1
/
5

なにをやっているのか

【nonpi foodbox】オンライン飲み会専用フードボックス
【nonpi lunchi】1.7兆円の社食市場をリプレイス!
【フードデリバリー事業】 世界的に期待値が高く、需要が伸び続けるフードデリバリー市場において「法人特化」を武器に新しいコンセプトで挑戦 nonpi foodbox:https://nonpi-foodbox.com/ ▼参考記事 ①CNET 「オンライン飲みの方が盛り上がる世界を作りたい」--食×ソフトウェアの挑戦、nonpiインタビュー」 https://japan.cnet.com/article/35164090/ ②ITmedia 「4カ月で1000社導入、口コミで忘年会予約が殺到 オンライン飲み会フードボックスが人気のワケ」https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2012/15/news140.html ③nonpi コーポレートブログ 「手作りダンボールから生まれた新しいフードサービス 〜nonpi foodboxメンバー対談記〜」 https://www.nonpi.com/topics/2020/10/-nonpi-foodbox.html ------------------------------------------------- 【フードソリューション事業】 社食市場=国内1.7兆円という巨大市場にも関わらず、長らくイノベーションが起きていない市場に変革を! ランチケータリング:https://nonpi-lunch.com/ ▼参考記事 ①TechCrunch 「Google級の良質な社食を多くの企業へ、社食の遊休資産を使ったランチケータリングのノンピが2億円調達」 https://jp.techcrunch.com/2019/11/28/nonpi/ ②nonpi コーポレートブログ 「株式会社テラスカイ、ノンピのランチケータリングを通して「食べる楽しさ」を実感。〜社内コミュニケーションスペースで社員の満足度向上〜」 https://www.nonpi.com/topics/2021/03/post-51.html ③nonpi コーポレートブログ 「富士ゼロックスが「社内カフェ」オープン。コロナ禍でオフィスに新しいコミュニケーションの場を設けた理由」 https://www.nonpi.com/topics/2021/01/post-47.html

なぜやるのか

行動指針である百試千改を徹底的に実行することで生み出された"nonpi foodbox"今や主力事業に!
オン飲みだって「笑顔」になれる!
====================  食の可能性を「探求変革」することで    世界に ”笑顔” を増やしていく ==================== 人と人が繋がりを感じ合う時、元気や勇気が湧いてくる時、新たな発想のアイディアが閃く時、そこに「食」がある。 一緒に食を摂る、というしごくベーシックな行動が、世の中を一歩前に進め、人類を進化させてきた。 人類のDNAには、そのようなアルゴリズムが組み込まれているに違いない。 私たちnonpi は、「食」と「進化」が密接に関係していると感じている。 「食」の無限の可能性を信じ、テクノロジーの力を借りて探求し、変革をし続ける。 世界の隅々まで「美味しい」のその先を届けた時、世界中の人々はきっと、満面の笑みを浮かべている。 目指しているのは、そんな世界だ。 さぁ、共に ”笑顔” あふれる世界を創り出そう!

どうやっているのか

月に1度のOnline全社会議「あしたのごはん会議」
ごはん会議の二次会でメンバーの趣味暴露。「みんなの知らない○○の世界」
===================      〜3つの心がまえ〜        「Be the Dinner」        「with Joy」      「Believe No Limits」 ===================  " Be the Dinner ~食べる人の立場に立つ~ " 「食べる人の立場に立つ」という事は、「食べる人の為に」とは大きく意味合いが違う。 食べる人の感覚は常に変化していく。 基本を徹底し、変化に対応し、常にその期待の先の価値を提供し続けていく。  " with Joy ~楽しみ、そして世界を変えていく!~ " 未来は常にどの様にも変化し得る可能性で満ちている。 どの様な未来を想像するか?創造して行くか? ワクワクする様な楽しい未来にしたい。 今を生きる責任を持って、未来の人たちに感謝される仕事をしていこう。  " Believe No Limits ~無限の可能性を信じる~ " 食べる人に最高の笑顔になってもらうには、今未だ見ぬ価値の提案が必要になる。 当然ながら、困難が予想される。初めから妥協し諦めてしまえば、私たちの存在する意味は無い。 自分を信じ、仲間を信じ、無限の可能性を信じる先に道は拓けて行く。 困難を乗り越えるには自分自身を成長させなければならない。 そして高めあった一人一人の能力をチームファーストで取り組み、より大きな成長、成果を目指す。