Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

社員もインターン生も成長!専門知識を獲得できるONERの社内勉強会とは?

ONERでは、定期的に社内勉強会を開いています。ONER社員が実際に仕事で使っている知識やノウハウを社員・インターン生に伝授する場です。社内勉強会では、ビジネス経験を積んだ社員がそれぞれの専門分野をテーマに1時間半ほどプレゼンを行います。その間ディスカッションやワークショップ形式を用いるというようなアクティブラーニングも特徴です。勉強会のテーマは主にマーケティングでありながら、コンテンツは様々。経営、webマーケティング、事業を成功に導くための営業ノウハウなど…。

今回は、そんな社内勉強会について、その概要と目的、実際に参加したインターン生の声を紹介します。

① 代表に訊いた、社内勉強会とは?


1、なぜ勉強会を開くのか?

会社全体の成長スピード上げるというのが最終的な目標なのですが、その目標を達成するには、会社のメンバーのスキルアップ・ステップアップが不可欠。成長にはインプットとアウトプットの両方が欠かせませんが、うちの場合はインプットの機会が不足していると感じました。勉強会は会社メンバーのインプット面促進のためにはじめました。

2、社員とインターン生の区別なく、共に学ぶ

勉強会のコンテンツは講師に任せていますが、基本的に仕事に必要な知識を取り上げてもらうようにしています。そうなると、やはりマーケティングや経営がメインテーマになります。ほとんどのインターン生の場合、専攻分野ではないうえに経験も少ないので、社員ほど簡単に理解は進まないかもしれませんが、だからと言ってレベルをむやみに下げるようなことはせず、あくまで実践に活かせる程度のものをコンテンツとして扱っています。うちの会社では、基本的に社員とインターン生の区別はしないようにしていますが、社内勉強会についても同じです。

3、社内勉強会のゴール

ずばり「教える側と教わる側両方の成長」と「会社についての深い理解」です。

勉強会となると参加者の学習に着目しがちですが、ONER勉強会では講師側の学習も重視しています。教わる側のインプットだけでなく、教える側にも自分で勉強して得た知識、仕事で得た経験などを他者に分かりやすく説明することを通して、体系化・言語化してしっかり自分のものにしてほしいと思っています。また、これは副次的なことかもしれませんが、知識や経験を自分のものとしてプレゼンすることで、専門分野に関する自信や自負心が育まれるのではないかと思います。

「会社についての深い理解」とはどういうことかというと、誰が何の仕事をしているのかを知り、会社がどのように動いているのかを知るということです。人によってやっている仕事が異なっても、最終的にはすべての仕事が繋がって会社が回っています。だからこそ、他のメンバーがやっている仕事を知る必要があり、また仕事の繋がりを感じたうえで自分の担当業務の重要性を再確認してもらうのです。

講師を外部から呼ばずに、あえて社内の人間にしているのはこのような意味合いもあります。勉強会を開くことで、最終的にはメンバーひとりひとりが成長していってくれれば良いですね。

4.社内勉強会は、インターン生の将来の指標になる

勉強会はインプットの場であるとともに、インターン生にとっては自分の興味分野を探す絶好のチャンスでもあると思っています。自分のやりたいことがなかなか見つからずに悩んでいる大学生は多くいますよね。僕が思うに、それって自分の思いつく選択肢の範囲内だけで探してしまっているからだと思うんです。であれば、勉強会であらゆる領域に触れ、自分の選択肢を増やしていくべきではないかと。

さきほども言ったように、勉強会のコンテンツは基本的に仕事にすぐ活用できるようなものにしていますが、インターン生がもう少し増えてきたら、インターン生の興味のあるテーマの勉強会も開こうと思っています

② 勉強会のコンテンツ


それでは、実際に社内勉強会の様子を見ていきましょう。

紹介するのは、弊社の代表による勉強会「経営とは」です。

1. 経営とは?

まず、経営とは「自社の理念を実現するために利益を生み出し続けること」と定義したあと、「売上」「利益」のような用語の定義、計算式を学んでいきました。

2. 目標を実現するためのスキル
経営理念実現のための目標の立て方について学び、その目標の達成に必要な知識や考え方について理解を深めていきました。

3. ミニビジネスコンテスト

「自分の長所・特技を生かして10万円売上を出す」というお題に対して、1チーム2人で戦略を練るというワークショップを行いました。ここでは、売上をだす方法だけでなく、10万円という数字に、1,2で習得したスキルを用いて具体的にアプローチしていきました。

③ 社内勉強会に参加したインターン生の声

≪青山学院大学教育人間科学部2年生 佐久間香乃≫




Q1.参加した理由は?

単純に「マーケティングに興味があったから」というのが理由です。私は教育学部所属なので、大学でマーケティングを学べる機会はめったにありません。なので、インターン先で学べるのならチャンスだと思って参加しました。あとは、社会人になったときに役立つ知識を得るためというのも勉強会に参加した理由の一つです。

Q2.実際に参加してみた感想は?

経営とマーケティングについて学びました。とても為になりましたし、なによりも面白かったです!日頃から当たり前のように目にする広告や商品に使われている戦略を知ったときは感心してしまいました。例えば、人間には潜在意識(本人の自覚なく行動に大きく影響を与える意識)と顕在意識(本人に自覚のある意識)があり、CM制作の際には潜在意識にヒットするようなコンテンツが考えられていることです。収益に関する公式を知ったときは、「こんなにも便利なものが存在するのか!」と純粋に驚きました。このように、勉強会の醍醐味は勉強になるということに加え、新たな発見があることだと思います。

大学や本で学ぶのとは違って大切なことだけを短時間で吸収できるし、実際にその知識やノウハウを使って仕事をしている方から話をきけるのはありがたいです。大学の講義内容は、マーケティングの概要や実践に活かせる知識だけを得たい自分には専門的すぎるし難解になってしまう。本で学ぼうとすると、どこが大事なのかが分からず本当に学ぶべきところが分からない。でも、ONERの勉強会であれば信頼できる人から、その人の経験を交えて話してもらえるので初心者の私でもしっかり理解ができるのです。あとはアクティブラーニングを交えての勉強ができるのも楽しいです。実際にお題を与えられてペアを組んでマーケティング戦略を考えました。これも大学の講義や本ではできないことですね。

Q3.勉強会に参加した後で変わったこと・成長したことは?

 まず、経営やマーケティングの基礎知識が身につきましたね。たった1時間半勉強会に参加しただけで、自分の身の回りの広告や商品をマーケティング戦略的な視点である程度分析できるようになりました。見えるものが増えましたね。

 読みやすく、読者に響く文章を書けるようになりました。所属する部活の春新歓で、公式アカウント運営を担当していたのですが、新入生向けの部活動紹介の文面を考えることが多々ありました。その時に、「良い文章ですね!」とほめてもらえたのです。勉強会で得たコンテンツマーケティング(良い商品・記事をつくるためのマーケティング)が活きたのだと思います!これからも積極的に参加して、いろいろな知識や技を身につけたいです!!

≪早稲田大学商学部2年生 永井理莉≫



Q1.参加した理由は?

勉強会の内容が、自分の専攻分野だったので、大学の勉強からさらに深めるつもりで参加しました。大学講義だと、やはり教科書ベースになり、知識はつくけど具体的なイメージがわかず、手ごたえを感じることができないままでした。なので、実践経験を積んだ身近な人の話を聞ける勉強会に参加しました。

Q2.実際に参加してみた感想は?

勉強会では、例としてONERのビジネスがよく取り上げられるのですが、自分も携わる事業を例に学ぶことで、実感を伴って理解することができます。ただ知識として持っていたことに具体的なイメージがつきましたね。

大学や本で勉強するときの大きな違いは、やはりアクティブラーニングですね。普段は自分でアイディアを考えたり、他人と意見を交換したりということがなかなかなくて、知識を使ってものを考えることもないので引き出しも増えにくい…。アクティブラーニングの講義は、少なかったとしてもあるにはあるのですが、学生のみで行うディスカッションと経験値のある方がいる中でのディスカッションではやはり学ぶものの量も受ける刺激の量も違います。だから、こういう機会があるのはありがたいです。

表面的な学び方しかできていないとは感じていたものの、勉強会に参加してからはさらに自分が本質的に理解できていないことに気付かされました!

Q3.勉強会に参加した後で変わったこと・成長したことは?

 学んだこと・知識を実際にアイディアに落とし込むのが以前よりうまくなったかなと思います。以前までは、アイディアだしの際、何から考えれば良いかすら分からないで思考停止状態になってしまうことが普通だったのですが、今は考えるべき順序が早く浮かぶようになってきて、その分クリアな状態で案だしできるようになりました。これはマーケティングについて考えるときに限らず、日常生活でも役立っています!

 あとは、自分の所属する学生団体での活動にも変化がありました。企画系の学生団体なのですが、イベントの集客や内容について行き詰まってしまったとき、積極的に打開策を打ち出せるようになりました。これまでは、団体全体が困っているのを見ていることだけしかできず悔しい思いが募るばかりだったのに、少しでも団体のためになることができるようになったのはとてもうれしいです。

④ ONERではインターン生を募集しています!

ONERではただ会社のために仕事をするのではなく、学ぶことができます。インプットとアウトプットの充実で成長できるシステムが整っています。

そんなONERでは、ともに働き成長してくれるインターン生を募集しています。

「マーケティングに興味がある」「バイトでは身につかないことを学びたい」「自分のやりたいことを見つける取り組みの第一歩にしたい」と思っている方は、ぜひONERのインターンを考えてみてください。

ずばり、求めている人はこんな人です!

l 自分の手で価値を生み出したい人

l 自分の価値観を仕事に活かしたい人

l 学ぶ意欲の強い人

l マーケティングに興味のある人

l 挑戦心のある人

l 責任感をもって仕事に取り組める人

l ひとの役に立ちたい人

ONERではこんなことができる!

l マーケティングの実践を学ぶことができる

l 自分で考えながら働く姿勢が身につく

l 上司からの丁寧なFBをもらい成長できる

l 勉強会に参加し、知識の獲得ができる

l 知識獲得と実践のサイクルで確実に成長できる

l 打ち解けた雰囲気の中で社会経験ができる

「仕事をしながら成長したい!」と思っている方はぜひ一度オフィスにいらしてください。

株式会社ONERでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Anonymous
1c02cf64 7a0f 4852 9c9d c92f73ce6c36?1556085297
2 いいね!
Anonymous
Anonymous
1c02cf64 7a0f 4852 9c9d c92f73ce6c36?1556085297
2 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう

Page top icon