1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

OpenADR2.0bと連動したバーチャルパワープラント(VPP)アグリゲータ向けのワンストップ・クラウド・サービスを開発

デマンドレスポンス(以下、DR)に関するソフトウェアを開発する企業である
株式会社Grid SolutionsがOpenADRと連動して分散エネルギーリソースを制御するクラウドサービスのBlueDevils-Business Logicを開発しました。

【BlueDevils-Business LogicのOpenADR接続イメージ】

BlueDevils-Business Logicの主な機能

■ イベント管理/分配
・電力事業者(VTN)から受信したDRイベントの内容に応じて需要家情報、ベースライン情報に基づき、DRイベントを作成し、アグリゲータから需要家(リソース)へ分配する機能です。
・VENからDRイベントを受領後、DRイベントに応答します。
1) 需要家(リソース)の制御実績(電力の使用状況)に基づいてベースラインを算出する。
2) リソースの制御実績と電力の制御コストを元に、指令値を分配する。
3) 分配結果からDRイベントへの参加可否を判断し、VENに応答を返す。

■ 実績(レポート)管理
・リソースからの実績情報を取得、管理する機能、及びVEN経由で電力事業者(VTN)へ送信する機能です。また、実績推移・分析を行い、DRイベントを自動分配するための情報として使用します。
・実績管理は主に「リソース実績登録」、「リソース実績集計」、「レポート送信」の3つの機能を有します:
1) 「リソース実績登録」では各リソースからの実績を受信し、データべースに登録する。
2) 「リソース実績集計」ではリソース実績の集計要求(スケジュールベース)を受信し、VENに実績を送信する。
3) 「レポート送信」では集計したリソースの実績をVENに送信する。

■ ベースライン計算
・ベースラインとは需要抑制が無い場合の需要電力量の推定値です。DRイベントにおける需要抑制量はこのベースラインと実際の電力需要量の差分として算出されます。
・各リソースから集計される実績に基づき、ビジネスロジックはベースラインを算出しており、平均化法(High 4 of 5:直近の5日間のうち、電力使用量の高かった4日分のデータ)を採用しています。

■ 需要家(リソース)管理
・各需要家の保有リソースの負荷情報、ベースライン、及びその他需要家に関する情報の管理を行う機能です。

お問い合わせ先
株式会社 Grid Solutions
代表取締役  高橋 洋平
〒 108-0014 東京都港区芝4丁目6-16-1004
Email: info@gridsolutions.co.jp
URL: www.gridsolutions.co.jp

株式会社Grid Solutions では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう