1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

[内定者ブログ]チャレンジするということ

こんばんは!内定者の大海です!

最近、友達の誕生日に、ケーキを焼きました~~

カシスのフレーバーティーの上に食用花を浮かべて、
特別な日の大切な時間を過ごせました~~

甘いものと大好きな友達との時間は
何にも代えがたいですね…

今日は、私の就活中の
実体験のお話をさせて頂きます(^^)/

私は当初、裁量権の多い仕事に憧れがあり、
ベンチャー企業も視野に入れて
企業探しをしていたのですが、
ベンチャー企業系のイベントに行って、
自分のやりたいことを話すと必ず

「やったらええやん」

と言われてきました。

どんな言葉も、
その言葉を発した人の人間性や声色、
空気感などによって、
姿・形を変えると思っているのですが、
この言葉は、特に、使う人の人間性によって、
毒にも薬にもなる言葉だと感じていました。

何事も、一歩踏み出さなければ、
机上の空論となってしまいますし、
口では何とでも言えます。

逆に、一歩踏み出すだけで、
それは、机の上を飛び出して、
自分の体に染みる財産になります。

そのことは、頭では重々、承知しています。

しかし、私は、これまでの人生において、
一歩踏み出して失敗した経験も繰り返しています。

確かに、その失敗は、今の自分の糧になり、
今となっては全て、経験してきた意味を感じますが、
チャレンジするときには、足がすくみます。

特に、自分で主催したイベントの
集客が芳しくなかった経験をしたのですが、
チームではなく、1人で企てたので、
一人の無力さを痛感しました。

大切な時間を割いて、
イベントに協力してくれた友人に
合わせる顔がなかったですし、
潜在ターゲットにうまく訴求できないままに
当日を迎えたのが本当に心残りです、、

そんな経験をしているので、
中商で心地よくメンバーの一員として
迎え入れて頂けることが、とても楽しみです。

きっとチームならではの困難はありますが、
一人でチャレンジするよりも、
強い足取りで前に進めると思っています。

そんな意味でも、私は会社選びの際に、
人間関係は大切にすべきだと痛感します。
どんな自分を受け入れてほしいのか。
どんな人といる時が自分らしくいられるのか。
まずは自分を知るために、、
やっぱり自己分析は大切です!!

行き詰ったら、
いつでも就活てらすにいらしてくださいね(*´ω`*)

〇〇 大海のおすすめ音楽 〇〇

今日のおすすめ音楽は、私の超個人的趣味の

ドイツのテクノ音楽の始祖!!「クラフトワーク」!!!

ドイツを背景に生まれるカルチャーはほんとかっこいい…

シンセサイザーを使って、
テクノ音楽を作り出したグループだといわれており、
現在の電気グルーヴやperfume等に
影響を与えているバンドです。

テクノは様々な要素をそぎ落としているので、
無駄な音がなく、
集中したいときによく聞いているのですが、
クラフトワークに関しては、
好きすぎて聞いていると、恍惚な気持ちになり、
むしろ何も手に付かなくなります(笑)

クラフトワークは大好きすぎるので、
うるさくなりすぎる前に筆を置きますね(笑)

詳しく聞いてみたい方は、
直接、私に聞いてみてください(^^♪

たのしむメンバー募集中!

まだまだ
やりたいことがたくさんありまして。

それらを本気でたのしめるメンバーを
随時募集しています!!

・学生寮×シェアハウス

・フリーペーパー×住宅企業

・イベント立ち上げ×住宅企業

・学生1000人プロジェクト?!

とか、やりたいことはいろいろあるので
参加してみたい!と思う人は
まずは連絡ください♪

就活てらすメンバーグループ
参加したい人はこちらから↑

ほぼほぼ
まる投げ
インターン

長期インターン①
〔新規事業立ち上げ(フリーペーパー)〕

長期インターン②
〔新規事業立ち上げ(就活支援)〕

絶対、面白いからぜひ。

「就活てらす」

個別で話を聞いてほしいという方は

こちらの相談予約フォームから

エントリーをお願いします!

みんなも一緒にいて良い!という方は

LINEから友達登録しておいてください♪


開室情報は

LINEFacebookから発信しますので、

フリーで開いてる日は

自由に訪れてくれて大丈夫です!

大学生も高校生も大歓迎です♪

みなさんと逢えることを

タノシミにしています!!

株式会社中商では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう