Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

好奇心を持って没頭した結果、お客さまに貢献できる場所 ~社員インタビュー ロボティクスエンジニア編~

MUJINの社員に話を聞こうシリーズ、第3弾!

今回は、MUJINのコア技術であるロボット制御を担う、ロボティクスエンジニアのShintaroさんをインタビューしてみたいと思います。

ーー 「ロボティクスエンジニア」はどんなお仕事ですか?

MUJINは産業用ロボットを動かすソフトウェアを作っているのですが、その根幹となるロボットの動きをプランニングし、ロボット制御を設計する部分を担っています。


ーー 印象に残っているプロジェクトは?

自分が心に残っているプロジェクトの1つは、PALTAC様の物流センター内における、段ボール積み下ろし作業の自動化です。

ロボットの分野は特に、ソフトウェアだけで完結する世界とは異なりハードの部分も絡むので、理論上うまくいっても実際にはうまくいかないことばかりです。現場では数ミリのズレで段ボールの認識に失敗したり、お互いかみ合ってしまったり。現場で何千回ものテストを繰り返し、初めて分かったこともたくさんあります。

さらに、実用化レベルとして許容されるには、99.9%の成功率では足りず、もっと正確な数値を実現させなければなりません...。

結果、ほぼ1か月ほど現場に張り付いての作業となりましたが、無事稼働したときの充実感はとても大きく、また最終的に大きなロボット4台が自分のコードで動いている姿を見ることができ、感動しました。


ーー なかなかの根気が必要のように感じますが、成功の秘訣はなんでしょうか?

「実際にこれを世に出してやるんだ!」という情熱、ですね。

それさえあれば、あとは一つ一つ問題を潰していくだけ。

MUJINのコア技術である「モーションプランニング」も、理論上は前から存在していましたが、誰も実用化できていませんでした。創業者でありCTOであるロセンが、情熱を持って、必ずできると信じて取り組み続けた結果、実用化に成功したのです。


ーー Shintaroさんはどんな学生生活を送っていたのですか?

もともと飛行機や自動車などの動くものが好きで、機械工学を専攻しました。またソフトウェアも好きで。オープンソースの開発にも熱中し、その延長に今の仕事もあるな、と思います。

自分が頑張って作ったものに対して、ポジティブなコメントがもらえ、作ったものが役立ったと感じるときがとても嬉しくて。今もオープンソース開発やりたいくらいですが、まぁ会社で似たように役立ったと実感する場面が多くあるからいいか、とも思います。

大学院では、機械もソフトも好きだったので、周りが機械のロジックに集中している中、自分はコーディングにも興味があるので、どちらも力を入れていました。


ーー 卒業しての進路は?

就職活動では、自分の興味のあるプロジェクトをやっていたある大手企業の研究所、1社のみ選考を受けました。そこの選考に落ちたらドクターに進もうと思っていました。幸いにもそこから内定をいただき、就職しました。

長期的なスパンで仕事ができ、費用もあり、研究に従事したかった自分にとっては、とても幸せな環境でした。


ーー MUJINとの出会いはなんだったのでしょう?

知り合いがMUJINで働いていたので、ある日ふらっとオフィスに遊びに行ってみました。仕事にも満足していましたし、転職しようという気持ちは全くありませんでした。

ただオフィス足を踏み入れてみると、「みんなそれぞれが仕事に没頭し、生き生きしている。この雰囲気は一体...?」と、急に興味が出てきてしまいました。

CTOのRosenや他のエンジニアと話しても、「ロボットで少子高齢化を解決したい」など、本気で問題と向き合っているのを感じました。そしてそこに現実的なビジョンもある。

結局興味がどんどん膨らんでしまい、面接を受けることにしました。丸二日間じっくり、実際にコーディングもしながら、どう考えたのか、なぜこうしたかを追及され、すべて丸裸にされた感覚でした。そしてすごく面白い場所だな、自分をここで試してみたいな、と思うようになっていきました。


ーー MUJINってどんな会社?

MUJINは変化が好きな人間、変わったものが好きな人間の集まりだと思います。みんな大企業から飛び出して、このユニークな企業に集まってきているので、基本「変人」です。もちろん良い意味で笑。

新しいことにチャレンジしているので、状況もころころ変わります。大企業だと何週間もかけて決めることが、CTOと5分会話して決まったりするスピード感です。その変化を面白い、と楽しめる人がMUJINに向いていると思います。

もちろん大変なこともたくさんありますが、終わって振り返ると、なんだかんだ楽しかったなぁと思う自分がいます。

この会社は自分にとって、好奇心を持って、物事をとことん追求できる場所。そして、それがお客様につながる、自分にとっては最高の場所だと思っています。没頭して取り組んだ結果、ユーザーに喜んでいただけるこのポジションは、本当に恵まれているなぁ、と。

Shintaroさん、ありがとうございました!

株式会社MUJINでは一緒に働く仲間を募集しています

今週のランキング

ランキングをみる