1
/
5

居場所づくりをしたい人が、居場所を求めている件

「若い子たちが明るく輝ける場所をつくりたいです」
「生きづらさを感じる子ども達が、伸び伸びと活動できる居場所づくりを支援したいです」
という理由で、学生寮スタッフに転職しようとする方は少なくありません。

この言葉が本当であるならば、その考えは本当に素晴らしいと思います。


しかし、話をよくよく聞いてみると、「是が非でも、一刻も早く行動したい!」というほどの強い動機が感じられないケースが少なくありません。

信念をもって居場所づくりの活動をしていきたいのであれば、プライベートの中で、関連する取り組みの情報を集めたり、具体的な方策を考えてみたり、場合によっては実際にテスト的に動いてみたりということが可能なはずです。

ところが、どうもそのような具体的なアクションもなく、言葉が上滑りしている印象で、フワッとした気持ちで応募しているというケースがあるのです。


居場所づくりとは何なのか

そもそも「居場所づくり」とは何なのでしょうか。

人によって捉え方は様々かもしれませんが、「その人個人に与えられた役割と、その人の能力が発揮できる場がマッチングする機会をつくること」と定義できそうです。


しかし、人材募集がメインとなるサイトでこういうことを言ってしまって申し訳無いのですが、若いうちから役割と能力が完全にマッチングすることは、残念ながらそう多くありません。

その原因は、職業のマッチングが適切に行われていないから……ではありません。


一番の問題は、その人自身の知っている世界が狭すぎることです。


世界が狭すぎるので、自分の能力や適性の見極めが十分できません。

やりたいことという思いも、狭い範囲の選択肢の中で形成されたものであって、あとで振り返ったときに真の意味でやりたいではなかったということも起こります。

周囲からの反応も、本人がその意味が十分理解し評価することができず、「誰も理解してくれていない」という思いを一方的に募らせがちです。

結果として、自分への能力評価と自分自身が考える適性の間で乖離が進み、不満を蓄積していくことになります。


確かに良い職場ばかりではありません。恵まれない家庭環境に育つこともあります。適正な評価を受けられないことも往々にして起こります。

しかし、子どものときからずっと居場所がない、常に息苦しさがある、誰も理解してくれない……というのは、本当に周りの問題なのだろうかとも感じてしまいます。

評価されなくても、自分なりにこういう行動をし、努力をしたという達成感は得られるのではないでしょうか。


実際に目にした事例

「人の居場所づくりを支援したい」と訴えて転職をしている方が、身近でもいました。


Aさんは、他者に貢献したいという思いを持っており、行動に移そうとしていました。

金銭の絡まない活動ではありましたが、Aさんの仕事ぶりが粗雑であったため、同僚から度々注意されることが起こりました。しかし言い方は柔らかで、その指摘内容も至極当然で、アドバイスレベルの穏当と言えるものです。

ある日、Aさんは急に現れなくなりました。

その後も先輩や同僚からの温かい助けの声を振り切り、Aさんは完全に自分の世界に閉じこもってしまったのです。


時が経ち、Aさんとも連絡が取れ、「人の居場所づくりを支援したい」と訴えて転職活動をしていることを知ります。自分は今後こうしていきたいと熱く語ってはいるのですが、これまでの経緯に関する周囲に対するお詫びや反省の言葉はありませんでした。


立場の違いを利用したマウンティング

学生寮スタッフとしてトラブルになったケースを見ていると、過去の職場で「やり遂げたこと」がほとんど見られない点で共通しているように感じます。

会社や顧客等から評価はされなくても、「自分としては、ここまではやりきったぞ!」と言える経験はあると思います。ところが、そうした「やり遂げたこと」の経験の乏しさが見られるのです。


立場・役割において絶対的な格差がある場合、評価してもらいやすいという期待が生じます。

例えば、大人と子ども、先生と生徒、講師と受講生、メンターとメンティ、学生寮スタッフと寮生、健常者と障害者……といった格差のあるケースです。

さらに都会と地方という格差も実際にあります。

地方の学生寮スタッフ職では、こうした格差の構造がある中で、都会で育った大人の自分が、地方の子ども達に対して絶対的に慕われる立場、いわばマウンティングできる立場をつくれるのではないかという期待が生じてしまうのです。

このような期待のある環境は、自分がこれまで評価してもらえていないと思う人間にとっては、自己承認欲求を満たすのに格好の場となりえます。

いわば、人の居場所づくりではなく、自分の居場所づくりです。


本人としてはマウンティングとまでは感じていないのかもしれません。

しかし、これまで職業人としてやり遂げたことの乏しい方が、立場上明らかに格差がある環境へと移ろうとしている様子を見ていると、何か別の個人的な欲求を持っているのではないかと感じざるを得ないのです。


コミュニティのプロは、仕事のプロ

NEWVERYでは、マンガ家向けシェアハウスの「トキワ荘プロジェクト」と、シェア型学生寮「チェルシーハウス」、クリエイティブな思考を伸ばす「Graphium House」といった直営の住まいを運営しています。

さらに地方において、自治体や学校法人が運営する学生寮運営のサポートを行っています。

▲チェルシーハウス国分寺でのワークショップの様子


寮コミュニティの運営担当者は、「寮母さん」「管理人さん」的なイメージで捉えられがちなところがありました。

しかし、警備・給食・施設管理などの業務のアウトソース化や自動化が進む中で、寮コミュニティ担当者のコア業務は大きく変化しました。

寮コミュニティの担当者は、居住者のコミュニティを束ね、集団の価値を増すことが求められており、会社組織のチームリーダー的ポジションが求められてきています。

組織のルールでガチガチに統制するのではなく、個人個人の自由裁量の中で学習を促し、トラブルを居住者同士で自主的に解決していくことが必要です。もちろん、完全に自由判断で済むわけではなく、時にはルールの制定趣旨を分かりやすく説明し、厳しくルールを守らせる必要が生じることもあります。

チームリーダーとして、様々なパラメータのバランスを取りながら、最適解を見出すのは職業人としてはある程度の経験が必要な業務です。その武器としてコミュニケーション能力が要求されます。

コミュニティ・マネジメント業務は、仕事の面でおいてもプロフェッショナルであることが求められるのです。


このように、高い能力を求められる職場であるにもかかわらず、自分の居場所づくりにしたいという欲求で職業選択をした場合、求められる役割と現実の自分の能力との間で、とても大きな落差を生じます。

本人が不幸になるのみならず、中学生、高校生などのこれからの子ども達を巻き込んだトラブルにつながりかねません。

私の知るところでは、こうした事例も実際に起きています。


NEWVERYの今後

NEWVERYでは、コミュニティ・マネジメントのプロフェッショナルを結集させてビジネスを拡大させています。

同時に、学生寮スタッフ職への安易な思いに基づく転職や、過剰な期待については警告し続けていきたいと考えています。

それでもなお、コミュニティ・マネジメントの仕事をチャレンジしていきたいという方を、我々の仲間として迎え入れていきたいと考えています。

▲2021年6月にオープンした多摩トキワソウ団地では、ビジネス手法を駆使して、マンガ家育成のチャレンジを行っています


コミュニティ・マネジャー募集

NEWVERYでは、住まいのコミュニティを担当するコミュニティ・マネジャーを募集しています。

組織急成長につき、初の本格採用を行いますので、ご興味のある方はぜひお声がけください(2021年10月16日現在)。

https://www.wantedly.com/projects/755471


学生インターン募集

学生インターンを募集しています(2021年10月16日 現在)。

貴重な機会になります。興味のある方は、ぜひお申し込みください。

https://www.wantedly.com/projects/744974

NPO法人NEWVERYでは一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング