This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

新規事業立ち上げに向けて。成長環境を逃さない。

坂本 諒典(さかもと りょうすけ) 法政大学文学部史学科専攻。学業の傍ら、スポーツクラブでフィットネストレーナーとして勤務する。自宅で気軽に取り組めるトレーニングメニューについて相談をされる機会が多く、トレーニングマニュアルのアプリを開発・販売。自身で「ビジネスチャンスを見出し、商品をつくって売る」という一連のプロセスに想像以上のやりがいを感じ、新規事業立案の経験がつめる環境を重視し就職活動を開始。2019年卒としてネクストビートに入社することを決める。現在は内定者インターンとして、メディア事業部で営業として新規事業に携わっている。

Q. 就職活動の軸を教えてください。

A.「経営陣と近い距離で働けること」及び「B to Cのビジネスモデルを学べること」が条件でした。

ネクストビートは、起業経験者や新規事業立ち上げ経験が豊富な方など、多様なバックグラウンドを持った経営陣やメンバーがいます。いずれ自分で開発したサービスを世の中に広めたいと考えている自分にとって、0から1を立ち上げた知見がある方々の近くで働けるというポイントは重要でした。また、将来的にconsumer向けのウェブサービスを展開したいと思っているので「B to C」のマネタイズモデルを学べるかどうかも、はずせない条件でした。

他のスタートアップを凌駕する成長環境

Q. ネクストビートとの出会いは?入社すると決意した決め手は何ですか?

A. paizaというIT/WEBエンジニアに特化した総合求職・学習サイト学習サイトで等級試験を受け、ランクが上がった際にレコメンド企業として紹介をされたのがきっかけで知りました。

その後、ネクストビートのホームページを見て、会社のビジョンと成長力に惹かれ、応募しました。エンジニア職も迷ったのですが、創業5年目で9事業を展開するスピードの速さに魅力を感じ、ここでなら0→1の新規事業策定に関われると感じ、ビジネス職での応募に至りました。

実際に働き始めると、他のスタートアップと比較しても、1人1人の裁量が大きいなと感じます。インターンの自分も、執行役員から直接フィードバックがもらえています。創業5年目で9事業を展開し、新規立ち上げフェーズにある事業も多く、他を凌駕する成長環境だと感じています。

ネクストビートに入社すると最終的に決心したのは、そうした成長環境と、会社のビジョン「ITビジネスを通じてニッポンの社会課題に貢献」への共感が大きかったですね。ビジョン実現のために、解決すべき課題を発見し、そこにスピード感を持って対応していく会社の姿勢にも強く惹かれました。


今の会社フェーズでしか得られない学びもある

Q.ネクストビートのインターンをしようと思った理由は?どんなことにやりがいを感じますか?

A. 僕が、内定者インターンとして働くことを決めた理由は、ベンチャー企業はスピード感がかなり早いので、すぐにでも始めないと経験できないこと・吸収し損ねることが増えてしまうと思ったからです。

内定を頂いてから3日後には働き始めました。まだインターンとして勤務して1か月ですが、既に2つの新規事業に携われています。ワーキングマザー向けの人材紹介サービス「KIDSNA キズナキャリア」と、同じくワーキングマザー向けの求人広告サービス「KIDSNA キズナジョブ」の営業をしており、新規事業の舵取りの只中を経験させてもらっています。自身の提案で、求職者と企業がマッチして、雇用が生まれる瞬間を早く見たいという一心で日々取り組んでいます。

Q. ネクストビートでチャレンジしていきたいことを教えてください。

A. B to CのサービスのマネタイズモデルやSEO対策含め、新規事業企画・運営に必要なノウハウを包括的に学びたいと考えています。

もちろん学ぶだけではなく、学びを自分の中で咀嚼し、施策を提案・実行したいと考えています。

Q.この記事を読んでいる就活生や未来のインターンに一言お願いします。

A.何事も、「やらないよりは、やった方がいい」です。

僕は就活生の時、インターンやOB訪問も必要性を感じなかったので全くしていません。しかし、現在のようにインターンの業務を経験してから僕の考えは180度変わりました。就職活動前からインターンシップを経験していれば、「就職活動でこんな行動がとれたのに」と後悔することが多々あります。OB訪問に関しても同様で、一度社員の方と話すだけで面接での話せる内容や志望動機の質も上がります。他にもwebテストや面接対策など自分には必要ないと思う事もあるかもしれませんが、その経験は絶対どこかで活かされるので面倒くさがらず、やることに越したことはないと思います。


興味をお持ちいただけた方は、Wantedlyで掲載中の募集職種から、ご連絡ください。Wantedly以外の経路より優先して選考のご案内を差し上げます。選考ではなく、まずは話を聞いてみたいという方も、現時点でご関心がある職種の募集ページからご連絡お願いいたします。

株式会社ネクストビートでは一緒に働く仲間を募集しています
52 いいね!
52 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる