1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「選ばれる自分」になるために。転ぶなら、前へ盛大に、誰よりも遠くへ

ネクストビート2021年新卒内定者紹介記事。2人目は2020年10月に前倒しで入社済みの、山田実可子をご紹介いたします。

【経歴】

兵庫県出身。明治大学商学部。大学ではマーケティングコースで学ぶ。アルバイトは居酒屋で行っており、1500人のアルバイトの中から、接客・オペレーション等の対応スキルを基準に30人を選出する大会で入賞経験あり。2020年10月19日に約6か月前倒しでネクストビートに入社。



どのような学生時代を過ごしてきましたか?

とにかく目の前の事に一所懸命に取り組みました。大学受験に失敗したことがきっかけで、「このままでは自分が望む大人にはなれないのではないか?」と考えるようになり、自分の出来ることは120%で頑張ろうと決めていました。その中でもアルバイトや留学、キャリア支援団体での活動などに特に力を入れていました。

どのように就職活動を進めていましたか?

大学卒業後に就職活動をしており、2020年の4月から行いました。就活の軸は①「成果が自分の目に見えて評価に繋がること」②「新しいことを良しとする風土」③「個人や社会の可能性を広げることができる事業」の3つでした。①②は過去の経験から自分の成果が出やすい要因を軸に当てはめ、③は将来自分が関わっていたいことに置きました。幅広い業界を見ている中で、8月の1dayイベントでネクストビートと出会い、9月の頭には内定をいただきました。その後10月に早期入社したいという意思をお伝えすると翌週にはその意思を受け取っていただき、入社が決定しました。


ネクストビートへの入社の決め手を教えてください!

まっすぐに成果を追いかけられる環境だと考えたからです。私は成果を追い求める上で、「その結果を出すことで起こる自分の内または外の変化を思い描けるか?」が重要だと考えています。ネクストビートではそれを満たしながら成果を追い求められると考え、入社を決めました。

入社後にチャレンジしたいことを教えてください!

とにかくまずは目先の成果を愚直に追い求め、達成できる人材になりたいです。その上で、「問題解決と問題提起の両方に軸足をもつ社会人になる」という目標に向けて、新規事業に関わる経験も積みたいと考えています。

最後にこの記事を読んでいる学生へ一言おねがいします!

就職活動中は「選ぶ」ことに意識が向きがちですが、就職活動を通じて「選ばれる自分になる」という考え方も重要だと私は考えています。それは、「面接で志望する会社に合わせた志望動機を述べる」といったような表面的なものではなく、「実際に就活を通じて行動を起こし、PDCAを回し、志望する会社が求める成長を魅せる」ことだと思います。就職活動が終了する最後の最後まで自分の行きたい会社に対して真摯に行動を起こしていくことも就職活動においては大事だと、私は思います。就活生のみなさん、頑張ってください!

株式会社ネクストビートでは一緒に働く仲間を募集しています
34 いいね!
34 いいね!
今週のランキング