1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

NPを「一言」で表すと?一人ひとりの社員から見た「NP」をご紹介!

どのような物事であれ、見る人が違えば抱く印象も違ってくるというもの。きっとそれはNPという会社についても、例外ではありません。

今回は「NPを一言で表すと」というテーマで、社歴・担当領域等がバラバラな複数のNP社員にインタビューをしました。

誰もが似たような言葉を選ぶのか、それとも人によって抱いている印象はバラバラなのか……

一つひとつご紹介をしていきます。

2018年中途入社・カスタマーサクセス担当

花束って、いろんな花があるじゃないですか。しかもそんな花たちがいろんな方向を向いている。これはなんかNPの社員みたいだと思っています。

NPの社員一人ひとり、みんなすごくいろいろ個性があるし、いろんな方向を向いている。でも花束って、根っこはつながっているんですよ。これはNPで言うと、ビジョンとかミッションとか、価値観みたいなものなのかなって。

みんないろいろな個性を持っていろいろな方向を向いているけど、大事な価値観だけは共通として持っていて、ちゃんと根っこでつながっているよね、だから花束みたいな会社だよねって思います。

2008年新卒入社・セールス担当

みんな自分たちの理想を諦めず、追い続け、考え続け、行動し続ける人たちが多いなって思っているからです。

「一般的には」「常識的には」といったことが通用しない。それどころかちょっと笑われそうなことも、諦めずに理想に邁進する、愚直に達成しようとする。そんな人たちが集まっている集合体がNPだなと思っています。

2009年中途入社・カスタマーサービス担当

僕は2009年、27歳でNPに入りました。そこから仕事も頑張り、結婚して子供もでき親になったり、人としても成長したり。ともに育った感覚があるので兄弟って書きました。年齢で言うと、僕がお兄ちゃんですね。NPはちょっと、手のかかる弟かもしれません。

2018年新卒入社・システム開発担当

NPでは自分のやりたいことを実現することができます。

研修期間を過ごす部署や本配属の部署は、私の意見と希望をきちんとをヒアリングして、ほぼ自分の希望通りに対応してもらえました。条件として、自分のやりたいこととNPの成果物とを紐付けする必要はあると思っていて、そうなるように意識はしています。

キャリアの出発点はITエンジニアですが、今はデザインとデジタルマーケティングチームで研修をしている期間です。NPで働き始めてまだ一年半ぐらいですが、色々な領域を体験できています。出したアウトプットによってNPに貢献できているという感覚もあり、楽しいと感じています。

2014年新卒入社・マーケティング担当

一般的な絵においては青であれ黄色であれ、その絵を一枚の作品として成立させるために色が塗られますが、モザイクアートは違う。一つひとつの構成要素が集団となって色を作りあげ、一枚の絵を描きます。

NPはまさにこれで、一人ひとりが個性を保ったまま全員で一枚の絵を描こうという想いを持っています。個人をカテゴリーでくくらないというか。本当の意味で個性を尊重できる会社だと思います。

2011年中途入社・システム開発担当

みんなで積み上げて作っていくんですけど、一つひとつのブロックは様々な形をしているし、置く場所も一方向じゃなくて360度好きなところに置いていい。一方で全体のバランスは考えなきゃいけなくて、そこがすごく大事でもある。そういうものを、誰かが強力に指示をするのではなく各々が勝手に力を合わせて作っているなってイメージがあって、「まるいジェンガ」って言葉を選びました。

2018年中途入社・法務担当

会社のいろんなところで、いろんな動きがポップコーンみたいに出てくる様子が、おもちゃ箱みたいだなと思っています。もちろん完全に好き勝手なわけじゃないですけど、「ただ、やらなきゃいけないことをやっている」って感覚はほとんどないんですよね。夢とかワクワクとかが詰まっていて、みんなすごく楽しそう。

まるで、おもちゃ達が協力して困難に立ち向かう映画みたいな世界観だなって思っています。

NP社員一人ひとりの、「一言」。それぞれがユニークでありながら、一方で選んだ言葉は違えど共通するものもあったのではないでしょうか。

一つでもピンとくる表現が見つかる、あるいはNPへのイメージを膨らませる助けとなれたら嬉しく思います。

総合企画職※中途採用
経験不問。部署に閉じず全社横断的に活躍する、総合企画職募集!
私たちはCreditTech×ティール型組織で「次のアタリマエをつくる」ことを目指し、「後払い決済」という新しい仕組みをつくり上げてきたリーディングカンパニーです。 ■Credit Techとは 年収、学歴、勤務先などの一面的な情報に縛られない新たな信用をテクノロジーを利用してつくることです。人の信用力を適切に評価することで、これまでなかった「信用できる状態」を創出していきます。 ■NP後払いとは 後払いとは、ECなどで商品を確認した後に請求書で支払うサービスです。 未払いリスクの高さから絶対に成立しないビジネスモデルと言われていましたが、「まず、すべての人を信用してみる」という考え方で歩み続けた結果、今では1秒に1人、年間約5,000万人カスタマーが利用する社会インフラとなりました。 ■事業の展開 ここで培った収益基盤、事業ノウハウ、データを生かし、B2B決済、スマホ決済、そして海外へと領域を拡大中です。 さらに、今後は決済以外の事業領域にも展開を進め、「Credit Tech」のパイオニアとして人々の関係性が信用で溢れ、性善説で回る世の中の実現に向けて多角的なチャレンジを続けていきます。 展開事業 ●BtoC通販向け決済『NP後払い』   http://www.netprotections.com/ ●BtoB向け決済『NP掛け払い』   https://np-kakebarai.com/ ●BtoC向けカードレス決済『atone(アトネ)』   https://atone.be/shop/ ●台湾BtoC向け後払い決済『AFTEE』   https://aftee.tw/
株式会社ネットプロテクションズ

※新型コロナウイルス感染症(COVID-19)における感染予防対策及び拡散防止のため、当面の間、実施する面談、面接等はすべてオンラインでの実施といたします。あらかじめご了承ください。

株式会社ネットプロテクションズでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう