1
/
5

「マニュアルは外注する」が、スタンダードになる社会を目指して

こんにちは。株式会社2.1 社長秘書の松田有世です。

当社は、マニュアルによるマネジメント支援を事業とする会社です。

従業員10名のまだまだ小さな会社ですが、当社の事業は、お客様の会社を根本から大きく変える力を秘めている。そう感じながら、毎日仕事に向かっています。

さて、マニュアルといえば、皆さんはどんなものを思い浮かべますか?

就業マニュアル、業務マニュアル……色々ありますよね。

電化製品などの取扱説明書もマニュアルの一部に入るのではないでしょうか。

当社はこれらのマニュアルをお客様に代わって作成するだけでなく、その後の運用、更新に至るまでサポートしています。

作成のみであれば、請け負う企業は他にもありますし、内製で済ませることもできるでしょう。

でも、マニュアルにおいて大切なのは、そのマニュアルを現場で使い、浸透させ、進化させていくこと。

マニュアルを絵に描いた餅にしてしまっている会社、意外と多いのではないでしょうか。

マニュアルを外注することのメリットは、この場では書ききれないほどたくさんあります。

そして当社には、これを生かすノウハウを持っています。

興味が湧いた方は、代表中山のブログ「社長の本音」(http://www.nitenichi.biz/blog/)もぜひお読みください。

マニュアルの奥深さに、「なるほど!」と、膝を打ちたくなるかもしれませんよ。

株式会社2.1では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング