1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

22卒の皆さんに贈る言葉〜ITスタートアップより

こんにちは。N2i の広報担当です。当初、2020年中の予定で始まった N2i でのリモートワークですが、昨今の状況を鑑み、2021年に入っても続いています。

以前こちらで、リモートレクリエーションから始まる N2i の1日をご紹介させていただいたのですが、

3月1日の就活解禁を受けた翌日のレクリエーションのお題が「就活のエピソード」でした。

今だから話せる失敗談的な生々しい内容が盛りだくさんで、これから就活戦線をくぐり抜ける皆さんの何かしらお力になるのではと、N2i メンバーの「今だから話せる就活エピソード」を赤裸々にお届けします。

また、就活を頑張る皆さんに向けたエールもお送りしますので、よかったら覗いていってくださいね。

N2i メンバーの、今だから話せる就活エピソード

それでは、N2i のメンバーは、どんなユニークな?恐ろしい?恥ずかしい?勇ましい?エピソードを持っているのか、どうぞご覧ください。

・エントリーシートを何も考えず「だ、である調」で書いた。

・サッカーゲームで「俺に勝ったら内定出してやるよ」と新卒入社先の社長に言われた。

・私の時代の就活は12月解禁。翌年10月まで髪が赤色で全く就活をやらなかった。友人が受けた業界を「じゃあ私も」と何となく受けた。ちゃんと就活すればよかった。

・第一志望の会社面接の前日に飲みすぎて、当日面接に向かうも気持ち悪すぎて駅のトイレで面接時間を終えた。

・グループディスカッションがあることを知らず、面接の直前に急いで調べて付け焼き刃で臨んだ。

・5次面接で「あなたなら、どんな場所にどんな家を建てますか」と聞かれ「磁石の上に立てて、土台ごと宙に浮かす」と答えたところ、連絡が来なくなった。

・会社説明会に行ったら、帰り道に某保険会社の営業マンに話しかけられた。名刺100枚を交換するまで帰れないと聞き、社会の厳しさを目の当たりにした。

・未経験で制作会社に入りたくて、業界雑誌に掲載されていた制作会社リストを「あ」から全部テレアポした。結果2社は会ってくれたけど、落ちた。良き経験。その時からアポの確率2%というのが自分の定説。

私たちの失敗や後悔や経験が皆さんの糧になりますように…!

#22卒 就職活動を頑張る皆さんへのエール

さてここからは、皆さんへのエールをお送りします。社会人数年目の若手から、20年選手までが色々な角度からメッセージを寄せてくれました。

・いろんな会社を見たり調べるより、自分をもっとよく知ったほうがいいよ。

・下手なウケは狙うな、ウケるなら最高にウケるように。

嘘はすぐばれる

・素の自分で、自然体で活動するのが一番大切だと思います!

就職は相性なんで、縁ある会社に決まる。まんまの自分を出してみて、落ちるならその会社は合わない。

・やりたい仕事なんてやってみんとわからん(注:わからないの名古屋弁)のだから、とりあえずやってみなはれ。

・面接官をよく観察すること。その会社の全てがわかる。お互いが面接官である。

・1社に落ちても凹む必要なし。世の中には、今の自分が知ってる会社の100倍以上会社があるから、さっさと次に行け。

・組み込みとSIerとWeb、どれも「IT企業」ではあるけど、やることは全く違うので、きちんと調べてからエントリーしよう!

・就活で人生全部きまるわけじゃないんで、気楽にね★ あと就活始まる前にバイトとかで資金は獲得しとこう。意外とお金かかる。

・誠実に、懸命に、面接官も緊張しているのであまり心配せずに。 ;-)

・金髪も個性。

・夏まで就職すると暑くてちょっと地獄みます!頑張ってください。

・Zoomは強烈に印象に残る背景を作れ!探せ!デジタル正装。強烈さが大事だ!

N2i も新卒採用しています

かく言う N2i も、22卒から新卒採用を始めました。

ITスタートアップが気になる方は、このあたりの記事もどうぞ。


皆さんそれぞれによいご縁がありますように!

株式会社N2iでは一緒に働く仲間を募集しています
8 いいね!
8 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう