1
/
5

企業名想起率は「あなたと、コンビに、ファミリーマート」が2年連続首位評価が高まった企業メッセージの要素に、「食」「パーパス」「サステナブル」

株式会社日経BPコンサルティング
2021年9月29日

目的に合わせたメッセージがセット好感度の上位を占株式会社日経BPコンサルティング(東京都港区)は「企業メッセージ調査 2021」の結果をまとめ、9月29日に調査結果報告書を発行・発売した。国内241社の企業メッセージ360件を認知率、理解度、好感度のほか、17項目のイメージなど様々な角度から、一般生活者が評価した。調査結果のポイント「企業名想起率」では、耳に残るジングル付きのメッセージが、高い想起率を得やすい。
高く評価された企業メッセージとして、「食」「パーパス」「サステナブル」関連が多くみられた。それぞれについて以下で詳述していく。調査結果データ企業名想起率 トップ3は前回と同じ顔ぶれに。
「あなたと、コンビに、ファミリーマート」「ココロも満タンに コスモ石油」「お口の恋人」
「企業名想起率」(メッセージのみを提示してその企業名の記入を求めた時、正しく記入できた一般生活者の比率)のトップ3の結果は前回と同じとなった(表1)。首位はファミリーマートの「あなたと、コンビに、ファミリーマート」、2位はコスモエネルギーホールディングスの「ココロも満タンに コスモ石油」、3位はロッテの「お口の恋人」だった。なお、メッセージ中に企業名を推測できる言葉や企業名そのものが入っている場合、その部分を伏せ字にして提示した。企業名想起率の全体平均は5.0%。企業名想起率が50%を超えたのは360メッセージ中、わずか5件(上記トップ3のほか、「コーヒーギフトはAGF」(味の素AGF)、「新製品が安いケーズデンキ」(ケーズホールディングス))となった。「あなたと、コンビに、ファミリーマート」「ココロも満タンに コスモ石油」「コーヒーギフトはAGF」「新製品が安いケーズデンキ」の共通点は、ジングル(音声、曲)が付いていること。企業メッセージを浸透させるにあたり、ジングルをつけることで、記憶に残るようにすることが有効だと考えられる。

続きは、こちら
https://consult.nikkeibp.co.jp/info/news/2021/0929em/

株式会社日経BPコンサルティングでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう