1
/
5

2021年の振り返りと今年の目標


2021年ざっくり振り返り

・6坪→24坪へのオフィス移転(3人で限界→10人くらいは余裕!)
・GMVは順調に成長(昨年対比で3倍)
・先生の登録数も増加(昨年対比で同じく3倍)

2022年ざっくり方針

・マナリンクを大きくしていきます(最低GMV2倍〜目標3倍)
・採用していきます(3名→10名程度を2022年中に)
・組織づくり&オペレーション最適化に時間を使っていきます
・マナリンク以外の事業も始めていきます(New!)


2021年を振り返ると日々の目標数値に集中した結果、最低限の成長率は維持出来たかなと思う一方、個人としてはもっと仕事を渡して、チームとして勝てるような組織づくり・オペレーションの最適化をやるべきだったと反省しています。

ただ、これは最低限の数値はつくれたからこその話であって、足元の成長無くして、中長期的ビジョンには当然繋がらないです。

2022年も足元の結果は勿論こだわっていきながら、自分個人としては、もう少し先の未来を意識しながら、「今何をすべきか」を考えていきたいと思います。

ざっくり方針でも記載していますがGMVは3倍となり、ご利用いただいているご家庭や先生も3倍となりました。これはコロナ禍関係なく、オンライン家庭教師は確実に市場に受け入れられるという自信にも繋がりました。

一方で競合も増え、ますます他社と何が違うのか?を磨き込まないと生き残れないようになっていくと思います。特に家庭教師市場は昔ながらの大きなプレイヤーが多い領域でもあります。ゆえに改善されていない負が実はかなりあり、それを変えていくことが自分達のミッションでもあります。

1つ例を上げると、家庭教師市場は先生の給与が低いという点。
本当にびっくりするくらい時給が低い。これだと本業には出来ないなあと。
マナリンクでは多い先生だと月に30万円〜は収入として毎月お渡しできてきます。このくらいの収入を平均として渡せていければ、


優秀な先生が増える
→指導を受ける生徒さんへの価値提供も増加する
→オンライン家庭教師が普及する
→生徒さんが増える
→先生の本業になる
→塾/予備校に並ぶ選択肢の1つとなる

という良い循環が作れるはずです。これをマナリンクでやっていきたいと思います。

2022年は今年と何が違うのか?

日々頑張っていくということは変わらないのですが、
半年後・1年後・3年後を見据えた意思決定を行っていきたいと思います。

結果的に、2021年はプロダクトが受け入れられるのか?土台は壊れないのか?の最終確認に使った1年でした。

来年はマナリンクという土台があり、それをもっと良くしてくことは当たり前ながら、そこから更に成長を加速していくために、繰り返しですが組織づくり・採用・新たな事業の芽を作っていきます。(新しい事業といってもいきなり違うことはしません。あくまで教育、マナリンクでの新たな仕組みやマナリンクを延長としたものから始める予定です)

なので、方向性は変わらず新しいフェーズに向け、視座を上げていきながら頑張っていこうと思います。少しでも気になった方はお気軽にご連絡ください!


株式会社NoSchoolでは一緒に働く仲間を募集しています
転職意欲がなくてもOK
この話題について、
話しませんか?
今週のランキング
株式会社NoSchoolからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?