Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【日本の雇用に革命を起こす!瀬戸の挑戦!】

みなさんこんにちは! 本日は弊社、株式会社No Limitの代表である

「瀬戸さん」にインタビューをしてきました!

瀬戸さんは大学在学中に起業し、国籍や文化の壁を超えて、全ての人々が輝ける

日本社会を本気でつくるための挑戦を現在続けています。

そんな瀬戸さんに、今回はNo Limit立ち上げのきっかけや、ご自身の人生や

経験について、あれこれ聞いていきたいと思います!!

どうぞご覧あれ!!

<プロフィール>
瀬戸敦史(せと あつし)
近畿大学法学部3年/株式会社No Limit代表取締役
1995年、大阪生まれ、近畿大学3回生。 2016年の大学2回生の20歳のときに株式会社NoLimitを起業し、 現在4期目。20歳当時、お付き合いしていたアメリカ人留学生の日本で働きたいという夢を個人的に就職支援をしたことがきっかけで、 弊社メインサービス"グローバルJOB"を立ち上げる。
高度外国人人材向けの総合採用プラットフォーム『グローバルJOB』を展開しており、 日本の4年制大学を卒業した優秀な留学生を企業に紹介するサービスを提供。 これからの令和時代は、多様な価値観を持つ国・地域・人々がお互いを認めつつ共存できる時代、 すなわち「多様性と共存共栄」の時代であるべきだと考え、関西発の外国人HRベンチャー企業として、日本全国に事業拡大を目指している。
2018年1月、EO(起業家機構)が主催する大学生起業家アワード『GSEA』で西日本No.1 賞を受賞。朝日放送『財界フォーラム2018年』や『キャスト』で注目ベンチャー起業として紹介される。
また、2018年には、大阪府主催の成長可能性のある有望ベンチャー企業を上場まで支援するアクセラレーションプログラム「Booming!4.0」の支援対象ベンチャー企業に採択され、事業を急拡大されています。



よろしくお願いします!! さっそくですがNo Limit

立ち上げのきっかけを教えてください!!

No Limitは、僕が大学2回生、20歳のときに創業しました。親族が事業を経営していて、その話を、幼少期の頃からよく聞いていたので、そのことが大人になった今でも、その話が忘れられず、自分も将来起業しようと考えていました。そして、大学2回生時に親族の会社の事業である不動産事業の経営悪化を食い止めるため、民泊の運営代行サービスで起業しました。
また、民泊運営代行を行う過程で必要だったチェックインチェックアウト業務の通訳などは、当時お付き合いしていたアメリカ人の彼女がとてもサポートしてくれました。

そこから今のサービスを始められたきっかけはなんですか?

民泊新法が新たに制定されたことで、民泊運営代行事業を停止しなければいけなくなりました。そして経営が立ち行かなくなって、給与が払えなくなりました。彼女は、弊社で就労ビザを取得していたため、給与が払えなくなった瞬間に、就労ビザの取得要件を満たせなくなります。その為、彼女が日本に在住するために必要なVISAを新たに取得するため、転職をするしかなくなり、彼女の転職支援をすることになりました。こうした経緯で、外国人の就職支援に携わり、外国人留学生の就職環境がとても厳しいという現実を知ったんです。どれぐらい難しいのかというと、日本で働きたい外国人留学生は 2 万 4 千人いて、実際に日本で就 職できるのはたった5割だけだったんです。

5割!?めっちゃ少ないですね、、、、、、

そうなんです。それでも愛する彼女をなんとか助けてあげたいという一心で、様々な業界の人事の方にアドバイスを求めにいったり、インターネットで調べたりしました。

そこで分かったのは、外国人に特化した就職サポートの仕組みが整っていないということでした。

僕はこの状況にすごく危機感を感じました。
この先、日本は今よりも人手不足によって苦しむと言われる中、
せっかく日本で働きたいと願う優秀な留学生が、今の日本では就職しやすい 環境が整っていないって本当にやばいなと、
今後も人口が減少し続ける日本が、働きたいと願う外国人に背中を向けたまま、
この先の数十年を見送る未来をたどれば、今よりも厳しい日本になる。
この現実を知ってから、この社会問題を解決しなくてはならないという使命感 が自分の中で湧いてきたんです。
日本の人手不足という社会問題の解決だけでなく、 すべての人が国境や文化を超えて、生き生きと働ける日本社会の実現を、 人生をかけてやり抜きたい。そう思ったんです。

そして、何よりも目の前で困っている大切な彼女を助けてあげることができない自分に歯がゆさを感じていました。本当に悔しいお話なのですが、当時の僕にはどうすることもできず、愛する彼女は結局母国へと帰る事になり、今は別れてしまいました。


人生をかけた新規事業

結局、力がなければ大切な人や、多くの困っている人たちは助けることができないという現実に、本気で悔しいと感じました。

だからこそ、絶対に早く成功して多くの人、大切な人を助けてあげられる自分になろうと誓いました。

その思いが株式会社No Limit立ち上げの原点だったんですね!それにしても、行動力がすごいです。。笑

瀬戸さんの行動力の秘密は何なんですか???

本気で自分がそれを実現したいそうなっていきたいと思っているからだと思います。やりたいと思っていても、なかなか行動に移せない人は、

まずは一度、本気で自分がそれを実現させたいと感じているのか、自分自身に問いただしてみるといいかも知れません。

なるほど!僕の周りにも将来、会社を自分で立ち上げたい!とか言ってる人はたくさんいるんですが、実際にそこから踏み出してる人とそうでない人がいます。 その違いってマインド面以外に何か考えられるんでしょうか?

それは、リソースの違いが大きいと思います!

例えば、アパレルショップを経営したいという夢があれば、それを実現できる情報をどれだけもっているか、そしてどれだけそれを行動に繋げていけるかが大切なんですよね。行動を起こすための情報がそろっていれば、あとはやるだけなので必然と行動できる自分になっていると思いますよ!

リソースが行動力の鍵

学生が在学中に起業したいなって思ってても、なかなか行動に移せないのはリソースがないからだと思うんです。そして、就活をするという選択肢が身近にありすぎなんですよね。なんか、みんなが向かう方向に流されてしまっているな〜とよく感じます。本気で起業したい!何かを成し遂げたい!と思うのであれば、情報を集めて行動するのみだと思います!

それを聞くと改めて、行動の重要性を感じますね。。

瀬戸さんの今後のビジョンって何なんですか??

国籍、人種を超えた異文化の相互理解の促進に力を入れると同時に、多様な人材が活躍できる日本社会の実現に貢献していきたいと思っています!

今後も人口が減少し続ける日本が外国人に背中を向けたまま、1億人という労働人口だけで戦っていくのか、それとも誰もが活躍できる社会をつくりだし、外国人と共に70億人という人数で日本の未来を切り開いていくのか、、?

僕は、後者を選択すべきだと考えています。だからこそ、30年後の日本を見据えて地球上の70億人を対象とする採用を行うための取り組みを弊社では現在行っています!

めちゃめちゃカッコイイです。。!笑


それでは最後に、学生起業家である瀬戸さんだからこそ皆さんに伝えられるメッセージをお願いします!!

よく周りの人達から、「何で在学中に起業する必要あるの??」とか、「大学もうやめたらいいんじゃない? お金がもったいないやん!」って言われるんですよね。笑

しかし、答えは逆なんですよ。

世の中には、学生と社会人の両方の気持ちがわかる人って、そう多くはいないと思います。僕に強みがあるとすれば、そのどちらもの思いや望み、辛さなどを理解しながらバランスを取れることだと思うんです。

そしてその結果、外国人留学生と日本企業のマッチング支援においても、

真のユーザーファーストを追求できると信じています。

また、学生のうちに起業したことで、「学生特有の感性」「リスクを恐れずに挑戦できるマインド」を活かせるのが大きな強みだと感じています!

この強みを活かすことで、社会人になってから起業するよりも、学生だからこそ価値を生み出せる部分が必ずあるんじゃないかと思っています。

学生のうちに起業を考えている人に限らず、今、何かを実現したいと考えている人がいるとすれば、まずは自らの可能性を信じて最初の一歩を踏み出してほしいと思います!

瀬戸さん、本日はありがとうございました!!

<インタビューを終えて>

こんにちは!今回記事を担当させていただきました、株式会社No Limitインターン生の谷と申します!私は、ここのインターンに来てから、初めて瀬戸さんと出会った時に言われた言葉を今でも覚えています。「ここの会社は裁量権100%やし、会社好きに使って!何かやらかしたら俺が謝りにいくし!」、って本当に名前の通りNo Limitな環境だと感じました。笑 甘いルックスからはなかなか想像できない熱い人物ですので、「瀬戸敦史」に興味を持ってくださった方は、ぜひNo Limitにおこしください!

また、他社の社員さんインタビュー記事も書かせていただいてますので、

いつでもご連絡をお待ちしております。

株式会社No Limitでは一緒に働く仲間を募集しています
13 いいね!
13 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる