1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

事業を牽引できるデザイナー、狙ってます!

みなさまこんにちは。ネクストビート採用広報の細川です。
本日は、20卒デザイナー職・内定者である百目鬼(どうめき)さんへのインタビューを紹介します!

百目鬼 多恵(どうめき・たえ)
宮城県出身。武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科専攻。高校時代はラジオ番組を制作し、「NHK杯全国高校放送コンテスト」の全国大会にも出場。大学では、広告・販促系のプランニング、エディトリアルデザイン、美術史などを学ぶ。学業の傍ら、フリーペーパー・リトルプレスの発行や、ビジネスコンテストへ4回出場(うち1回は優勝)。ギャラリーのインハウスデザイナーとして働きながら、子ども向けワークショップの企画・運営などに注力。現在は制作会社でアルバイトをしながら、出版にまつわるデザインなどを担当。デザイナー職として、2020年4月新卒入社予定。

発想力・表現力・ビジネス感覚を磨いた学生時代

Q.学生時代、力を入れていたことを教えてください。
A.目の前のチャンスを無駄にしないよう、果敢にチャレンジしました!

ひとつに絞るのは難しいですね。大学入学当初、周囲の学生の思考の深さや行動力に度肝を抜かれてしまって。追いつくために目の前のチャンスを無駄にしないように色んなことにチャレンジしました。
ひとつは学業。大学の講義は課外講座などの単位にならないものも含めて、学費を取り返すつもりで積極的に受講しました。3年次には、デザイン領域をより深く学べる学科へ転科もしました。学業と平衡して、学内で開催される芸術祭で子ども向けワークショップを1から企画・実行したり、アクセサリー店を出店し、総合的にディレクションしたりしました。また、創造的な思考力とビジネス感覚を養うべくビジネスコンテストに4回出場するなど、多様な取り組みに挑戦しました。
その中で、発想力、表現力、ビジネス感覚を磨いてきたこと、そして何よりも、チャレンジし続けてきたことが私の大きな強みになっていると思っています。

Q.就職活動の軸を教えてください。
A.①「戦略デザイン」を含め広義のデザインに取り組める環境、②社会課題を解決できる事業に携われることを軸に活動していました。

「デザイン」というと、色や形などのビジュアルばかりが注目されがちで、デザイナー=感覚の良い人というイメージが世間にはあるのではないかと思います。しかし、実際デザイナーはターゲットのインサイトや、企業のマーケティング戦略を俯瞰しながら手を動かさなければ、本質的価値をビジュアルに落とすことはできません。その過程の中で、ビジュアルだけでは解決できない課題を発見することもあります。本質的な課題を解決できるような、事業や商材の戦略そのものをデザインしたい!という想いがありました。ネクストビートのデザイナー職は事業の立ち上げフェーズからコミットできる上、希望すれば他職種を学ぶこともできるため、枠に囚われず働けると思いました。
社会課題を解決する事業に携わりたいと考えているのは、そのほうが自分事化しやすいと考えているからです。同じ美大の仲間には、入学時から自己表現できるもの(ゲームが好きでゲームをつくる・文字が好きでロゴをつくるなど)を持っている人が多く、私には、「自分にはコレだ」と誇れるものがなく、劣等感を感じていました。自分にもなにかできるのでは?と考え、“近所の素敵なのにあまり知られていないお店を広めたい”という想いからフリーペーパーをつくりました。その行動が店主さんにとても感謝されて…嬉しかったですね。そして、それがきっかけでお店を知った人にも喜んでいただき、輪が広がっていきました。また、アルバイト先のギャラリーでは作家さんの個展のDMを作成し、それを見た人が興味を持って来店してくれたり。自分がつくったもので、人と人とがつながる喜びを知りました。そんな経験から、困っている人の課題を解決することこそ、私の自己表現である。「誰かのためを突き詰めること」が自分のやりがいに繋がるということを改めて感じ、仕事を通して大きな社会課題にチャレンジしたいという気持ちが強くなりました。

「デザイナーから事業責任者を輩出したい」という考えに、燃えた。

Q. ネクストビートとの出会いは?入社すると決意した決め手は何ですか?
A.出会いは「ニクリーチ」というスカウトサービスです。
決め手は、デザイングループ・マネージャーの原さんの存在です。

ニクリーチがきっかけで、会社説明会に参加しました。会社説明会では、社会貢献をミッションに掲げながらも、「社会をより良くしたい」という理想や夢についての言葉が一切なかったことに驚きました。ですが、実際に展開している事業は社会課題の本質を見極めて、地に足がついた経営をしている。その結果として、社会貢献に繋がっている、というのが刺さりましたね。並行して社会貢献を掲げている他社もみていましたが、理想を語るばかりのところも多く、ネクストビートは現実味がありました。そして、私自身、女性であり地方出身なので、ネクストビートが展開する「ライフスタイル・地方創生」を軸とした事業は自分事化しやすいことも大きな魅力に感じ、当事者意識を持てる課題だからこそ、本気で取り組めると思いました。
また、会社説明会の後に、デザイングループのマネージャーである原さんと話をしたのも決め手となりました。原さんに「デザイナーでもビジネスに深く介入できるのか」という質問をしたときに、「デザイナーから事業責任者を輩出したい」という考えを伺って燃えました!また、webやUI/UXは未経験であるというお話もさせて頂いた時にも「育てていくから大丈夫!未経験でもチャレンジ精神がある人を採用したい。得意なことを活かしつつ、新しい技術を覚えていけばいい。」と仰ってくださり、ポテンシャルを評価してくださる方の存在や、学習意欲の高い人が集まる環境にも惹かれました。その後、すぐに代表面接へ進み、直後に内定。内定通知のスピード感にもおののきました(笑)。

デザイナーとしてビジネスの土台をつくる

Q.ネクストビートに入社後チャレンジしたいことを教えてください。

まずは、未経験であるweb、UI/UXの分野を早く極めたいと考えています。そして、ビジネスの土台となるところに携われるデザイナーになるべく、チャンスがあればどんどん手をあげていきたい。社会をより良くしたい!という想いを達成するために、自分の特性を活かせることができるポジションに就きたいと考えています。会社という枠組みをはずして掲げている目標は「地方に貢献できるデザイナーになりたい」というものです。出身である宮城は美大やデザインを学べる場所も少ないのが現状ですので、東北・宮城のデザインに携わりたいと思える人を育てたいとも思っています。

最後に、この記事を読んでいる、就活生へ一言お願いします!

私自身、口下手で緊張すると忘れてしまうタイプです。
デザイナーはポートフォリオを持参するのが当たり前になっていますが、デザイン系でない学生も、自身の活動内容や思考プロセスが伝わるようなプレゼン資料を用意するのもひとつかなと思っています。「口ではなく、モノや写真で語る」というのはいろんな職種にも活用できると思いますので、喋るのが苦手な人は、ビジュアルで伝えるというのをひとつの手段にするのもいいかもしれません。
あとは、面接の最後で逆質問をするのも効果的です(笑)!「私を採用するにあたって不安な要素ありますか」と聞いて、担当者に誤解されていることがあれば、その場で捕捉することができるのでオススメです!!

↑ 百目鬼さんのポートフォリオ。


▼21卒/サマーインターン募集しています!

総合職
21卒サマー:最前線で事業を推進する役員直下で、社会課題解決に挑む2日間
ネクストビートは「人口減少社会において必要とされるインターネット事業を創造し、 ニッポンを元気にする」という理念を掲げ、2013年に創業しました。 人口減少に伴い多方面に広がる社会課題に対し、私たちは「ITの力」を駆使し、ひとつひとつ解決を担うビジネスを展開すべく、現在は、ライフイベント・グローバル領域・地方創生の3本柱を軸に事業の拡充・拡張を行っております。 中長期的には、企業理念に基づき、「人口減少社会」に対してテクノロジーを通じた価値貢献を実現。人々のインフラとなり得るサービス群を複数構築することで、永続性の高い組織体への発展を目指します。 <事業紹介> 全8事業 ■保育士の転職:保育士バンク! ■保育士の就職:保育士就活バンク! ■子育て情報メディア:KIDSNAキズナ ■保育園の業務管理システム:KIDSNAキズナコネクト ■保育施設向けホームページ制作:KIDSNAキズナウェブパック ■保育士・幼稚園教諭100%のベビーシッターサービス:KIDSNAキズナシッター ■会費制結婚式専門会場検索:おもてなしブライダル ■ホテル・旅館への就職・転職:おもてなしHR
株式会社ネクストビート


興味をお持ちいただけた方は、Wantedlyで掲載中の募集職種から、ご連絡ください。Wantedly以外の経路より優先して選考のご案内を差し上げます。選考ではなく、まずは話を聞いてみたいという方も、現時点でご関心がある職種の募集ページからご連絡お願いいたします。


株式会社ネクストビートでは一緒に働く仲間を募集しています
61 いいね!
61 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう