマインドに Web アプリエンジニアとして入社。



・オプティマインドへ入社するまでのキャリアについて教えてください。

ー生まれはアメリカです。アメリカの大学を卒業後、現地の航空企業に飛行試験や地上試験を行うテストエンジニアとして2年間在籍していました。 退職後に、IT業界及び日本という国に興味が湧き、日本への移住を決意したものの、いきなり IT エンジニアとして日本へ渡るのは難しいのではないかと考え、まずは日本語と母国語を活かすことのできるALT(Assistant Language Teacher)として来日いたしました。

そして、再度航空業界へ転職をしています。 こちらでは「リグ」テストエンジニアという肩書きでしたが、飛行試験でも地上試験でもない、その前に行われるシミュレーション装置を使用しながら、「飛行試験の安全性を担保するための試験」を行い、飛行性やソフトウェアのロジックが正しく実装されていることなどを確認していました。

その時もIT業界への想いを捨てきれず、一念発起しWeb技術を独学で学びました。仕事から帰った後はひたすらReact.js、Firebaseなどの勉強に時間を費やしました。その努力の末、オプティマインドに能力を買っていただき、この度Webアプリエンジニア職に就くことができました。


・なぜIT業界を熱望されたのでしょうか?

ー1社目の時に業務でMicrosoft Accessを使用しており、使いながら楽しさを感じたことがきっかけです。ただし、Accessだと柔軟性に欠けると考え、他の技術について調べ始めました。その時にSwiftやJavaよりもJavaScriptに興味が湧き、Webのフロントエンドが一番自分のやりたいこととマッチしていると考え、勉強を始めました。

来日後、航空業界のリグテストエンジニアとして転職をいたしました。担当業務は調整作業を主としていましたが、その中で一番達成感を感じたのはPythonで組んだデータ解析やログ習得プログラムだったのです。やはりIT企業への夢が捨てきれずWebエンジニアをやってみたいと強く思うようになりました。どのようなプログラミングをしたいのか?に関してはかなり迷いましたが、最終的にWebのフロントエンドに絞りました。



・オプティマインドに出会ったきっかけと印象を教えてください。

ープログラミングを独学で学んでおり、 React.js を使ったモダンな技術を使用し開発に従事したいと考えていた中で、オプティマインドはまさにその通りの企業でした。 また、前職は大企業だったので担当する業務の範囲が決まっており、個人の裁量は小さく、チームでの仕事というものもありませんでした。そのためタスクの共有や、チームでお互いに教え合うことなどはほとんどありませんでした。

オプティマインドでは自分の挑戦したいことやシステムエンジニアの仕事の流れを覚え、バグフィクスと新しいフィーチャーを開発できるので、とても楽しく、そしてかっこいい仕事だと思っています!


・オプティマインドでの担当業務とやりがいについて教えてください。

ープロダクト開発部に所属しており、Webアプリエンジニアという立場で、LoogiaのWebアプリ開発を担当としております。Webアプリチームには私以外に3名の仲間がおり、技術のことや製品のことで議論を交わすことも多く、とても刺激になっています。

オプティマインドでは技術を磨くことができます。 Loogia をもっと良いプロダクトにするために自分のアイデアを出し、それを反映させられることがとても魅力的 です。

自ら細かいところまでリサーチし、形にできるという点がとても面白く、自分の成し遂げた開発で製品が改良されていく過程を見られるのは大きなやりがいだと思っています。

エンジニアという仕事の魅力は新しいものを生み出すというところにあります。パソコン 1 台と自分の頭の構想だけで何か新しいものを作り上げることができてしまうなんて素晴らしいと思いませんか?この自分で何かを作り上げる、ということに私はとてもワクワクするのです。


・テストエンジニアから ALT、そしてWebエンジニアと多様なキャリアを持つ Drew さんですが、ご自身のキャリアを形成するにあたり大切にされていることはありますか?

ーまず第一に、「自分のやりたいことは何か?」と考えることを大切にしています。 そして、「自分の人生をどうしたいか?」、「自分にとっての挑戦とは何か?」を考え行動をしています。 最初の仕事は、大学の奨学金返済のために働いていましたが、返済後は自分のやりたいことを考え、憧れだった日本での生活に挑戦しようと思い、来日を決意しました。

日本での初めての仕事は ALT でしたが、業務をこなす中でエンジニアへの夢が捨てきれず、オプティマインドへ転職をし、夢だったWebエンジニアとして働くことができました。 このように、自分の思うままに、様々な職業に挑戦することで、人生が豊かになると考えています。


・最後に今後の目標について教えてください。
ーまだ入社したばかりですので、短期的な目標だとLoogia についての理解を深めることです。 Loogia はお客様がすぐに実務に取り入れることができる現代に適したプロダクトだと思います。 それと同時に、まだまだ改善もできる伸び代のあるものだと思っています。

1〜2年後に、自分のスキルや経験値が向上したら、自分のチームを持ち、リーダーとして引っ張っていけるような存在になりたいです。


Drewさんのキャリア形成におけるマインドにとても刺激を受けました!ありがとうございました!

株式会社オプティマインドでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう