This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

デザインで経営課題に挑む!農学部だった私が、新卒1期生としてデザイナーの道へ。

みなさまこんにちは!ネクストビート編集部です。
本日は、当社の「デザイナー職・新卒1期生」として、2019年4月に入社予定の川島 禎代さんへのインタビューを紹介します!

川島 禎代 (かわしま・さちよ)
石川県金沢市出身。神戸大学農学部生命機能科学科専攻 。昆虫分子機能科学研究室所属。装飾にとどまらない「課題解決としてのデザイン」に惹かれ、大学と並行して専門学校でwebデザインを学ぶ。ネクストビートの「デザインで経営課題を解決する」というスタンスに共感し、「デザイナー職・新卒1期生」として、2019年4月入社予定。

自身が生み出したデザインを通して、周囲に貢献できる喜びを知った

Q. 学生時代、力を入れていたことを教えてください。
A. 大学と並行して専門学校に通いデザインを学んでいました。所属するありとあらゆる団体でデザイン制作に力を注いでいました!

デザインに興味を持ったきっかけは、Takramというデザイン・イノベーション・ファームの話を聞いたことです。「企業や組織が、限界や領域を超えていく」ことを目指している団体です。
”q”というウェブ小説の制作秘話を聞いた時に、親指の関節の可動域を考慮した「縦スクロール」のページめくり機能や、画面遷移の動き・ちらつきを軽減した目が疲れにくい設計など、ユーザーのことを考え尽くされたUI/UX設計となっていることに感銘を受けました。UI/UXという人間中心設計としての概念を知り、装飾にとどまらない「課題解決としてのデザイン」の可能性に惹かれました。もっとデザインのことを知りたい!基礎から学びたい!と考え、大学と並行して専門学校に通い、webデザインを学びました。その学びを活かし、大学の部活動や学生団体、アルバイト先でグラフィック制作に注力していました。所属していた英語研究部では、部員150人に向けてのメンバー紹介動画、合宿やイベントで使用する企画動画の制作を担当。就活や進路選択をサポートするキャリア支援団体では、業界概要や選考対策のノウハウをオンラインコンテンツとしてまとめ、全国の学生に配信していました。また、アルバイト先の居酒屋では、イベントのチラシやメニューのデザインなども積極的に制作していました。はじめは自分が好きで取り組んでいたことでしたが、「ありがとう」という言葉をかけられることが本当に嬉しくて、自身の生み出したものが、周りの人の役に立っていることを体感しました。これらの経験を重ねる中で、デザイナーを志す意向度が固まりました。

新しいものが次々と生まれる環境での自己成長に、ワクワクがとまらない!

Q.就職活動の軸を教えてください
A.経営とデザインが直結していること、そして自己成長できる環境かどうかを重視していました。

デザインの力で事業拡大に貢献したいです。自分が手がけたデザインが、どのような効果を出せたか・出せなかったかを確認し、PDCAをまわしていくことで、本質的な価値提供につながると思っています。そのためにも、ブランディングやプロダクトUIに関して、経営陣・開発・マーケティングなど様々な職種の方と意見交換ができる環境を求めていました。
自己成長できる環境かどうかも大事です。まだまだデザインのこともビジネスのことも、社会に価値提供していくために学びたいことがたくさんあります。それを実現させるために、既に事業や組織が整って成熟している会社ではなく、これから益々新しいものが生まれていく、勢いのある環境で働いて学びを得たいと考えました。

Q.ネクストビートとの出会いは?
A.就活相談をしていたエージェントの方に紹介して頂き、ネクストビートの会社説明会に参加しました。

ネクストビートの会社説明会では、事業立案のワークショップをコンペ形式で行う内容で「チームでのデザイン」「ペルソナからのサービス設計」などを教えていただきました。事業が社会課題に直結している会社っていいなぁと、漠然とした魅力を感じていました。その後、役員の方とお話する機会もあり、「デザインを手段として、日本を元気にするという会社のミッションを実現していく」という趣旨のお話もお聞きし、デザイナーへの期待値の高さを感じました。
ネクストビートのフェーズも魅力でした。コーポレートブランドのリブランディングや新規事業立ち上げなど、あたらしいものが次々と生み出されていく勢いに魅力を感じ、「output first」を重視している社風だからこそ、スピードを落とすことなく学びが得られるのではないかとワクワクしました。また、さまざまなバックグラウンドをもった優秀な社員のもとで、webや紙などあらゆる媒体のデザインにも携わることができる点も成長機会が豊富だと思いました。

↑ 内定式での、デザイナー職内定者代表スピーチ


自分の専門と、掛け算できたら最高。

Q.ネクストビートに入社後チャレンジしたいことを教えてください。
A.部署・人、あらゆる領域を横断し知見を深め、サービスの更なる成長に寄与するデザインを提案したいです!

創業5年で10事業を展開している、勢いのあるネクストビートという環境で「領域を横断するデザイン」を手がけていきたいです。他部署と連携することはもちろんですが、様々なバックグラウンドを持つ社員の方からのインプットもデザインに活かし、サービスの価値を高めたい。自身が自然科学系を専攻していたことも、何か掛け算に繋がらないかと考えています。認知行動、心理、統計、マーケティングなど、デザインに生かせる要素を吸収し続け、ユーザーから理解と共感を得られるデザイナーを目指します。


最後に、この記事を読んでいる、就活生へ一言お願いします。


ネクストビートにはさまざまなバックグラウンドを持った魅力的な方がたくさんいらっしゃいます。検索して調べれば、得られる情報もたくさんあるかとは思いますが、まずは実際に働いている方と直接会って会話してみてほしいと思います。私も実際に社員の方とお話しをする中で、「ファーストキャリアで選ぶ会社はネクストビートしかない」と強く思うようになりました。もし最後の決断で迷った時には、興味をもった当時の直感に正直に選んでみてほしいです!お互いに頑張りましょう!


興味をお持ちいただけた方は、Wantedlyで掲載中の募集職種から、ご連絡ください。Wantedly以外の経路より優先して選考のご案内を差し上げます。選考ではなく、まずは話を聞いてみたいという方も、現時点でご関心がある職種の募集ページからご連絡お願いいたします。
株式会社ネクストビートでは一緒に働く仲間を募集しています
55 いいね!
55 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる