1
/
5

Wantedlyは、290万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

[飲み会レポート④]東京オフィスメンバーも参加!!

Photo by Adam Jaime on Unsplash

こんにちは。株式会社Nextatのヤマモトです。
コロナの第3波が到来している11月を皆さんどのようにお過ごしでしょうか。
飲み会などを控える我慢の日々が続いていますが、私ヤマモトもお酒を飲みに行きたい気持ちを抑える日々です。。。。。
コロナが落ち着いていた7月はじめ頃に行った飲み会をふと思い出したので、その様子をお届けします。

今回は東京メンバーも参加する初めての飲み会です。
東京メンバー(二人)にはオンラインでの顔合わせはしていましたが、直接お会いするのは初めてでどんな方々なのかなと思っていましたが、お二人ともフランクで優しい方です。

飲み会会場は四条にある隠れ炉端家がぶり HANAREさんです。

名前にもあるように隠れ家的な雰囲気のお洒落なお店で料理も最高でした。

いつも社長の開会宣言から始まるのですが、東京メンバーのTさんが会場までの道で迷ってしまい、到着まで待ち切れずみんなで飲み始めてしまいました。笑(隠れ家的な居酒屋の弊害がこんなところで出てしまうとは。。。)
そんな飲み会の様子を写真でお届け!!!
したかったのですが、完全に撮り忘れていました。(次回は忘れない。。。はず。。。。。。。)

仕事やプライベートの話で盛り上がり飲み会も終盤に差し掛かったあたりで、毎回恒例となりつつあるNextatすべらない話の時間がやってきました。

東京メンバー二人のすべらない話が個人的に楽しみでした。
京都3人のうち藤本さんが不参加のため今回は京都から二人、東京二人の計4人で行いました。

皆さん大学時代のエピソードで笑いをかっさらっていきました。
大学時代の失敗談や先輩のおかしな行動など様々な内容でした!

私ヤマモトはネタが尽きたので次回は不参加でお願いしたいです(切実)
そして2次会にお肉を食べにいく方など自由に分かれていき飲み会は終了しました。

皆さんも楽しかった飲み会を思い出しながら、自宅で晩酌を行うのも良いかもしれませんね。
また、オンライン飲み会などで遠方の友達と過ごすなんていうのも良いですね。
我が社もオンラインで飲み会を行うこともあり、どのような様子だったのか興味がある方は以下の記事をご覧ください。

まだまだコロナの影響で心置きなく飲み会を行えない状態ですが、今は我慢をして全社員が集まれる日を楽しみにしたいと思います。

Nextatで働きたいエンジニアの方を随時募集しています。
詳細は以下のリンクにてご確認ください。


バックエンドエンジニア
受託開発メインのITベンチャーでコアメンバーになってくれるエンジニア募集
私たちはクラウドを中心としてWeb・モバイル・デスクトップアプリケーションを活用した「総合システム開発」を行っています。 スマートフォンアプリケーション開発、ゲーム開発、業務システム開発など幅広く対応をしています。また開発範囲もサーバインフラ構築・バックエンド・フロントエンドを一括でお引き受けできる体制が整っています。 2018年11月には、これまでの開発実績を活かして自社では初めてとなる自社製品「@Queue(アットキュー)」「@Growth(アットグロース)」をリリースしました。 @Queueは、IT業務専門のオンラインアシスタントサービスで、現在、多数のお問い合わせ・受注をいただいています。 @Growthは、現場ごとの業務情報(データ)を簡単な入力でクラウド上に保存し、いつでもどこでもひと目で把握することのできるシステムです。 人件費の削減や業務の効率化、迅速な経営判断を支援します。 今後はこれまでの受託にとどまらず自社製品の開発にも力をいれていきます。 <開発実績> ■不動産関係業務支援システム 紙で管理していた情報をクラウドで管理することで、顧客へのアプローチがスムーズになりました。 また、賃貸情報を外部の連携先へ送ることで、有力なポータルサイトからの流入を促し、顧客獲得率UPにつながっています。 ■保育園・こども園簡易業務支援システム サーバー移転を行うことで費用削減と性能向上を実現しました。また部分的にCakePHPのライブラリを導入し、開発を加速させています。 ■ゲーム開発(バックエンド) プラットフォーム(ios,Android等)が違う中、共通の処理で、課金機能を開発しています。
株式会社Nextat
株式会社Nextatでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう