1
/
5

2020年の振り返りと2021年に向けて

こんにちは、代表の吉野です。遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。
2020年は誰もが予想しない、そして忘れられない一年になったのではないでしょうか。そんな激動だったNintの2020年を振り返り、2021年の決意をお伝えしたいと思います。

2020年は市場に貢献し、組織基盤を作った一年

‐コロナ禍だからこそ、自分たちの使命を感じた2020年
Nintのお客様のほとんどがECに関わる企業です。ご存じの通り、外出自粛や学校の休校・リモートワークの影響によって、ECビジネスのニーズは急拡大しました。お客様もこれまでにない変化に戸惑う中、そんなときこそ私たちができることが多分にあると感じたのも事実です。
Nintはデータ活用の強みを活かして、毎月ECのトレンドや市場動向をレポートとして発信していました。最初の緊急事態宣言直後は備蓄用品や防災用品のニーズが高まり、少し落ち着いてくると、ギターやアロマ用品・グリーンアイテムといった日常を良くするアイテムが伸びていくという変化がありました。購入者心理として、当初はまず「自分の身を守る」という想いが先行していましたが、人間やはりそれだけでは生きていけません。そんな中でも楽しみを見出したいという想いで嗜好品のニーズが高まったのだと思います。まさに、人間の心理をECマーケットから感じることができました。
こういった市場の変化はお客様にも驚きだったようで、「この商品がこんなに伸びているんだ!」という新しい気づきを得て、さらにNintの機能を使い倒してくださるようになったことは、とても嬉しく思っています。

‐市場の拡大と共にNintも大きく拡大

実は4月の緊急事態宣言以降に20名近いメンバーがNintにジョインしてくれました!4月以降はリモートワークが前提となったので、全員でオフィスに集まることが出来ず、他部署のメンバーとの関わりを持ちにくいといったもどかしさを感じる人も多かったと思います。そんな中でも、オンボーディングを強化し、先日はオンラインでの全社会をやることで、少しでも社内理解や交流の機会をつくってきました。全社会は一日使って、前半は会社や業務についてのメッセージ共有やワークショップを、後半は交流の時間として、チーム替えしながら自己紹介やクイズ大会などを実施しました。
そういった取り組みもあって、入社してくれたメンバーからは「思っていたよりもスムーズにスタートできている」といった声をもらっています。何よりも、こんな大変な中でも、私たちが最も大事にしているMission Vision Valueや、「One Team, One Nint」の考え方に共感してジョインしてくれていることが本当に嬉しいです!これからのNintを一緒に作っていってくれる頼もしいメンバーなので、これからがとても楽しみです。

‐次のNintを担うリーダーが多数誕生!
2020年は、新しいリーダーがたくさん誕生しました。メンバーからリーダーへ、リーダーからマネージャーへ、マネージャーから執行役員へ。今までよりも一段二段上の視点でNintの事業拡大にチャレンジしてくれています。
これは一人ひとりが自らのパフォーマンスだけではなく、自分のチーム、一緒に働くメンバー、そしてほかのチームやNint全体を意識して、Valueを体現しながら努力してくれた結果だと思っています。自分の周りの人をサポートすることがモチベーションになった人もいれば、挑む仕事の難易度がやりがいの人もいますが、それと併せて「チームを作る」ということに挑んでくれました。
新しいリーダーたちは、これからきっと「生みの苦しみ」にぶつかっていくと思います。難しい壁や試練もあるでしょうが、先述の通り組織が急拡大しているので、今こそ大きい挑戦をしてほしいと思っています。

‐プロダクト開発は新しいステージへ
これまでプロダクト開発に関しては上海の開発チームに依頼していましたが、2020年は日本でも開発体制を進める土台を作ることができました。日本の市場に合わせたプロダクトで、より多くのデータの価値を届けるために、チーム体制や仕組作りに試行錯誤し、既存プロダクトのアップデートや新しい価値提供にトライしているところです。

改めて、Nintの皆さんには、自分の可能性に挑戦してくれてありがとう、と言いたいです!

2021年はさらなる「One Team, One Nint」を加速

‐think outside the box, think outside the 'Nint'
2020年のコロナ禍で特に危機感を感じたこととして、自分の半径以内のヒト・モノ・コトとしか出会わない傾向が強まっているのではないかということがあります。ネット検索でアルゴリズムが自分好みの情報を選択してくれるように、生活の中で触れることの多くが自分の興味関心あること・仕事に必要なことなどで最適化されてしまうということです。これは悪いことだけではないのですが、Nintが大切にしている「可能性の探索」という点においては課題も感じます。
同じ人や情報と触れるだけでは気づかない事もありますし、偶然の気づきや発想は生まれにくいと思います。ですので、今年のテーマは「think outside the 'Nint'」。これは「think outside the box」という言葉から拝借して掲げました。これまでよりも意識して思考の行動範囲を広げ、自分の半径を広げ、可能性を探索し、Nintの半径を大きく広げていける1年にしたいと考えています。

‐日本を超えて「One Team, One Nint」を実現
今年は特に、上海チームとの連携を強めていきたいと考えています。日本でもプロダクト専任チームを作りましたが、実際に開発している上海チームと一緒にプロダクトをアップデートし、よりよいものを開発してお客様に提供していきたいと思っています。何より優秀なエンジニアが多数いますので、彼らの力をもっともっと活用して可能性を高めていきたいですし、そのほうがメンバー同士も切磋琢磨して楽しんでもらえるはずです。
上海には現在20名程度のエンジニアがいますが、今年は30名体制になる予定です。このチームも含めて「One Team, One Nint」を目指したいと思っています!

2021年のNintの躍進を楽しみにしていてください!

Nintでは、さらなる「One Team, One Nint」を更に加速させ、可能性を探索し、Nintの半径を一緒に大きく広げていってくださるメンバーを絶賛採用中です。
最終選考以外の面談は引き続き全てオンラインで実施していますので、是非お気軽にエントリーいただけると嬉しいです!2021年もどうぞよろしくお願いいたします!

株式会社Nintでは一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング