This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

誠実な記事を執筆したい一心で上京した私がマイベストに入社した理由

こんにちは!株式会社マイベストのインターン生、香田です。

今回は、今年5月に入社したライターの松田さんにインタビューを行いました。趣味はインスタグラムでトレンドや話題のものをチェックすること、というまさに今どき女子の松田さんは現在コスメやスキンケアの記事を中心に担当しています。

転職先を絶対に妥協しないという覚悟で、今年の4月に上京した彼女が「なぜマイベストに入社しようと思ったのか?」や「入社してみて感じたギャップ」など、さまざまなお話を伺いました。

入社の決め手は自分のポリシーと合致したこと

ーーマイベストに入社するまでは、どのようなお仕事をされていたのですか?

高校卒業後すぐに働きだし、マイベストに入社するまでに3社経験しています。1社目はJAでお札を数える日々を送り、2社目でアパレル関係に転職しました。幼いころからパソコンが好きで、Web系の学校に通った経験もあり、3社目で就活領域のWebメディアの会社に入社し、ライターや編集、外部ライターのディレクションをしていました。

ーーマイベストとの出会いについて教えてください

自分を追い込むために24年間慣れ親しんだ地元宮崎をほぼ着の身着のままで離れ上京しました。絶対に妥協したくなかったため、東京に来てから仕事を見つけることにし、納得いく転職をするためエージェントを利用。そこでマイベストを紹介してもらいました。

マイベストの企業理念を見た瞬間に、他の企業さんが頭に入ってこないほど、「絶対ここに入りたい!」と思ったのを今でも覚えてます…(笑)ほぼ、一目ぼれでした。

ーー入社の決め手となったものは何だったのでしょうか?

決め手は2つあります。1つは自分のポリシーにマッチしていたことです。私には、「質にこだわった記事を執筆して伝えたい」という絶対に譲れないポリシーがありました。それとマイベストの企業理念である、ユーザーのために誠実なコンテンツを作るという部分が合致していました。

もう1つは、代表の吉川さんがギラギラしてなくて親しみやすそうに感じたことですね。二次面接で代表の吉川さんとお会いしましたが、正直最初は編集長だと思っていました(笑)それくらいナチュラルに話せる方だったので、自分の意見も言いやすく、しっかり聞いてくれそうだと感じました。そして、会社のビジョンを説明する吉川さんの目が本気だったので、この人についていこうって思いました。


身振り手振りを交えながらお話してくださる松田さん。

ーー入社前にイメージしていたこととギャップはありますか?

1つは記事の執筆レギュレーションがしっかりしていることです。これは良い意味で、入社前の想像を裏切られました。ベンチャー企業の場合、執筆レギュレーションがしっかり定まっていないことも多いと思うのですが、マイベストは全然そんなことはなくて。執筆レギュレーションに関しては、PDFで約40ページもあるんです!

レギュレーションがしっかり決まっているため、マイベストにはユーザーのためになる統一されたクオリティの記事が揃っているのだと思います。

2つめはメンバーに海外籍の方が多く、インターナショナルな雰囲気だったことです。これだけ多くの海外籍の編集者がいるとは思っていなくて入社したときは少しびっくりしました。業務で海外メンバーと接する機会は少ないのですが、DEL(できるだけEnglish lunch)やシャッフルランチなど社内制度を通して交流していけたらと思います。


カメラを向けたら笑顔で応えてくれました!

やりがいはユーザーに誠実な記事を届けられること

ーー現在はどのようなお仕事を担当されているのですか?

新しく始まった比較記事を担当しています。比較記事というのは、売れ筋商品を会社で実際に購入して専門家を交えたり自分たちで比較検証したりして、どれが最も優れた商品なのか、ランキングをつける記事です。

それぞれ担当カテゴリがあるのですが、私の担当はコスメやスキンケアで、先日は洗顔ネットを比較検証しました。今はファンデーションの比較記事を執筆しています。次の記事も考え中です!

ーー大変に感じることは何ですか?

比較記事の下準備から検証、執筆まですべて大変です!(笑)最近始まったばかりの企画なので、チーム全員が手探り状態で奮闘している状態です。ユーザーのためになる検証軸の選定から商品の選定・発注、取材・検証準備、撮影、記事執筆まで、今はすべて一人でやらないといけないので、たまに抜けや漏れがあって慌ててしまうこともあります。

これから徐々に体制や記事の作り方が整っていくと思いますが、気は抜けません。

ーーやりがいに感じていることについて教えてください

自分が実際に手に取って感じたことや、専門家と一緒に検証した結果などの事実に基づいて記事が書けることがやりがいです。私たちの書いた信頼できる記事が、誰かのためになっていることが何より誇らしく思います。

会社としてはPVやUUも指標の一つとして追っていますが、私は偽りのない記事をもっとたくさんの人に読んでもらいたい気持ちが強いので、自分の書いた記事のPV数はあまり気にしていません(笑)


「ユーザーには、誠意をもって記事を届けたい」その気持ち1つで書いているので、マイベストが作るコンテンツには嘘がないと自信をもって言えます。


仕事にかける熱量は人一倍です!

ユーザーの背中を押せるライターを目指して

ーーこれから、どんなライターになりたいと考えていますか?

私が書く記事で、誰かの背中を押せるライター・エディターになりたいですね。背中を押すっていうと、大げさですが…(笑) 

でもいつかは、私の書いた記事を読んだ人が、何か決断を下せるようになったり、新しいことに挑戦できるようになったりするといいなと思います。例えば今携わっている比較記事であれば、ユーザーが自分に合った最適なモノを選べる「選び方・ランキング」が提示できるライターになりたいです。

ーー他に目標はありますか?

常に成長して仕事に対して誠実でありたいと思います。現在私はコスメ・スキンケア担当ですが、特別知識があるわけではありません。やっぱり知識がないまま記事を書いてもユーザーに伝えることができないと思います。

そこで最近、基礎知識を付けるために化粧品検定の勉強を始めました。3級は取得したので上の級を目指していきたいと思います。担当が変わった際にもこの姿勢を失うことなく、その分野で必要なものは積極的に学ぼうと考えています。

ーーどんな人と一緒に働きたいですか?

どんな時でも前向きな人、ですね!一つ一つの仕事に対して、どんなにつらく忙しくても丁寧にこなす、そんな人と一緒に仕事がしたいです。

特に私が携わっている比較記事は新しい企画ゆえに戸惑うことも多いかもしれません。それでも、ユーザーのために一つ一つの仕事を、いかに前向きにかつ丁寧にできるかが大事だと思っているので、ポジティブな人と働きたいし、そういう人が向いていると思います。


記事チームのMTGの様子。海外チームに次ぐ大所帯です! 松田さん=中央奥

まとめ

誠実な記事を執筆したい。その一心で慣れ親しんだ地元を離れて上京された松田さん。マイベストに入社され、新企画である比較記事の作成に苦戦しながらも挑戦を続けています。ユーザーに誠意をもって記事を届けるために、必要な知識を積極的に得ようとするその姿は、華奢な見た目からは想像もつかないパワーを内に秘めているように感じました。

株式会社マイベストでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Picture?height=40&width=40
3b47870b 4557 4561 a359 89b02cd7cde6?1533636516
B9ba4f95 4179 4272 9b7f 5f279e5c2d98?1502328402
13887124 499891413553618 5922315344991421514 n
575af1f9 73ac 4ef1 9ec7 34b2aab4cf94?1556185066
25 いいね!
Anonymous
Picture?height=40&width=40
3b47870b 4557 4561 a359 89b02cd7cde6?1533636516
B9ba4f95 4179 4272 9b7f 5f279e5c2d98?1502328402
13887124 499891413553618 5922315344991421514 n
575af1f9 73ac 4ef1 9ec7 34b2aab4cf94?1556185066
25 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon