1
/
5

新入社員が大学講義を担当!

~新入社員研修の一コマをご紹介します!~


皆さん、こんにちは!
4月も気付けば終盤にさしかかってきましたね。
GWも始まり、就活を小休憩して春を満喫されている方もいらっしゃるでしょうか?

今日は4月に入社した新卒社員たちの様子をお届けします!
新入社員11名は座学やマナー研修などを終えて、今はお客様を想定したロールプレイングに日々取り組み、お客様の前に出られる準備を着々と進めています!

そんな中、メンバーのうち3名が大学で90分間講義をすることになりました!!

なぜか?

実は、当社代表の中川は明海大学の非常勤講師も務めており、前期には「ブライダル・フューネラルビジネス論」を開講しており、その一コマを新入社員が担当するということになったのでした。

テーマは、「お葬式って素晴らしい!」
学生さんに伝える内容、やり方などもすべて新入社員が主体で考えます。
私たちが大切にしている「なぜ、なんで、何のために?」をベースに話し合いを重ね、先輩たちからの厳しくも温かいフィードバック&アドバイスを元に進めていき、、、

いざ当日。

実際のご葬儀の事例を写真や動画を用いて紹介したり、〇×クイズや「ドラえもん」の葬儀をプロデュースしてみよう!というワークをしてみたり、と学生さんたちが飽きない工夫も交えながら、お葬式の「本質」を伝えて学生さんたちのお葬式のマイナスイメージをプラスが変わるような90分間を過ごしてもらったそうです。

そこで学生さんからいただいたアンケートも一部ご紹介しますと、、、

**********************
「お葬式に対するイメージががらっと変わりました!お葬式のお仕事も興味があるので、少しずつ業界のことについて調べてみようと思います」

「お葬式=亡くなった人を送るというだけのイメージでしたが、今後生きていく人たちの為に行われる式でもあると印象が変わりました」

「お葬式は最期を彩る素晴らしいものだと思いました。講義を通じて、よりフューネラルビジネスに興味を持ちました」
**********************

とてもうれしい言葉をたくさんいただきました。
プレゼンをした新卒社員3名にとっても、この準備から当日までで、「観客を想定して話すこと」「やるべきことを楽しむ・面白がること」等、今後の仕事に通じる学びを得られる貴重な機会となったようです。
日々の研修もある中、本当にお疲れさまでした!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 

アーバンフューネスでは5月にも説明会を追加開催します。
私たちと一緒に「これから生きていく人たちのためのお葬式」を作っていきませんか?

むすびす株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング