1
/
5

視察ツアー参加企業と宮古島の高校生、船長、市役所職員、etc…が出会ったら何が起きる!?宮古島ビジネスマッチング交流会をレポート

すでに宮古島からは帰ってきております。ちゃんと東京にいます。Angelaです。

先週は、歴史的寒波が来ている本州を抜け出して宮古島で過ごしておりました。

改めまして、今回宮古島に行った理由は「視察旅行」です。2019年開設予定の宮古島市下地庁舎の設備を活用としたサテライトオフィスへの誘致活動の一環です。宮古島市とリチャージさんが共同で企画運営されています。

今年は、東京、大阪、福岡の企業6社11名が参加していました。

参加企業

今日のブログでは、

  • 副市長表敬訪問
  • ビジネスマッチング交流会

についてレポートさせていただこうと思います!

長濱副市長表敬訪問🙋

今回は、副市長の長濱市長と視察ツアー参加企業全社にて、ご挨拶と意見交換をさせていただきました。


👆副市長がいらっしゃる前にそわそわしている橋本さん

視察ツアー参加企業の中には、すでに具体的にサテライトオフィスの設置について検討している企業もあり、ツアー期間中に地元の不動産会社との情報交換や物件探しを行なっていた会社も複数ありました。

しかし、現在の宮古島はやはり「居住地」が問題なのは、参加企業の中で共通認識でした。

外資系ホテルの進出予定なども多く建設ラッシュの中、建設に関わる人の居住地確保が優先されており、余っている居住地がないのが問題なことは前回のブログにも書いた通りです。

そこで、コンテナハウスなどを活用できないかなどの意見交換をし、進出検討企業が考える課題を共有させていただきました。

この日の様子は、地元ケーブルテレビや新聞社も取材に来ており、翌日朝のニュース、翌日長官2紙にも取り上げていただきました。




ビジネスマッチング交流会

この視察ツアーの中でも最大規模のイベント、ビジネスマッチング交流会。単に宮古島に来ただけだったら出会えない参加者の人たちと一緒に、ワールドカフェ形式で意見交換をするイベントです。


👆会社説明中の橋本さん

参加者

  • 参加企業6社11名
  • 宮古島市市役所 情報課の方々
  • 宮古高校、宮古総合実業高校の学生&先生
  • 東京から移住されて来た釣り船の船長さん(!)
  • すでにサテライトオフィスを設置しているKDDI Web Communications宮古島支社のみなさん

今回のテーマは。

「サテライトオフィスが宮古島にできることで何をすれば(宮古島が)面白くなるか」。

お、大きいぞ…。



技術、雇用、教育、いろいろな観点から出てくる意見

テーマを元に出て来た意見や聞いた声で印象的だったものは…

  • 宮古島にわざわざ来たのに、東京と変わらず仕事ができる環境…では逆に来た意味がないのではないか。求めている「癒し」の成分を満喫する方向に振り切ってみてもいいのでは?!
  • サテライト企業を出してくれている企業の地域の物産展を軸に、地元の人との交流が生まれる場を設けるのもよいのでは?
  • 現地の人は、サテライトオフィスがなんなのかさえもわかっていない人がいる。未だに紙媒体が一番の伝達手段である地域の中でどうやって共同していくか考えるのは難しい。
  • 宮古島のサテライトオフィスに来ているだけで、遊んでいると思われがちなので、なかなか社内でサテライトオフィス活用が進まない場面もある(すでに進出済みの企業)
  • サテライト企業を出してくれている企業によるITバイトという雇用機会の提供で、全国の平均時給の7割の沖縄…さらにその7割と言われている宮古島の給与底上げのためのプライスリーダーになってほしい。

視点がバラバラなみなさんの考えが化学反応を起こして面白かったです!


高校生はまた違った視点!

中でも高校生のご意見は、生々しく、切実なもので、とっても興味深かったです。

  • 宮古島に無いものは集まるところ。ラウンドワンがほしい。
  • 友人と進路の話をすると、案外福岡に行きたい人が多いことに気づく。沖縄本島だと近すぎてダサい、東京は怖い、だから福岡という心理らしい。
  • 東京の怖さを払拭するためにもサテライトオフィスを出してくれている企業と交流できる機会を持ちたい。アルバイトができるならしたい。

東京の企業が実際に授業をしてくれる機会自体はあるらしいのですが、いわゆるスーツで働く会社員を島では見ることができないので、あまり働くことに対しての想像ができないのだそう。

私が話した高校生は、将来は上京して大学に進学したいとのことだったので、とっても楽しみにしています^^

個人的に感じたのは、とにかく高校生が優秀でエネルギッシュでパワフル。

Ryukyufrogsという沖縄の取り組みで、自分が企画したアプリのビジネスアイデアを磨いて、シリコンバレーでの武者修行まで勝ち取った女子高生のプレゼンには圧倒されました…!MacBook Proを当たり前に使いこなしていてカッコいい…!



Ryukyufrogsは、半年間の高度なIT研修プログラムを勝ち抜いたメンバーが10日間シリコンバレーに派遣されるという、学生を「沖縄」という枠から解き放ち、「世界」というフィールドで戦える人材に育成するプログラム…のようです!


そんな皆さんと約3時間意見交換をさせていただき、とっても充実した時間でした。

今後は、会社として社員のためにも宮古島のためにもなるような人事施策に落とし込めるか!?他の視察企業のみなさんとも引き続き情報交換しながら、検討していきたいと思っています。

サテライトオフィスの工事着工はもう直ぐ、オープンは来年の1月のようです!

そこに向けて是非とも居住地問題なども少しでも改善されているといいなと思います。


17ENDの風景👆

宮古島の観光事情

ちなみに、宮古島の観光のピークのシーズンは7-8月。この時期になるとホテルや飛行機の価格も3倍近くにまで高騰するようです。

9月~10月初旬は台風がくる恐れがあるため、オススメとは言えず、逆にオフと思われている、1月のような時期は、避”寒”地として、実はすごく穴場なシーズンだと思いました。

この時期でも、ウェットスーツを着用したシュノーケリングやダイビングも十分体験できるそうですよ!気になる方は是非、視察に参加された他の会社さんのブログも参考にされることをオススメします。




それでは、まだまだ本州は寒いですが、頑張りましょう…!

株式会社ヌーラボでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング