Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「スピンアウトベンチャーで強い組織を作る」- VPoE・佐藤大資

佐藤 大資(さとう だいすけ):VPoE
小学校からプログラミングを始め、大学を経てSIer企業に就職。数社渡り歩いたのち、良いプロダクトを生み出すためにマネジメント領域に興味を持ち、VPoEとして2018年9月に株式会社MyReferにジョイン。

ファミコンのソフトを作りたい!小学校からプログラミングを始める


── ブログラミングを始めるようになったきっかけを教えてください。

始めるようになったのは、当時流行していた『ファミコン』のソフトを作りたいというところからでした。小学校の頃からプログラミングは始めていて、図書室にあったプログラミングの本を片手に、BASIC言語でコードを書いていました。

中学に上がると、当時発行されていた地域振興券を使ってビジュアルC++を買い、海外のMSDN資料を読みながらRPGゲームを作っていたのを覚えています。
周りに誰もプログラミングしている友人もいなかったし、資料も少なかったので独学で画像処理とかアルゴリズムなど、コンピューターの仕組みを覚えていきました。

その後、大学に進学したもののそこでより新しい知識を得るためには現場に入るしかないと思い
大学を辞めてSIerに入社しました。下水道整備費用がどれくらいかかるかなどの積算システムの開発を任されていました。しかし、リーマンショックの影響を受けて転職を余儀なくされてしまいました。
そこから、ソーシャルゲーム受託会社・サイバーエジェント・SmartHRなど、大手からスタートアップと渡り歩きました。

直近では採用活動を主にやっていました。
エンジニア以外にも、CS・マーケティング領域の面接もさせてもらったり、積極的に業務の改善提案を出したりして組織強化のために東奔西走してました。
その中でうまくいったこともあれば、もちろんうまくいかなかったこともあって。
だんだんと価値観が合わなくなってきたのかもと考えるようになり、新しい環境を探そうかなと転職活動を開始しました。


転職活動を通じて、改めて自分を見つめ直した


── 転職活動はどのようにされたのですか?

キャリアエージェントに頼みました。どんな業種があるかどうか見たいし、知らない会社もたくさんあるんで。書類とか含めるとトータルで15社くらいでした。
それと、前職に株式会社LiBz PARTNERSに在籍していて、現在 Tanpan & Co. という会社を経営している佐地さんを頼ったんですよね。前職の時にも紹介して頂いた候補者は優秀な方が多かったんですよ。
佐地さんに相談すると、「ええよ。」って感じで色々紹介してもらいました。
それで、選考を進めていく中で、今まで色々な会社を転々としているし、改めて自分がやりたいことってなんだろうって見つめ直してみたんです。
そうしたら、

・スタートアップ企業
・HR業界
・マネジメントができる

の3つの軸が見えてきてました。


── なぜこの3つになったのでしょう?

以前に居た会社がSmartHRでHR系でスタートアップだったのと、自分でもHR系の作りたいサービスがあった事。あと、長い間エンジニアという職に就き、上手なマネジメントや経営が出来る事で良いプロダクトを生み出せる事を経験していたので、それを実践していきたいと思ったんです。

僕が考える最終的なマネジメントは、それぞれがセルフマネジメントを出来るようになり、自律自走できる人と組織を作ることです。
エンジニアは歳を重ねると、技術とマネジメントのどちらを取るか判断しなければならないと言われますが、それだったら僕は、マネジメントを行なっていきたいなと思いました。
人の接し方とか制度、働き方とかもマネジメント1つで変わってくるし社内の雰囲気も変わってくる、そういうのが面白いなって。

スタートアップかつSaaSって、ある一定のエコシステムがあると僕は思っています。
システムといいますか・・、色々な会社を巡るうちに似たような制度設計が必要だなって気づきました。
そこがジョプホッパーの良かったなって思うところなんですけど(笑)

なので、この3つが実現できるような会社を探して、最終的に3社にまで絞りました。


振り返ってみるとMyReferだった


── 3社まで絞り、どのようにしてMyReferを決めたのですか?

実は、第一希望はReproだったんですよ。途中まで本当に(笑)
Reproで期待されていた仕事はMyReferとは少し違ったんですけど、それも自分のキャリアを積む上でマッチしているし、いいなと思ってました。

なんですが、冷静になってもう一度自分のやりたい事と照らし合わせた時に、MyReferの方が自分が働いてフィットしそうな感じもするし、面談で直接お会いした代表の鈴木さんとも価値観がマッチしたと感じたし、自分がやりたい制度設計とかエンジニアの環境を整えたりだとかできそうだなと思って。

前職でそういうのをやろうとしたけど失敗してるので、もう1度トライしたいという想いがあったのも後押しの1つになったと思います。
「みんなが入りたいって思えるような会社を作っていく」というのがMyReferだったら実現できると思いました。

それともう1つの大きな要因は、スピンアウトしてるという点でした。
元々パーソルキャリア(旧インテリジェンス)の社内ベンチャーでやっていて、そこからスピンアウトしてやっていくということは、そこの企業の血が流れているんですよね。
そして、今まで整っていたものが無くなり、また整えてジャンプアップしていくっていうのが、一生に一回できるかの貴重な経験なんじゃないかと思いました。
お声がけいただいたこのタイミングも良かったのかもしれないです。


MyReferで強い組織を作る


── 最後に、今後どのようなことをやってやっていきたいですか?


会社でやりたいことは制度設計ももちろんですが、エンジニアの勉強会とかも積極的に開いていきたいです。それ以外では採用もだし、ブランディングもそうだし、新しい技術導入とかもお手伝いできればと思っています。
VPoEとしてMyReferで強い組織を作って行きたいです。

株式会社MyReferでは一緒に働く仲間を募集しています
8 いいね!
8 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう